「【必読・保存版】ADHDの子ども,子育てに悩んだらまず読む記事~幼児から小学生対象~」の文字

ADHD

【必読・保存版】ADHDの子どもの子育てに悩んだらまず読む記事|幼児から小学生対象。

うちの子はADHDです。

  • 最近、子育ての悩みがふえてきた…。
  • 子育ての悩みを誰にも相談できない…。
  • まわりの人が楽しそうに子育てをしている姿を見ると悲しくなる…。
  • もう、子育てのことでイライラしたり疲れたりしたくない…。

 

今回はこのような悩みを解決します。

※今回の記事は幼児から小学生までの「ADHD」や「ADHD傾向」の子どもを対象とした記事です。

 

本記事の内容

「本記事の内容」

 

あなたの悩みは何ですか?

※項目をクリックすればすぐに見ることができます。

 

 

本記事の執筆者情報

私は子どもにかかわる仕事を10年以上経験してきました。

  • 元小学校教師(通常学級担任、特別支援学級担任をそれぞれ2年以上経験)
  • 元障害児通所支援事業所勤務(放課後等デイサービスで、未就学児から小学生までの発達障害の子どもの支援業務を2年以上経験)
  • 心理大学卒業のメンタルケア心理士(心理士資格取得のためにADHDの診断基準であるDSM-5を精神医科学基礎で学習。試験では満点。)

この経験を通して、たくさんの子どもを見てきました。

 

今回の記事を読むことで、

  • ADHDの子どもの子育ての悩みが解決する

さらに、子どもの将来を考えて悩んだり、子どものことでイライラしたり、1人でどうしたらいいのか悩んだりせずに、子どもと楽しい時間を過ごせるようになります。そして、子育てに悩んでいた時間を「自分の好きなことを考える時間」や「リフレッシュをする時間」に変えることができて、いつも悩んでいたあなたの気持ちもスーッと軽くなります。

 

大丈夫ですか?

子どもは授業でみんなについていけていますか?ちょっとでも心配なら後悔する前にこちらの記事を見たほうがいいかと思います。

≫ADHDの小学生が授業でみんなについていけるようになる習い事5選!

「ADHDの子ども,小学生限定!授業でみんなについていけるようになる習い事5選 」の文字
ADHDの小学生が授業でみんなについていけるようになる習い事5選!

続きを見る

目次

ADHDの特徴

「ADHDの特徴」の文字

ADHDは「Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder」の略で、日本語では「注意欠如・多動症(注意欠如・多動性障害)」とよばれています。

注意欠如・多動症(ADHD)とは、年齢あるいは発達に不相応に、不注意、落ちつきのなさ、衝動性などの問題が、生活や学業に悪影響を及ぼしており、その状態が6ヶ月以上持続していることと定義されています。

引用 NCNP病院 国立精神・神経医療研究センター

 

ADHDの特性には3つあります。

それぞれの特性の代表的な事例がこちらです。

不注意

  • まわりが気になって集中できない
  • 忘れ物がおおい
  • 片づけられない

多動性

  • 落ち着きがない
  • 気になるとすぐに動き出す
  • ずっとしゃべり続ける

衝動性

  • すぐに怒りだす
  • ルールを守れない
  • 我慢ができない

 

そして、3つの特性がすべて子どもに現れるわけではありません。

  • 不注意傾向が強くでる子
  • 多動性と衝動性が一緒にでる子

など、さまざまです。

※ADHDは生まれつきの脳機能のかたよりが原因となって起こると考えられていますが、ハッキリとはわかっていません。

 

ADHDの子どもは自分で感情をコントロールすることが苦手で、

  • 注意力
  • 集中力
  • 抑制力

を、うまくコントロールすることができずに、本人の意志ではどうしようもなくなってしまうことがよくあります。

 

そのため、まわりから見ると、

  • 「我慢できない子」
  • 「落ち着きがない子」
  • 「悪い子」

と、決めつけられることがあります。

 

さらに、理解してくれない大人からは、

「甘やかしている」

「育て方が悪い」

ムッとする女性

など、子どもだけではなく、親も誤解を受けることがあります。

 

ADHDの子どもの子育てが難しい理由

「ADHDの子ども,子育てが難しい理由」の文字

ADHDの子どもの特徴や目立つ行動は見た目ではわかりにくいことがよくあります。そのため、他の子と同じように対応されることが多くなって、ADHDの子どもは必要な支援をされずに見逃されてしまうことがよくあります。

 

とくに年齢が下がるほど子どもの見た目も行動もパッと見ただけではわからないので、「元気な子」「おっとりした子」と決めつけられて必要な支援がされずに子どもが困る場面が多くなったり、保護者は悩みが増えたりするようになってしまいます。

 

ほかの保護者やADHDに関して知識がない人からは、

「子どもだからしょうがない…。」

「うちの子も同じように大変ですよ。」

「元気いっぱいでカワイイからいいのよ。」

「うちの子も○○ちゃんと同じ年齢の頃はいっしょだったわ。」

などと言われて、支援が必要なことに気付かれずに子どもが支援をされずに見逃されることがあります。

 

そして、子どもは必要な支援を受けられずに、

「ダメでしょ!」

「静かにしなさい!」

「我慢しなさい!」

「落ち着きなさい!」

「座りなさい!」

「友達と仲良くしなさい!」

などと注意されることが増えて、

「なんで僕ばっかり怒るの!?」

イライラして怒っている男の子

「どうせ怒られる…。」

どんより沈んだ表情の男の子

「うるさい!」

大きな声を出して怒る男の子

などと子どもは思うようになって自己肯定感が下がって、ますます目立つような行動やワガママな言動をするようになってしまいます。

 

そして、ADHDの子どもを育てる保護者はどんどん子育てに苦労して悩むようになります。

 

さらに、

「どうしてもっと教育しないのかしら…。」

「○○ちゃんは大変ね…。」

「子どものしつけがなっていないわ。」

などとまわりから思われるようになって、ADHDの子どもを育てる保護者は肩身の狭い思いをして悩むようになります。

 

これがADHD の子どもの子育てが難しいと感じる理由です。

 

大丈夫ですか?

子どもは授業でみんなについていけていますか?ちょっとでも心配なら後悔する前にこちらの記事を見たほうがいいかと思います。

≫ADHDの小学生が授業でみんなについていけるようになる習い事5選!

「ADHDの子ども,小学生限定!授業でみんなについていけるようになる習い事5選 」の文字
ADHDの小学生が授業でみんなについていけるようになる習い事5選!

続きを見る

 

ADHDの子ども「あるある」におすすめの対応方法

「ADHDの子ども「あるある」におすすめの対応」の文字

ADHDの子どもの「あるある」について紹介します。

 

私が出会ったADHDの子どもたちは、子ども1人ひとり特徴があり必要な支援も違っていました。しかし、たくさんのADHDの子どもと接する中で、仕草や行動などに「ADHDの子どもあるある」があることに気付きました。

 

さらに、ADHDの子どもの「特徴」や「あるある」を知らなかったり、子どもにとって適切な支援方法を知らなかったりすることで子育てに難しさを感じたり、悩んだり、苦しんだりする保護者がたくさんいることもわかりました。

 

そのため、私はADHDの子どもに必要な支援方法と、さらに、ADHDの子どもの「特徴」や「あるある」もいっしょに保護者へ伝えることで、

保護者A

「スムーズに子ども対応ができるようになりました。」

保護者B

「教えてもらえてよかったです。」

保護者C

「子どもが夜寝たあとの、いつも1人で子育てについて悩んでいた時間がなくなりました。」

などと感謝されようになりました。

 

kokou
「そんな私が子どもたちと出会ってわかったADHDの子ども『あるある』がこちらです。」

項目をクリックすればすぐに見ることができます。あなたの子どもにも当てはまる「あるある」があれば、ぜひ、対応方法を実践して悩みを解決してください。

※年齢別の特徴や支援方法について知りたい方はこちら→「【年代別】ADHDの子どもの育て方」

 

落ち着きがない

ADHDの子ども「あるある」がこちら。

落ち着きがない

ADHDの子どもに落ち着きがない理由がこちらです。

動かないと落ちつかない

集中が続かない

興味のあることを見つけてしまう

視野がギュッとせまくなる

 

kokou
「私が出会った落ち着きがないADHDの子どもについてちょっとだけ紹介します。」

まわりの状況を見て行動することができずに、いつも自分がしたいことや思ったことを優先にして落ち着きなく動き回っていました。今、「伝えたい」「言いたい」ことをしゃべることもよくあったので、落ち着きなくずっとしゃべり続けることがよくあって話の内容を理解することが大変でした。

 

そんな落ち着きがないADHDの子どもに意識するべき対応がこちらです。

意識するべき対応

  • ずっと動き回る子どもを落ち着かせる
  • 急に走りだしたときに対応できるようにする
  • 外出先で子どもの行動に振りまわされないようにする
  • 子どもの行動をコントロールできるようにする

 

もっと詳しくそれぞれの対応方法について知りたい方はこちらの記事を読んでください。

 

集中できない

ADHDの子ども「あるある」がこちら。

集中できない

ADHDの子どもが集中できない理由がこちらです。

いろいろ気になってすぐに集中できなくなる

すぐに理解できない

 

kokou
「私が出会った集中できないADHDの子どもについてちょっとだけ紹介します。」

苦手なことや興味がないことにはすぐに集中がきれる子でした。とくに、キライな勉強になると数秒で集中が切れてやらなくなります。宿題を1人でさせると終わらせることにとっても時間がかかっていました。

 

そんな集中できないADHDの子どもに意識するべき対応がこちらです。

意識するべき対応

  • 集中して勉強ができるようにする
  • 自立できるように1人でもできることを増やす
  • 授業についていけるようにする

 

もっと詳しく対応方法について知りたい方はこちらの記事を読んでください。

 

忘れやすい

ADHDの子ども「あるある」がこちら。

忘れやすい

ADHDの子どもが忘れやすい理由がこちらです。

同時に何かをすることが苦手

「聞きたい」と思えないと話を聞いたり覚えたりできない

不注意傾向が強く出てしまって忘れる

 

kokou
「私が出会った忘れやすいADHDの子どもについてちょっとだけ紹介します。」

忘れ物が多く、確認作業をいつも一緒にしないと必ずと言っていいほど何か忘れていました。何度も声かけをしたとしても、その場で対応しなければ忘れるのでいつも忘れ物チェック表を片手に声かけをしていました。

 

そんな忘れやすいADHDの子どもに意識するべき対応がこちらです。

意識するべき対応

  • すぐに忘れないように対応する
  • 話を聞いて覚えられるようにする
  • すぐに物をなくさないようにする

 

もっと詳しく対応方法について知りたい方はこちらの記事を読んでください。

 

勉強をイヤがる

ADHDの子ども「あるある」がこちら。

勉強をイヤがる

ADHDの子どもが勉強をイヤがる理由がこちらです。

勉強のむずかしさがイヤになる

学校生活に慣れるまえに勉強がスタートする

急に「勉強がむずかしい」と感じる

学習内容がむずかしくなるだけではなく、やりたいことができなくなる

「勉強はできない」と決めつける

「できない」と決めつけて勉強をしない

 

kokou
「私が出会った勉強をイヤがるADHDの子どもについてちょっとだけ紹介します。」

苦手な教科の勉強は30秒も集中が続きませんでした。また、「集中して。」と何度も声かけをされることに対して最終的には怒りだして暴れだすこともよくありました。

勉強に対してやる気がないときは「声かけ」をしても無視をして反応しないこともよくありました。

キライな勉強になると大きな声を出してあばれて「勉強をさせる時間」よりも、勉強を始める前の「落ち着かせる時間」の方が長くなることもしょっちゅうでした。問題が解けなくてイライラすると、衝動的に勉強をしているプリントを鉛筆でグチャグチャに殴り書きをしてしまうこともよくありました。

 

そんな勉強をイヤがるなADHDの子どもに意識するべき対応は年齢によってちがいます。年齢別の対応方法について知りたい方はこちらの記事を読んでください。

 

宿題(課題)をしない

ADHDの子ども「あるある」がこちら。

宿題(課題)をしない

ADHDの子どもが宿題(課題)をしない理由がこちらです。

キライなことはやりたくない

宿題をすることに慣れていない

宿題をやりたくない気持ちが強くなる

内容がむずかしくなるだけではなく宿題の種類がふえる

1人では宿題ができなくなっている

宿題をやらずに済んだ経験をしている

宿題に対して「イヤだ」と思うことがたくさんある

 

kokou
「私が出会った宿題(課題)をしないADHDの子どもについてちょっとだけ紹介します。」

宿題がキライで、宿題を始めるまでにいつも時間がかかっていました。キライな教科の宿題があるときは、子どもをやる気にさせるまでにとても苦労しました。

宿題がキライなのですぐに集中がきれたり、やってもてきとうに終わらせようとしたりするので、いつもそばで対応する必要がありました。しかし、注意や間違いを指摘すると怒りだすので苦労しました。

 

そんな宿題(課題)をしないADHDの子どもに意識するべき対応がこちらです。

意識するべき対応

  • 年齢にあった対応で子どもが宿題をスムーズにできるようにする
  • 子どもが集中して宿題ができるような環境をつくる
  • 宿題を1人でもできるように授業についていけるようにする

 

もっと詳しく対応方法について知りたい方はこちらの記事を読んでください。

 

友達とトラブルになる

ADHDの子ども「あるある」がこちら。

友達とトラブルになる

ADHDの子どもが友達とトラブルになる理由がこちらです。

友達と仲良くなる「きっかけ」を逃しやすい

「気持ちをわかってくれない」と思うようになる

まわりに合わせられずにグループに入れない

特性をイヤがられて避けられる

避けられるきっかけが増える

仲良くなるタイミングがわからなくなる

友達と関わる経験がすくない

 

kokou
「私が出会った友達とトラブルになるADHDの子どもについてちょっとだけ紹介します。」

ちょっとでも気にいらないことがあれば、仲良しの友達に対しても暴言を吐いてトラブルになることがよくありました。ほかにも、「物を無くす」「忘れ物をする」「約束を忘れる」などの行動をわざとではなくてもしてしまうので、友達からイヤがられて避けられるような子どももいました。

感情的にカッとなって怒り出すと相手が年下でも関係なく大きな声で怒鳴ることや、相手の気持ちを考えずに思ったことを言ってしまうので友達とすぐトラブルになりました。仲の良い友達だとしてもイヤなことがあればカッとなって相手の気持ちを考えずに傷つく言葉をつかって、その瞬間は怒っていても、数分後には何もなかったかのように話しかけるので友達が困惑することもありました。

 

そんな友達とトラブルになるADHDの子どもに意識するべき対応がこちらです。

意識するべき対応

  • 学習支援でコミュニケーションが取れるようにする
  • なかよく友達と遊べるようにする
  • 友達の気持ちを理解できるようにする
  • 自分の気持ちを伝えられるようにする
  • あたらしい友達をつくる【重要】
  • 友達との関わり方を教える
  • 授業中にトラブルにならないように授業内容を理解できるようにする

 

もっと詳しく対応方法について知りたい方はこちらの記事を読んでください。

 

目標を達成できない

ADHDの子ども「あるある」がこちら。

目標を達成できない

ADHDの子どもが目標を達成できない理由がこちらです。

1つのことを続けられない

将来を考えた行動が苦手

できないことをイヤがる

失敗すると落ちこむ

自分の気持ちに我慢できない

 

kokou
「私が出会った目標を達成できないADHDの子どもについてちょっとだけ紹介します。」

目標を決めても声かけや具体的な計画を立ててあげないと目標に向かって努力できない。とくにキライなことや苦手なことなどは、なんとかしてやらないように逃げようとするので対応に苦労しました。さらに、自分がやりたくないことは「イヤだ!」と怒って暴れたり、「もうやった!」と嘘をついたりすることがよくあって対応に困りました。

 

そんな目標を達成できないADHDの子どもに意識するべき対応がこちらです。

意識するべき対応

  • 目標を達成できるようにサポートする
  • 計画を立てて行動できるようにする
  • あきらめずに頑張れるようにする
  • すぐに飽きないような支援をする

 

もっと詳しく対応方法について知りたい方はこちらの記事を読んでください。

 

ぼーっとする

ADHDの子ども「あるある」がこちら。

ぼーっとする

ADHDの子どもがぼーっとする理由がこちらです。

「ON」と「OFF」が極端

集中力と注意力をバランスよく使えない

 

kokou
「私が出会ったぼーっとするADHDの子どもについてちょっとだけ紹介します。」

興味がないことは30秒も集中が続かずに、ぼーっとすることがよくありました。マイペースが強く、ぼーっとしていることもよくあって、毎回、声かけをしたり忘れ物がないかチェックしたりしてあげなければいけませんでした。

 

そんなすぐにぼーっとするADHDの子どもに意識するべき対応がこちらです。

意識するべき対応

  • ぼんやりしたときにサポートする
  • ぼーっとして勉強に集中できないことを対処する
  • 自立させるきっかけをたくさん作る

 

もっと詳しく対応方法について知りたい方はこちらの記事を読んでください。

 

気持ちを切り替えられない

ADHDの子ども「あるある」がこちら。

気持ちを切り替えられない

ADHDの子どもが気持ちを切り替えられない理由がこちらです。

遊びはじめると気持ちの切りかえができなくなる

夢中になるとすべての力をつかって集中してしまう

好きなことにずっと集中してしまう

イヤなことがあると自分の世界に入ってしまう

 

kokou
「私が出会った気持ちを切り替えられないADHDの子どもについてちょっとだけ紹介します。」

気持ちの切り替えが苦手で、急な予定変更があるとパニックになることがよくありました。「やりたい」と思ったことができないと怒り出したり、自分がしたい気持ちを大きな声でずっと叫んだりして対応にこまることもよくありました。自分の思ったことと違うとパニックになって、「もう何も考えられない!」と言ってトイレや机の下に隠れることもありました。

 

そんな気持ちを切り替えられないADHDの子どもに意識するべき対応がこちらです。

意識するべき対応

  • 遊び始めるとやめられないことに対処する
  • 過集中になったときにしっかりと対応する
  • 子どもがゾーンに入ったときにサポートする

 

もっと詳しく対応方法について知りたい方はこちらの記事を読んでください。

 

整理整頓ができない

ADHDの子ども「あるある」がこちら。

整理整頓ができない

ADHDの子どもが整理整頓をできない理由がこちらです。

不注意傾向が強く出てしまって忘れる

そのままにしてしまう

 

kokou
「私が出会った整理整頓ができないADHDの子どもについてちょっとだけ紹介します。」

気になることを見つけると使っている物をほったらかしにして次に移るので、気づけば部屋がグチャグチャになっていることがよくありました。「やりたいこと」や「やっていること」がコロコロと変わるので、使っていた物はそのままになってどんどん部屋が汚くなって片づけが大変でした。

 

そんな整理整頓ができないADHDの子どもに意識するべき対応がこちらです。

意識するべき対応

  • すぐに物をなくさないように対策をする
  • 持ち物を自分で管理できるようにする

 

もっと詳しく対応方法について知りたい方はこちらの記事を読んでください。

 

生活リズムが乱れる

ADHDの子ども「あるある」がこちら。

生活リズムが乱れる

ADHDの子どもの生活リズムが乱れる理由がこちらです。

先のことを考えた行動ができない

1人ではできないことに気づかない

いろいろなことが重なって起きられない

 

kokou
「私が出会った生活リズムが乱れてしまうADHDの子どもについてちょっとだけ紹介します。」

自分の興味関心を優先に行動することが多く、予定時間を過ぎることがよくあって、やらなければいけないことを毎回のように溜めて生活が乱れていました。予定時間の見通しをもって行動することが苦手で、いつもバタバタと行動して、結局、時間がずれ込んで生活リズムが崩れることもよくありました。

 

そんな生活リズムが乱れるADHDの子どもに意識するべき対応がこちらです。

意識するべき対応

  • 子どもの生活リズムに振りまわされてストレスを溜めない
  • 1人でも準備ができるようにする
  • 子どもの生活面を改善する
  • 朝をスムーズに起きられるようにする

 

もっと詳しく対応方法について知りたい方はこちらの記事を読んでください。

 

言うことを聞かない

ADHDの子ども「あるある」がこちら。

言うことを聞かない

ADHDの子どもが言うことを聞かない理由がこちらです。

言われたことを「聞いていない」「わからない」

自分の気持ちを優先にしてしまう

 

kokou
「私が出会った言うことを聞かないADHDの子どもについてちょっとだけ紹介します。」

注意されたり怒られたりしても自分の考えを優先にしてしまうので、納得することができないと怒りだすことがよくありました。また、甘えられる人(保護者)や信頼していない人に対しては反抗することが多く、言うことを聞かない場面もよくありました。

 

そんな言うことを聞かないADHDの子どもに意識するべき対応がこちらです。

意識するべき対応

  • 指示したことを素直に行動できるようにする
  • 言うことを聞かないことに何度も怒って疲れないようにする
  • 子どものワガママを改善する

 

もっと詳しく対応方法について知りたい方はこちらの記事を読んでください。

 

約束を守らない

ADHDの子ども「あるある」がこちら。

約束を守らない

ADHDの子どもが約束を守らない理由がこちらです。

見通しをもった行動ができない

うっかり忘れる

気持ちを我慢できない

急に言われても対応できない

 

kokou
「私が出会った約束を守らないADHDの子どもについてちょっとだけ紹介します。」

やらなければいけないことが苦手だったりやりたくないと思ったことをしたりするときは、「イヤだ!」と大きな声を出して暴れることで、その場をなんとかごまかしてイヤなことから逃げようとすることがよくありました。

勝ち負けへのこだわりが強く、勝負に負けると怒ったりあばれたりすることがよくありました。ほかにも、うっかり約束を忘れて、約束を破ってしまうパターンの子どももいました。

 

そんな約束を守らないADHDの子どもに意識するべき対応がこちらです。

意識するべき対応

  • 約束を守れるようにする
  • 約束の時間を守れるようにする
  • 事前告知で約束を守れるようにする

 

もっと詳しく対応方法について知りたい方はこちらの記事を読んでください。

 

すぐにカッとなって癇癪を起こす

ADHDの子ども「あるある」がこちら。

すぐにカッとなって癇癪かんしゃくを起こす

ADHDの子どもがすぐにカッとなって癇癪を起こす理由がこちらです。

感情の「怒りスイッチ」が入りやすい

感情を一定に保てない

すぐに「カッ!」となる

急な予定変更に対応できない

 

kokou
「私が出会ったすぐにカッとなって癇癪を起こすADHDの子どもについてちょっとだけ紹介します。」

急に怒りスイッチが入ることがあって、1度、感情的に怒りだすと相手の年齢関係なくトラブルになってしまって対応に苦労しました。衝動的に怒り出すと気持ちをコントロールすることができずに、「暴力」「器物破損」などの行動をとってしまうことや、気にいらないことがあったりイライラしたりすると、すぐに近くの物を壊そうとするので子どもの様子を気にしなくてはいけませんでした。とくに、「注意」「否定」をされるとかんしゃくを起こして数分は止められなくなることがよくありました。

 

そんなすぐにカッとなって癇癪を起こすADHDの子どもに意識するべき対応がこちらです。

意識するべき対応

  • カッとなって相手に手を出さないようにする
  • かんしゃくを起さないように対応する
  • 気分にムラが出ないように配慮する
  • 予定変更でパニックにならないようにする

 

もっと詳しく対応方法について知りたい方はこちらの記事を読んでください。

 

話を聞かない

ADHDの子ども「あるある」がこちら。

話を聞かない

ADHDの子どもが話を聞かない理由がこちらです。

不注意で話が聞けない

「言いたい」「やりたい」が止められない

「聞きたい」と思えないと話を聞いたり覚えたりできない

 

kokou
「私が出会った話を聞かないADHDの子どもについてちょっとだけ紹介します。」

子どもが理解できるようにわかりやすく伝えないと「自分なりの解釈」で子どもが行動するので、やり方を理解せずに勝手に行動して失敗すると人のせいにして暴れることがありました。

人の話を止めてでも自分の話したいことをずっとしゃべり続けるので、友達とうまくコミュニケーションが取れずにトラブルになることもありました。

全体での指示を理解することが苦手なので、みんなで行動していても1人だけちがうことをしてしまって、友達から注意されて落ち込んだり怒ったりすることもよくありました。

 

そんな話を聞かないADHDの子どもに意識するべき対応がこちらです。

意識するべき対応

  • 理解力を高める
  • まわりの状況を考えてその場の空気が読めるようにする
  • 話を聞いて覚えられるようにする

 

もっと詳しく対応方法について知りたい方はこちらの記事を読んでください。

 

時間を守れない

ADHDの子ども「あるある」がこちら。

時間を守れない

ADHDの子どもが時間を守れない理由がこちらです。

見通しをもった行動ができない

うっかり忘れる

 

kokou
「私が出会った時間を守れないADHDの子どもについてちょっとだけ紹介します。」

自分の興味があることに夢中になるとすごい集中力を発揮するので、時間を気にすることなく興味があることを続けてしまって予定時間を守れないことがよくありました。

昼休みに砂場で「泥団子」を作ることに夢中(過集中)になって、5時間目が始まっても教室に戻ってこないこともありました。

ちょっと前に声かけをしたのに、伝えられたことをうっかり忘れて時間を守れないことも何度もありました。時間の見通しを持つことが苦手で毎回時間ギリギリになってバタバタと慌てて行動することもよくありました。

 

そんな時間を守れないADHDの子どもに意識するべき対応がこちらです。

意識するべき対応

  • 1日の予定を理解させる
  • 具体的な声かけで子どもをサポートする
  • 「時間を守れた」ことを強調する
  • 1人でも準備ができるようにする
  • 時間を意識した行動ができる環境を用意する

 

もっと詳しく対応方法について知りたい方はこちらの記事を読んでください。

 

【年代別】ADHDの子どもの育て方

「【年代別】ADHDの子どもの育て方」の文字

ADHDの子どもの育て方について幼児から小学6年生まで年代別で紹介します。

kokou
「あなたのお子さまと同じ年代の項目をクリックすればすぐに見ることができます。」

 

【幼児】6歳のADHDの子どもの育て方

ADHDの幼児の子どもの育て方について紹介します。

さっそく具体的で詳しい育て方について知りたい方はこちら→「ADHDの幼児の育て方」

 

ADHDの幼児の特徴

ADHDの幼児の特徴がこちらです。

ADHDの幼児,特徴一覧

 

ADHDの幼児の育て方で解決すべき悩み

ADHDの幼児の育て方であなたが解決すべき悩みがこちらです。

解決すべき悩み

  • 勉強をイヤがらずにさせたい
  • コミュニケーションが苦手
  • 片づけができない
  • 落ち着きがない
  • すぐに怒る
  • ルールを守らない
  • 子どもに合った習い事をさせたい
  • 小学生になるまでにするべきことついて知りたい

上記の悩みの中であなたが解決したい内容が1つでもあったらこちらの記事を見て今すぐ解決することをおすすめします。

 

ADHDの幼児にオススメの習い事

ADHDの幼児にオススメの習い事がこちらです。

※子どもの将来を考えて、子育てに悩まないために、そして、自分の時間も大切にしたいと考えるたくさんの人が習い事を子どもにさせています。

 

おすすめ理由

※スマホの方は横にスクロールして見てください→

習い事 おすすめ理由 詳細記事
通信教育 子どもに「家庭学習の習慣を身につけさせたい」と考える人におすすめ。 記事をみる
英会話教室 子どもが成長するにつれて「重要度が増していく英語で苦労したくない」と考える人におすすめ。 記事をみる
プログラミング教室 プログラミング?プログラミングなんて子どもに教えられない」と考えた人におすすめ。 記事をみる

 

ADHDの幼児にオススメの習い事について詳しく知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

【小学1年生】7歳のADHDの子どもの育て方

ADHDの小学1年生の子どもの育て方について紹介します。

さっそく具体的で詳しい育て方について知りたい方はこちら→「ADHDの小学1年生の育て方」

 

ADHDの小学1年生の特徴

ADHDの小学1年生の特徴がこちらです。

ADHDの小学1年生の特徴「一覧表」

 

ADHDの小学1年生の育て方で解決すべき悩み

ADHDの小学1年生の育て方であなたが解決すべき悩みがこちらです。

解決すべき悩み

  • 勉強で困らないようにしたい
  • 思いやりをもてるようになってほしい
  • 友達と仲良くできるようになってほしい
  • 宿題をイヤがらずにしてほしい
  • イヤがらずに学校へ行ってほしい
  • 学校の用意ができるようになってほしい
  • ストレスを溜めさせたくない
  • きびしく叱らずに育てたい
  • 参観日の「前日」「当日」で気をつけることが知りたい
  • 子どもに合った習い事をさせたい
  • 支援学級を考えるなら気をつけることが知りたい

上記の悩みの中であなたが解決したい内容が1つでもあったらこちらの記事を見て今すぐ解決することをおすすめします。

 

ADHDの小学1年生にオススメの習い事

ADHDの小学1年生にオススメの習い事がこちらです。

※子どもの将来を考えて、子育てに悩まないために、そして、自分の時間も大切にしたいと考えるたくさんの人が習い事を子どもにさせています。

 

おすすめ理由

※スマホの方は横にスクロールして見てください→

習い事 おすすめ理由 詳細記事
通信教育 子どもに「家庭学習の習慣を身につけさせたい」と考える人におすすめ。 記事をみる
英会話教室 子どもが成長するにつれて「重要度が増していく英語で苦労したくない」と考える人におすすめ。 記事をみる
プログラミング教室 プログラミング?プログラミングなんて子どもに教えられない」と考えた人におすすめ。 記事をみる
サッカースクール 元気いっぱい体を動かしながら集団行動ができるようになってほしい」と考える人におすすめ。 記事をみる

 

ADHDの小学1年生にオススメの習い事について詳しく知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

【小学2年生】8歳のADHDの子どもの育て方

ADHDの小学2年生の子どもの育て方について紹介します。

さっそく具体的で詳しい育て方について知りたい方はこちら→「ADHDの小学2年生の育て方」

 

ADHDの小学2年生の特徴

ADHDの小学2年生の特徴がこちらです。

ADHD-Second-grade-Features-List

 

ADHDの小学2年生の育て方で解決すべき悩み

ADHDの小学2年生の育て方であなたが解決すべき悩みがこちらです。

解決すべき悩み

  • 勉強のなやみを解決したい
  • 自宅で教科別の学習支援の方法が知りたい
  • 宿題をイヤがらずにしてほしい
  • 友達と仲良くできるようになってほしい
  • 気になる言葉づかいをなおしたい
  • 子どもを怒る回数を減らしたい
  • 学校にイヤがらないで行ってほしい
  • 整理整頓が自分でできるようになってほしい
  • マイナス行動が目立たないようにしたい
  • 子どもに合った習い事をさせたい
  • 支援学級を考えるなら気をつけることが知りたい

上記の悩みの中であなたが解決したい内容が1つでもあったらこちらの記事を見て今すぐ解決することをおすすめします。

 

ADHDの小学2年生にオススメの習い事

ADHDの小学2年生にオススメの習い事がこちらです。

※子どもの将来を考えて、子育てに悩まないために、そして、自分の時間も大切にしたいと考えるたくさんの人が習い事を子どもにさせています。

 

おすすめ理由

※スマホの方は横にスクロールして見てください→

習い事 おすすめ理由 詳細記事
英会話教室 子どもが成長するにつれて「重要度が増していく英語で苦労したくない」と考える人におすすめ。 記事をみる
プログラミング教室 プログラミング?プログラミングなんて子どもに教えられない」と考えた人におすすめ。 記事をみる
サッカースクール 元気いっぱい体を動かしながら集団行動ができるようになってほしい」と考える人におすすめ。 記事をみる

 

ADHDの小学2年生にオススメの習い事について詳しく知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

【小学3年生】9歳のADHDの子どもの育て方

ADHDの小学3年生の子どもの育て方について紹介します。

さっそく具体的で詳しい育て方について知りたい方はこちら→「ADHDの小学3年生の育て方」

 

ADHDの小学3年生の特徴

ADHDの小学3年生の特徴がこちらです。

ADHD-Elementary-school-third-grade-features

 

ADHDの小学3年生の育て方で解決すべき悩み

ADHDの小学3年生の育て方であなたが解決すべき悩みがこちらです。

解決すべき悩み

  • 勉強をイヤがらないようにしたい
  • 自宅で「教科別」の学習支援の方法が知りたい
  • 宿題をスムーズに1人でできるようにさせたい
  • 友達と仲良く遊べるようになってほしい
  • 楽しんで学校へ行けるようになってほしい
  • 学校行事をイヤがらずに行ってほしい
  • 言うことを素直に聞いてほしい
  • 生活リズムを改善したい
  • 暴力をやめさせたい
  • 子どもに合った習い事をさせたい
  • 支援学級を考えるなら気をつけることが知りたい

上記の悩みの中であなたが解決したい内容が1つでもあったらこちらの記事を見て今すぐ解決することをおすすめします。

 

ADHDの小学3年生にオススメの習い事

ADHDの小学3年生にオススメの習い事がこちらです。

※子どもの将来を考えて、子育てに悩まないために、そして、自分の時間も大切にしたいと考えるたくさんの人が習い事を子どもにさせています。

 

おすすめ理由

※スマホの方は横にスクロールして見てください→

習い事 おすすめ理由 詳細記事
通信教育 子どもに「家庭学習の習慣を身につけさせたい」と考える人におすすめ。 記事をみる
オンライン家庭学習教材  すでに子どもが勉強をイヤがっていて「今すぐなんとかしたい!」と考える人におすすめ。 記事をみる
英会話教室 子どもが成長するにつれて「重要度が増していく英語で苦労したくない」と考える人におすすめ。 記事をみる
プログラミング教室 プログラミング?プログラミングなんて子どもに教えられない」と考えた人におすすめ。 記事をみる
サッカースクール 元気いっぱい体を動かしながら集団行動ができるようになってほしい」と考える人におすすめ。 記事をみる

 

ADHDの小学3年生にオススメの習い事について詳しく知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

【小学4年生】10歳のADHDの子どもの育て方

ADHDの小学4年生の子どもの育て方について紹介します。

さっそく具体的で詳しい育て方について知りたい方はこちら→「ADHDの小学4年生の育て方」

 

ADHDの小学4年生の特徴

ADHDの小学4年生の特徴がこちらです。

characteristic-of-adhd-Fourth-grade-of-elementary-school-List.

 

ADHDの小学4年生の育て方で解決すべき悩み

ADHDの小学4年生の育て方であなたが解決すべき悩みがこちらです。

解決すべき悩み

  • 勉強をイヤがらずにできるようになってほしい
  • 「教科別」の学習支援の方法が知りたい
  • 宿題をイヤがらずに1人でできるようになってほしい
  • 友達と仲良くできるようになってほしい
  • 学校へイヤがらずに行ってほしい
  • すぐに反抗しないようにしたい
  • 雑な行動を改善したい
  • 身だしなみを良くしたい
  • 生活リズムを改善したい
  • 子どもに合った習い事をさせたい
  • 支援学級を考えるなら気をつけることが知りたい

上記の悩みの中であなたが解決したい内容が1つでもあったらこちらの記事を見て今すぐ解決することをおすすめします。

 

ADHDの小学4年生にオススメの習い事

ADHDの小学4年生にオススメの習い事がこちらです。

※子どもの将来を考えて、子育てに悩まないために、そして、自分の時間も大切にしたいと考えるたくさんの人が習い事を子どもにさせています。

 

おすすめ理由

※スマホの方は横にスクロールして見てください→

習い事 おすすめ理由 詳細記事
オンライン家庭学習教材 すでに子どもが勉強をイヤがっていて「今すぐなんとかしたい!」と考える人におすすめ。 記事をみる
家庭教師  子どもの学習時間を利用して「自分の時間をふやしたい」と考える人におすすめ。 記事をみる
英会話教室 子どもが成長するにつれて「重要度が増していく英語で苦労したくない」と考える人におすすめ。 記事をみる
プログラミング教室 プログラミング?プログラミングなんて子どもに教えられない」と考えた人におすすめ。 記事をみる
サッカースクール 元気いっぱい体を動かしながら集団行動ができるようになってほしい」と考える人におすすめ。 記事をみる

 

ADHDの小学4年生にオススメの習い事について詳しく知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

【小学5年生】11歳のADHDの子どもの育て方

ADHDの小学5年生の子どもの育て方について紹介します。

さっそく具体的で詳しい育て方について知りたい方はこちら→「ADHDの小学5年生の育て方」

 

ADHDの小学5年生の特徴

ADHDの小学5年生の特徴がこちらです。

characteristic-of-adhd-Fifth-grader-of-elementary-school-List.

 

ADHDの小学5年生の育て方で解決すべき悩み

ADHDの小学5年生の育て方であなたが解決すべき悩みがこちらです。

解決すべき悩み

  • イヤがらずに勉強をさせたい
  • 教科別の学習支援の方法が知りたい
  • スムーズに宿題をさせたい
  • 友達と仲良くできるようになってほしい
  • 話を聞けるようになってほしい
  • 約束を守れるようになってほしい
  • かんしゃくを起こさないようにしたい
  • ゲームばかりさせたくない
  • 人のせいにしないようにしたい
  • 子どもに合った習い事をさせたい
  • 支援学級を考えるなら気をつけることが知りたい

上記の悩みの中であなたが解決したい内容が1つでもあったらこちらの記事を見て今すぐ解決することをおすすめします。

 

ADHDの小学5年生にオススメの習い事

ADHDの小学5年生にオススメの習い事がこちらです。

※子どもの将来を考えて、子育てに悩まないために、そして、自分の時間も大切にしたいと考えるたくさんの人が習い事を子どもにさせています。

 

おすすめ理由

※スマホの方は横にスクロールして見てください→

習い事 おすすめ理由 詳細記事
オンライン家庭学習教材 すでに子どもが勉強をイヤがっていて「今すぐなんとかしたい!」と考える人におすすめ。 記事をみる
家庭教師  子どもの学習時間を利用して「自分の時間をふやしたい」と考える人におすすめ。 記事をみる
英会話教室 子どもが成長するにつれて「重要度が増していく英語で苦労したくない」と考える人におすすめ。 記事をみる
プログラミング教室 プログラミング?プログラミングなんて子どもに教えられない」と考えた人におすすめ。 記事をみる
サッカースクール 元気いっぱい体を動かしながら集団行動ができるようになってほしい」と考える人におすすめ。 記事をみる

 

【小学6年生】12歳のADHDの子どもの育て方

ADHDの小学6年生の子どもの育て方について紹介します。

さっそく具体的で詳しい育て方について知りたい方はこちら→「ADHDの小学6年生の育て方」

 

ADHDの小学6年生の特徴

ADHDの小学6年生の特徴がこちらです。

characteristic-of-adhd-elementary-school-sixth-grade-List.

 

ADHDの小学6年生の育て方で解決すべき悩み

ADHDの小学6年生の育て方であなたが解決すべき悩みがこちらです。

解決すべき悩み

  • 勉強をイヤがらずにさせたい
  • 自宅でできる教科別の学習支援の方法が知りたい
  • 宿題をしっかりとやらせたい
  • 友達との関係を良くしたい
  • 気持ちの切りかえができるようになってほしい
  • コミュニケーション能力を養いたい
  • 話を聞けるようになってほしい
  • 約束を守れるようにしたい
  • 原因のわからない怒りに対応する方法が知りたい
  • 子どもに合った習い事をさせたい
  • 支援学級を考えるなら気をつけることが知りたい

上記の悩みの中であなたが解決したい内容が1つでもあったらこちらの記事を見て今すぐ解決することをおすすめします。

 

ADHDの小学6年生にオススメの習い事

ADHDの小学6年生にオススメの習い事がこちらです。

※子どもの将来を考えて、子育てに悩まないために、そして、自分の時間も大切にしたいと考えるたくさんの人が習い事を子どもにさせています。

 

おすすめ理由

※スマホの方は横にスクロールして見てください→

習い事 おすすめ理由 詳細記事
オンライン家庭学習教材 すでに子どもが勉強をイヤがっていて「今すぐなんとかしたい!」と考える人におすすめ。 記事をみる
家庭教師  子どもの学習時間を利用して「自分の時間をふやしたい」と考える人におすすめ。 記事をみる
英会話教室 子どもが成長するにつれて「重要度が増していく英語で苦労したくない」と考える人におすすめ。 記事をみる
プログラミング教室 プログラミング?プログラミングなんて子どもに教えられない」と考えた人におすすめ。 記事をみる
サッカースクール 元気いっぱい体を動かしながら集団行動ができるようになってほしい」と考える人におすすめ。 記事をみる

 

注意

ADHDの小学6年生にオススメの習い事について紹介しましたが、小学6年生のADHDの子どもに習い事をさせるときには「注意点」があります。

注意ポイント

子どもの気持ちを優先にして選ばせる

 

小学6年生にもなれば好きなことやキライなことがハッキリと分かれます。そして、子どもは自分の考えをしっかりと持つようになります。

 

さらに、反抗期の時期とも重なるので、まわりから(特にママから)言われることや指示されることに対して、自分の考えとちょっとでも「ちがう」と思うと反抗的な態度をとることが多くなります。

 

そのため、小学6年生のADHDの子どもに習い事をさせるときは、子どもの気持ちを優先にしながら子どもが自分で習い事を選べるようにすることがたいせつです。

「そんなことをしたら私が習い事を考える意味がないわ。」

悩む顔のママ

 

ここで対策

小学6年生のADHDの子どもに好き勝手「やりたい習い事」を決めさせないための対策がこちらです。

 

対策

習い事として子どもに「やらせたい」「やってもいい」と思う習い事を3~5つ選ぶ

子どもにどの習い事がいいか選ばせる

この対策で、子どもは自分で習い事を選んだ気持ちになって、あなたは「子どもにやらせたいと考える習い事」をさせることができるようになります。

「なるほど!」

「ハッ!」と気づくママ

そのためにも、まずは、あなたの子どもに習わせても良いと思える習い事の「習い事リスト」をつくるようにしましょう。

 

参考

ADHDの子どもにおすすめの習い事について、「学習系」「運動系」「文化系」それぞれを紹介した記事がこちらです。

 

【学習】授業についていけないADHDの子どもの育て方で悩んだときの対策

「【学習】ADHDの子ども,授業についていけない…悩んだときの対策」の文字

ADHDの子どもが勉強をイヤがるようになって、授業ではみんなについていけなくなってきて、

「どうしたらいいの…。」

困って悩む女性

と悩んだときの対策方法がこちらです。

 

勉強の苦手意識をなくす

ADHDの子どもが勉強に対して苦手意識をもって勉強をイヤがる場合は、まずは子どもが勉強をイヤがらずにできるようにサポートしてあげることがたいせつです。

 

ADHDの子どもが勉強をイヤがる理由がこちらです。

勉強のやり方がわからない

学校生活に慣れるまえに勉強がスタートする

急に勉強がむずかしいと感じる

勉強に時間がかかってやりたいことができなくなる

「勉強はできない」と決めつけている

勉強のむずかしさがイヤになる

上記のように、子どもの勉強をイヤがる理由はさまざまです。そのため、あなたの子どもの年齢にあった支援方法でしっかりと子どもが勉強に対して苦手意識を持たないように対策をしましょう。

 

参考

各年齢に合わせた「ADHDの子どもが勉強をイヤがらずにできるようになる支援方法」について紹介した記事がこちらです。

 

自宅で子どもにあった学習支援をする

ADHDの子どもが授業についていけるようにするためには、子どもが学校の授業内容を理解できるように自宅でも学習のサポートをしてあげることがたいせつです。とくに、子どもがちょっとでも苦手意識をもっている教科の学習支援はしっかりとしてあげましょう。

 

ADHDの子どもは1度でも苦手意識をもってしまうと、勉強をイヤがるようになってどんどんみんなから遅れてしまうので、今のうちにしっかりと対策をしましょう。

 

参考

各年齢に合わせた自宅でできる「教科別」学習支援の方法ついて紹介した記事がこちらです。

 

学習に集中できる環境をつくる

ADHDの子どもが授業についていけるようにするためには、子どもが勉強をするときに学習に集中できる環境を作ってあげることがたいせつです。

 

ADHDの子どもは、

イヤなこと

やりたくないこと

苦手なこと

に対してはすぐに集中がきれてしまいます。そのため、子どもができるだけ長く集中できるような学習環境をつくって対策をするようにしましょう。

 

参考

ADHDの子どもが集中して勉強ができる学習環境をつくる方法ついて紹介した記事がこちらです。

 

習い事を利用して今すぐ対策をする

ADHDの子どもが授業についていけるようにするためには、習い事を利用して今すぐ対策することもたいせつです。すでに子どもが勉強をイヤがっていて、子どもに勉強をさせようとしても、

「イヤだ!」

「やりたくない!」

「うるさい!」

「あとでやる!」

大きな声を出して怒る男の子

などと、子どもが勉強をすることをイヤがって反抗的な態度をとっていて、「どうしたらいいの…。」と悩んだり、「もしかして授業についていけていないかも…。」とちょっとでも思ったりしているならば、今すぐに習い事を利用しましょう。

 

今以上に苦労するようになって、

「あのときどうして習い事をさせなかったのかしら…。」

と後悔しないようにしたほうがいいかと思います。

 

参考

ADHDの子どもが授業についていけるようになるためにも「今すぐ利用すべき習い事」について知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

支援学級への入級を考える

ADHDの子どもが授業についていけるようにするために上記の方法を実践しても、子どもが勉強をイヤがってやらなかったり、怒らなければ勉強をしなかったり、習い事で授業についていけるように対策してもムリだったりした場合は、支援学級への入級を考えるきっかけかもしれません。

 

しかし、

「はやく支援学級に入れなきゃ!」

おどろいている女性

と思わずに、まずは支援学級への入級が子どもにとって良い選択になるのかを考えるようにしましょう。

 

参考

ADHDの子どもを支援学級へ入級させるか迷ったときに「入級を考えるタイミング」のきっかけがこちらです。

 

勉強ができない

ADHDの子ども・グレーゾーンの子ども専用「勉強ができない」支援学級を考えるときのポイント一覧表

 

友達とトラブルが多い

「トラブルが多い」ADHDの子ども・グレーゾーンの子ども専用【支援学級を考えるときのポイント】1一覧表

 

集団行動ができない

ADHDの子ども・グレーゾーンの子ども専用「集団行動ができない」支援学級を考えるときのポイント一覧表

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

【生活面】ADHDの子どもの子育てを楽にする自立へのサポート方法

「【生活面】ADHDの子ども,子育てを楽にする!自立へのサポート方法」の文字

ADHDの子どもの子育てをしていて、

「あれしなさい。」

「これしなさい。」

「○○はもうやった?」

「同じことを何度も言わせないで。」

などと、子どもの生活面で気になることが多くて、

「どうしたらいいの…。」

ストレスが溜まっている女性

と悩んだときの対策方法がこちらです。

 

時間を守れるようにする

ADHDの子どもの生活面で子育てを楽にするためには、子どもが日頃から時間を守れるようにすることがたいせつです。

 

子どもが時間を守れるようになれば、日頃の生活のなかで、

「もう○○する時間よ!」

「どうしてまだ○○やってないの?!」

「出発時間に間に合わないわよ!」

「どうして時間を守らないの!」

「ダラダラせずに早くしなさい!」

などと子どものことを注意しなくてすむようになります。そして、子どもが時間を守って生活できるようになれば、あなたの子育てはグッと楽になります。

 

kokou
「ADHDの子どもが時間を守れない理由は『見通しをもった行動ができない』『うっかり忘れる』からです。」

 

そんなADHDの子どもに必要な支援が、

5つの支援

  • 1日の予定を理解させる
  • 具体的な声かけで子どもをサポートする
  • 「時間を守れた」ことを強調する
  • 1人でも準備ができるようにする
  • 時間を意識した行動ができる環境を用意する【重要】

この5つの支援方法を意識することであなたの子育ては今まで以上に楽になります。

 

もっと詳しく子どもが時間を守れるようになる方法について知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

朝を起きられるようにする

ADHDの子どもの生活面で子育てを楽にするためには、子どもが毎朝スムーズに起きられるようにすることがたいせつです。

 

毎日の生活の中で1番慌ただしくて、子どもへの対応に余裕がなくてイライラする場面が「朝の時間」です。

 

子どもが起きずにダラダラと行動することで朝の貴重な時間がどんどん減って、

「早く起きなさい!」

「もうこんな時間よ!早くして!」

「早く学校へ行きなさい!」

などと子どものことを注意しなけらばいけなくなって、毎朝が子どもを怒ってバタバタする1日のスタートになってしまいます。そして、1日が始まったばかりなのにドッと疲れることになります。

「はい…。」

悩む顔のママ

 

そのため、子どもが朝をスムーズに起きることができれば、1日のスタートがバタバタせずにすむようになるので、あなたの子育てはグッと楽になります。

 

kokou
「ADHDの子どもが朝起きられない理由は『いろいろなことが重なって起きられない』からです。」

 

そんなADHDの子どもに必要な支援が、

5つの支援

  • 生活リズムを見直す
  • 朝の楽しみを作って寝坊させない
  • 疲れさせる【重要】
  • 休日の過ごし方に気をつける
  • 朝の時間活用を見直す

この5つの支援方法を意識することであなたの子育ては今まで以上に楽になります。

 

もっと詳しく子どもが朝起きられるようになる方法について知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

休日の過ごし方に気をつける

ADHDの子どもの生活面で子育てを楽にするためには、子どもの休日の過ごし方に気をつけることがたいせつです。

 

休日の過ごし方を有意義に過ごすことができれば、子どもは学校生活でのストレスを発散することができます。そして、子どもはイライラすることなく生活できるようになるので、ワガママを言ったり急に怒りだしたり暴れたりすることもなくなります。

 

そうすれば、あなたも子どもに振りまわされることなく生活することができるので、休日を利用しながらストレスを発散してリフレッシュすることができるようになります。そして、あなたの子育てはグッと楽になります。

 

kokou
「ADHDの子どもの休日を充実させる必要がある理由は『学校で溜めたストレスをリセットする必要があるから』です。」

 

そんなADHDの子どもに必要な支援が、

5つの支援

  • 休日の予定が決まっているなら伝える
  • 宿題は早めにおわらせる
  • 苦手な教科を見つけてサポートをする
  • 目標を1つ決める
  • 休日をちょっとでも楽しめるように工夫する

この5つの支援方法を意識することであなたの子育ては今まで以上に楽になります。

 

もっと詳しく子どもの休日の過ごし方について知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

持ち物を管理できるようにする

ADHDの子どもの生活面で子育てを楽にするためには、子どもが自分で持ち物を管理できるようにすることがたいせつです。

 

ADHDの子どもはいろいろなことに興味をもって行動するので、わざとではなくても持ち物をほったらかしにして部屋がグチャグチャになります。そして、

「使った物を片づけなさい!」

「○○はどこにあるの?」

「どうして使った物をほったらかしにするの!」

などと子どものことを注意することが増えて、

「どうしたらいいの…。」

モヤモヤしている女性

と疲れてしまいます。

 

そのため、子どもが自分で持ち物を管理できるようになれば、日頃の生活のなかで子どものことを怒る場面が減るので、あなたの子育てがグッと楽になります。

 

kokou
「ADHDの子どもが持ち物を管理できない理由は『そのままにしてしまう』からです。」

 

そんなADHDの子どもに必要な支援が、

5つの支援

  • 自分の引き出しを作る
  • 持ち物を最小限にする
  • 置き場所をきめる
  • 必要な物は早めに用意する
  • 雑な行動を改善する

この5つの支援方法を意識することであなたの子育ては今まで以上に楽になります。

 

もっと詳しく子どもが自分で持ち物を管理できるようになる方法について知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

自分で準備ができるようにする

ADHDの子どもの生活面で子育てを楽にするためには、子どもが自分で準備ができるようにすることがたいせつです。

 

子育ては子どもに対しての声かけや対応が増えればふえるほど大変になります。

 

そして、声かけや対応も子どもの成長や子どものためになると思える内容に対してならばまだいいですが、子どもの行動に対して、

いつも同じことで注意している内容

注意してもくり返す行動

子どもが1人でもできるようになってほしいこと

などに対しての声かけや対応には、イライラしたりドッと疲れたりして子育てを「大変」と感じるようになります。

 

そのため、子どもが自分1人でできることがふえるだけで、あなたの子育ては楽になります。

 

そして、生活面で子どもへの声かけや対応でストレスを溜めないようにするならば、子どもが自分で準備ができるようにサポートすることです。

 

子どもが自分で準備ができるようになれば、

「準備しなさい!」

「もう○○は用意したの?」

「早く○○の用意をしなさい!」

「どうしてお母さんが○○の準備をしなきゃいけないの!」

などと声かけや対応をしなくてすむようになるので、あなたの子育てがグッと楽になります。

 

kokou
「ADHDの子どもが自分で準備ができない理由は『先のことを考えた行動ができない』からです。」

 

そんなADHDの子どもに必要な支援が、

5つの支援

  • 子どもが「自分の予定」をわかるようにする
  • 「スケジュール」と「持ち物」はいっしょに確認する
  • 準備をする習慣を身につけさせる
  • 計画的な行動ができるようにする
  • 日常生活の準備ができるようにする

この5つの支援方法を意識することであなたの子育ては今まで以上に楽になります。

 

もっと詳しく子どもが準備を自分でできるようになる方法について知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

【必読】失敗しないADHDの子どもにオススメの習い事(年齢別)

「【年齢別】失敗しない!ADHDの子どもにオススメの習い事」の文字

年齢別の失敗しないADHDの子どもにオススメの習い事について紹介します。

参考

国内最大級の子どもとお出かけ情報サイト『いこーよ』が実施した「習い事調査」によると、

「習い事をしている」子どもは、

  • 4歳で40%
  • 5歳で65%
  • 6歳で69%

さらに、4~6歳の保護者「2人に1人」が「2つ以上の習い事をしている」と回答しています。

上記のデータからも、幼児期から習い事をさせているママはたくさんいます。

「そうなの?!知らなかった!」

驚いた顔のママ

 

まだ子どもに習い事をさせていないならば、今日をきっかけに子どもにあった習い事を見つけることをオススメします。とくに小学生以上の子どもを育てるあなたは、後悔するまえに今から行動したほうがいいかと思います。

 

年齢別の失敗しないADHDの子どもにオススメの習い事がこちらです。

※項目をクリックすればすぐに見ることができます。

 

※年齢関係なくADHDの子どもにオススメの習い事について知りたい方はこちら→「ADHDの子どもにおすすめの習い事15選」

※ADHDの子どもは興味関心がなかったり苦手意識をもったりした習い事は、「辞めたい」と言うことがよくあります。子どもがすでに習い事を始めていて「習い事を辞めたい」と言って困っている場合はこちらの記事が参考になります。→「習い事を「やめたい!」とADHDの子どもが言ったときにすぐやるべき5つの対応。」

 

幼児(6歳)

幼児のADHDの子どもが習い事を始めるときに失敗したり後悔したりしないように、まず利用を考えるべき習い事がこちらです。

※スマホの方は横にスクロールして見てください→

習い事 おすすめ理由 詳細記事
通信教育 子どもに「家庭学習の習慣を身につけさせたい」と考える人におすすめ。 記事をみる
英会話教室 子どもが成長するにつれて「重要度が増していく英語で苦労したくない」と考える人におすすめ。 記事をみる
プログラミング教室 プログラミング?プログラミングなんて子どもに教えられない」と考えた人におすすめ。 記事をみる

 

ADHDの幼児にオススメの習い事について詳しく知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

小学1年生(7歳)

小学1年生のADHDの子どもが習い事を始めるときに失敗したり後悔したりしないように、まず利用を考えるべき習い事がこちらです。

※スマホの方は横にスクロールして見てください→

習い事 おすすめ理由 詳細記事
通信教育 子どもに「家庭学習の習慣を身につけさせたい」と考える人におすすめ。 記事をみる
英会話教室 子どもが成長するにつれて「重要度が増していく英語で苦労したくない」と考える人におすすめ。 記事をみる
プログラミング教室 プログラミング?プログラミングなんて子どもに教えられない」と考えた人におすすめ。 記事をみる
サッカースクール 元気いっぱい体を動かしながら集団行動ができるようになってほしい」と考える人におすすめ。 記事をみる

 

ADHDの小学1年生にオススメの習い事について詳しく知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

小学2年生(8歳)

小学2年生のADHDの子どもが習い事を始めるときに失敗したり後悔したりしないように、まず利用を考えるべき習い事がこちらです。

※スマホの方は横にスクロールして見てください→

習い事 おすすめ理由 詳細記事
英会話教室 子どもが成長するにつれて「重要度が増していく英語で苦労したくない」と考える人におすすめ。 記事をみる
プログラミング教室 プログラミング?プログラミングなんて子どもに教えられない」と考えた人におすすめ。 記事をみる
サッカースクール 元気いっぱい体を動かしながら集団行動ができるようになってほしい」と考える人におすすめ。 記事をみる

 

ADHDの小学2年生にオススメの習い事について詳しく知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

小学3年生(9歳)

小学3年生のADHDの子どもが習い事を始めるときに失敗したり後悔したりしないように、まず利用を考えるべき習い事がこちらです。

※スマホの方は横にスクロールして見てください→

習い事 おすすめ理由 詳細記事
通信教育 子どもに「家庭学習の習慣を身につけさせたい」と考える人におすすめ。 記事をみる
オンライン家庭学習教材  すでに子どもが勉強をイヤがっていて「今すぐなんとかしたい!」と考える人におすすめ。 記事をみる
英会話教室 子どもが成長するにつれて「重要度が増していく英語で苦労したくない」と考える人におすすめ。 記事をみる
プログラミング教室 プログラミング?プログラミングなんて子どもに教えられない」と考えた人におすすめ。 記事をみる
サッカースクール 元気いっぱい体を動かしながら集団行動ができるようになってほしい」と考える人におすすめ。 記事をみる

 

ADHDの小学3年生にオススメの習い事について詳しく知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

小学4年生(10歳)

小学4年生のADHDの子どもが習い事を始めるときに失敗したり後悔したりしないように、まず利用を考えるべき習い事がこちらです。

※スマホの方は横にスクロールして見てください→

習い事 おすすめ理由 詳細記事
オンライン家庭学習教材 すでに子どもが勉強をイヤがっていて「今すぐなんとかしたい!」と考える人におすすめ。 記事をみる
家庭教師  子どもの学習時間を利用して「自分の時間をふやしたい」と考える人におすすめ。 記事をみる
英会話教室 子どもが成長するにつれて「重要度が増していく英語で苦労したくない」と考える人におすすめ。 記事をみる
プログラミング教室 プログラミング?プログラミングなんて子どもに教えられない」と考えた人におすすめ。 記事をみる
サッカースクール 元気いっぱい体を動かしながら集団行動ができるようになってほしい」と考える人におすすめ。 記事をみる

 

ADHDの小学4年生にオススメの習い事について詳しく知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

小学5年生(11歳)

小学5年生のADHDの子どもが習い事を始めるときに失敗したり後悔したりしないように、まず利用を考えるべき習い事がこちらです。

※スマホの方は横にスクロールして見てください→

習い事 おすすめ理由 詳細記事
オンライン家庭学習教材 すでに子どもが勉強をイヤがっていて「今すぐなんとかしたい!」と考える人におすすめ。 記事をみる
家庭教師  子どもの学習時間を利用して「自分の時間をふやしたい」と考える人におすすめ。 記事をみる
英会話教室 子どもが成長するにつれて「重要度が増していく英語で苦労したくない」と考える人におすすめ。 記事をみる
プログラミング教室 プログラミング?プログラミングなんて子どもに教えられない」と考えた人におすすめ。 記事をみる
サッカースクール 元気いっぱい体を動かしながら集団行動ができるようになってほしい」と考える人におすすめ。 記事をみる

 

小学6年生(12歳)

小学6年生のADHDの子どもが習い事を始めるときに失敗したり後悔したりしないように、まず利用を考えるべき習い事がこちらです。

※スマホの方は横にスクロールして見てください→

習い事 おすすめ理由 詳細記事
オンライン家庭学習教材 すでに子どもが勉強をイヤがっていて「今すぐなんとかしたい!」と考える人におすすめ。 記事をみる
家庭教師  子どもの学習時間を利用して「自分の時間をふやしたい」と考える人におすすめ。 記事をみる
英会話教室 子どもが成長するにつれて「重要度が増していく英語で苦労したくない」と考える人におすすめ。 記事をみる
プログラミング教室 プログラミング?プログラミングなんて子どもに教えられない」と考えた人におすすめ。 記事をみる
サッカースクール 元気いっぱい体を動かしながら集団行動ができるようになってほしい」と考える人におすすめ。 記事をみる

 

【悩み解消】ADHDの子どもの子育てでストレスを溜めない方法

「【悩み解消】ADHDの子どもの子育てでストレスを溜めない」の文字

ADHDの子どもを育てるときにこれ以上ストレスを溜めないようにする方法がこちらです。ちょっとでも子育てに対してストレスを溜めていると感じているならばすぐに対処することをおすすめします。

 

自宅で何度も子どもを怒らないようにする

ADHDの子どもの子育てでストレスを溜めないようにするためには、自宅で何度も子どもを怒らないようにすることがたいせつです。

「そんなことはわかっていてもどうしても気になって怒ってしまうわ。」

悩む顔のママ

 

自宅で何度も子どもを怒らないようにして、ストレスや疲れを溜めないようにするために意識することがこちらの2つです。

意識すること

子どもの行動を変える

自分の考えを変える

そして、自宅でADHDの子どもを何度も怒って疲れないようにする方法がこちらです。

5つの方法

  • いつも怒っている内容をハッキリさせる
  • リフレーミングを意識する
  • 子どもと離れる時間をつくる
  • 子どもの年齢にあった接し方を意識する
  • 子どもにストレスを溜めさせない

この5つの支援方法を意識することで子どもの子育てでストレスを溜めないようにすることができます。

 

もっと詳しく自宅で何度も子どもを怒らないようにする方法について知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

ストレスを溜めない子育てを意識する

ADHDの子どもの子育てでストレスを溜めないようにするためには、ストレスを溜めない子育てを意識することがたいせつです。

「どうやってストレスを溜めないように意識するの?どうしてもストレスを溜めてしまうわ。」

悩む顔のママ

 

ADHDの子どもの子育てを大変だと感じて「ストレスを溜めている」と思うならば、今すぐ子育ての「やり方」や「考え方」を変えなければいけなません。

 

理由がこちらです。

心に余裕がなければ「子育て」がストレスを溜める行動になる

そして、ストレスを溜めずに子育てをする方法がこちらです。

3つの方法

  • 子どもの学習支援は最低限、のこりは任せる
  • 「自分の時間」を作って子育てのストレスをへらす
  • 働きながらの家事をもっと楽にする

この3つの支援方法を意識することでストレスを溜めずに子育てができるようになります。

 

もっと詳しくストレスを溜めずに子育てをする方法について知りたい方はこちらの記事を見てください。とくに働いているあなたは見たほうがいいかと思います。

 

子どもが素直に行動できるように対策する

ADHDの子どもの子育てでストレスを溜めないようにするためには、子どもが素直に行動してくれるように対策をすることがたいせつです。

「そんなことはわかっていても、いつも言うことを聞かなくてイライラするわ。」

悩む顔のママ

 

ADHDの子どもが言われたことを素直に聞かずにやらない理由がこちらです。

言われたことを「聞いていない」「わからない」

そして、ADHDの子どもが「言われたこと」をすぐにできるようになる方法がこちらの5つです。

5つの方法

  • やることを理解しているか確認する
  • やることに対しての時間に余裕を持たせる
  • やった内容ではなく「できたこと」を評価する
  • ワガママを言わずに言うことが聞けるようにする
  • 言わなくてもできることを増やす

この5つの支援方法を意識することで、子どもが素直に言うことを聞いて行動することができるようになって、子育てのストレスを溜めないようにすることができます。

 

もっと詳しく子どもが素直に行動する方法について知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

ADHDの子どもの良さを伸ばす3つの方法

「ADHDの子どもの良さを伸ばす3つの方法」の文字

ADHDの子どもの良さを子育てや支援の中で伸ばす3つの方法がこちらです。

 

興味関心を持っていることやいつも集中している内容を把握する

ADHDの子どもの良さを伸ばすためには、子どもが興味関心を持っていることやいつも集中している内容を把握することがたいせつです。

 

なぜなら、ADHDの子どもは興味関心があることや好きなことには、他の子以上に夢中になって努力することができるので、誰よりも上手になったり得意になったりする可能性があるからです。

 

これはADHDの子どもの良さです。

 

そのため、子どもが興味関心を持っていることさえわかれば、子どもの良さをかんたんに伸ばすことができるようになります。

 

子どもの好きなことや興味関心があることが何かわからない場合は、子どもがいつも夢中になったり集中したりすることが多い内容は何か考えるようにしましょう。

 

子どもが夢中になれることは「子どもにとって興味のあること」が多いので、しっかりと子どもが興味関心を持っていることについて把握するようにしましょう。

 

注意することを減らしてほめる回数をできるだけ多くふやす

ADHDの子どもの良さを伸ばすためには、注意することを減らしてほめる回数をできるだけ多くふやすことがたいせつです。

「もっと○○しなさい。」

「こんなこともできないの?」

「みんなと同じようにしなさい。」

「もっと頑張りなさい!」

「イヤなことでも頑張ればできるようになるの!」

などと子どもを注意したり無理やり努力させたりすることは逆効果になるのでやめましょう。

 

ADHDの子どもはやりたくないことやキライなことを頑張りつづけることが苦手です。

 

ADHDの子どもの良さを伸ばすためには注意ではなく褒めることです。ADHDの子どもは素直です。褒めればほめるだけ喜んでやる気になって努力することができます。

 

そのため、注意することを減らしてほめる回数をできるだけ多くふやすように意識しましょう。そうすることで、子どもの良さを伸ばすきっかけになります。

 

子どもに合った「将来に役立つ習い事」を今すぐ始める

ADHDの子どもの良さを伸ばすためには、子どもに合った「将来に役立つ習い事」を今すぐ始めることです。

 

子どもが好きになれそうな習い事が見つかれば子どもの良さをかんたんに伸ばすことができます。

 

なぜなら、上記で紹介した、

興味関心を持っていることやいつも集中している内容を把握する

注意することを減らしてほめる回数をできるだけ多くふやす

ことは、子どもに合った習い事を見つけることさえできれば、まとめて実践することができるからです。

 

子どもが習い事に興味関心があれば誰よりも夢中になって楽しみながら努力できます。そして、習い事なので習い事の先生は子どものことをたくさん褒めて子どもの良さを伸ばしてくれます。

 

さらに、ADHDの子どもは自分の好きなことや興味関心のあることが得意な人や教えてくれる人、尊敬できる人の言うことは素直に聞くことができるので、習い事を利用することで子どもの良さを伸ばすだけではなく、あなたの悩んでいる子育ての悩みも習い事の先生を通して子どもに教育してもらうことでかんたんに悩みを解決できるようになります。

 

さらに、子どもが習い事を利用している時間は、ひさびさにのんびりとした自由な時間ができて、「今から何をしようかな?」とゆっくり考えることができるようになります。

 

習い事を利用することに損はないので、子どもに合った習い事を今すぐ見つけましょう。

 

参考

ADHDの子どもにおすすめの習い事について知りたい方はこちらの記事が参考になります。年代別におすすめの習い事も紹介しているのでかんたんに子どもに合った習い事が見つかります。

※今すぐ年代別で子どもに合った習い事が知りたい方はこちら→「【年齢別】オススメの習い事」

 

ADHDの子どもの子育てに役立つ便利グッズ

「ADHDの子ども,子育てに利用すべき便利グッズ」の文字

ADHDの子どもの子育てにこれ以上悩まないために、利用しないともったいない「子育てに役立つ便利グッズ」がこちらです。

 

ADHDの子どもの子育てについて知識をふやせる「書籍」

ADHDの子どもの子育てに役立つ便利グッズは「書籍(本)」です。

 

ADHDの子どもの子育てについて知識をふやすためには本を読むことがオススメです。

 

今後、子どもがどのように成長していくのか

これからの子育てに気をつけなければいけないことは何か

などを、本を読めば知識として深く学ぶことができます。

 

これ以上、子育てに悩まないようにするためにも、1冊でも多くADHDの子どもに関わる書籍を読んで知識を増やしておくことは、これからの子育てを楽にするためにもあなたにオススメします。

 

参考

ADHDの子どもにオススメの書籍を紹介した記事がこちらです。私がさまざまなADHDの子どもに関わる書籍を読んできた中から「厳選したオススメ本」について紹介しています。

 

ADHDの子どもにオススメの「おもちゃ」

ADHDの子どもの子育てに役立つ便利グッズは「おもちゃ」です。

 

ADHDの子どもは興味関心がある物や好きな物に対しては夢中になったり集中したりすることができます。これは、ADHDの子どもの良さです。

 

子どもの興味関心があるようなおもちゃを見つけることができれば、おもちゃ遊びを通して、子どもに知識や学びを増やしたりコミュニケーション能力を養ったりすることができるようになります。そのため、遊びを通して楽しく子どもが成長できるようなおもちゃを見つけてあげましょう。

 

参考

ADHDの子どもにオススメのおもちゃについて紹介した記事がこちらです。プレゼントに悩んだときにも役立つので見て損はないかと思います。

 

知っていますか?

今、利用者がどんどん増えている「おもちゃレンタル」を知っていますか?幼児の子ども限定にはなりますが、

  • おもちゃレンタルについて興味がある
  • おもちゃレンタルを利用したい

と考えるあなたはこちらの記事を見てください。

 

ADHDの子どものために1つは持っておくべき「クールダウングッズ」

ADHDの子どもの子育てに役立つ便利グッズは「クールダウングッズ」です。

 

ADHDの子どもは衝動的に怒りだしたりテンションが高くなったりすると、子どもの行動をコントロールすることが難しくなることがよくあります。また、1度、かんしゃくを起こして怒りだしたりパニックになったりすると落ち着くまでに時間がかかります。

 

そのようなときに、クールダウングッズを持っていれば、子どものことをすぐに落ち着かせられるようになるので便利です。

 

ADHDの子どもの保護者の多くが子どもを落ち着かせるためのクールダウングッズを1つは持っているので、まだ、持っていないあなたは、今回をきっかけにクールダウングッズを利用して子育てを楽にすることをオススメします。

 

参考

ADHDの子どもにおすすめのクールダウングッズについて紹介した記事がこちらです。気になる方は見てください。

 

まとめ:紹介した支援方法を実践することで、あなたの「ADHDの子どもの子育て」に対する悩みが解決する

「まとめ」の文字

今回は、ADHDの子どもの子育ての悩みを解決する方法について紹介しました。

 

まず、あなたの子育ての悩みを解決するためには、「ADHDの特徴」を理解して、「ADHDの子どもの子育てが難しい理由」を知ることがたいせつです。そして、ADHDの子どもの特徴についても理解するようにしましょう。

 

年代別のADHDの子どもの特徴がこちらです。

ADHDの幼児の特徴

  • 興味優先で自己中心的な行動をする
  • すきな遊びばかりに集中する
  • すぐに怒ったり泣いたりする
  • コミュニケーションが苦手
  • 友達とトラブルになりやすい
  • 常に落ち着きなく動き回る
  • 言うことを聞かない
  • ルールを守らない
  • きらいなことはやろうとしない
  • 睡眠リズムが不安定
  • コリック(原因不明の泣き)や夜泣きが多い
  • 危険予測ができずにケガをしやすい
  • 迷子になりやすい

※特徴としての「一例」です。必ずしもすべての子どもに該当するわけではありません。

ADHDの小学1年生の特徴

  • 自己中心的な行動をする
  • 授業中も気になることがあればすぐに立ち歩く
  • 話を聞かずに急にしゃべり出す
  • イヤなことがあればその場から逃げ出す
  • すきなことに夢中になるとやめられない(遊びやゲームなど)
  • うっかり忘れが多くなる
  • すぐに物をなくす
  • 気に入らないことがあればかんしゃくを起こす
  • ちょっとしたことで友だちとトラブルになる
  • 学習にとりかかれない
  • 苦手な課題を最後までやりとげられない
  • 計画的に準備ができない
  • ルールを守らない
  • 危険予測ができずにケガをしやすい

※特徴としての「一例」です。必ずしもすべての子どもに該当するわけではありません。

ADHDの小学2年生の特徴

  • 自分勝手な行動が目立つ
  • 授業中も気になることがあればすぐに立ち歩いたりしゃべったりする
  • 人の話を聞かずに急にしゃべり出す
  • イヤなことがあればかんしゃくを起こす
  • すきなことに夢中になるとやめられない
  • ぼーっとすることがある
  • うっかり忘れがある
  • 物をなくしたり忘れ物をしたりする
  • ルールを守らないことで友だちとトラブルになる
  • 勉強への集中がすぐに切れる
  • 苦手な課題を最後までやりとげられない
  • 計画的に準備ができない
  • ふざけた行動がたびたび度を超える
  • 危険予測ができずにケガをしやすい
  • 怒られることが増えて自己肯定感が低くなる

※特徴としての「一例」です。必ずしもすべての子どもに該当するわけではありません。

ADHDの小学3年生の特徴

  • 学習への集中がすぐに切れる
  • 授業中も気になることがあればすぐに立ち歩いたりしゃべったりする
  • 教科や授業数が増えて疲れやすく気持ちが不安定になる
  • 生活リズムがくずれやすくなる
  • 苦手な課題を最後までやりとげられない
  • 好きなこと(ゲームなど)に夢中になってやめられない
  • 自分勝手な行動が目立つ
  • 人の話を聞かずに急にしゃべり出す
  • うわの空で「ぼーっ」とすることがある
  • すねると気持ちを切りかえるのに時間がかかる
  • 友達とトラブルが増えて1人行動することがふえる
  • 約束を守らないことで友だちとトラブルになる
  • イヤなことがあればかんしゃくを起こしたり暴力で解決しようとしたりする
  • 物をなくしたり忘れ物をしたり「うっかり忘れ」がある
  • 計画的に準備ができない
  • ふざけた行動がたびたび度を超える
  • わがままや反抗することが多くなる
  • 叱られることが増えて、自己評価が下がる

※特徴としての「一例」です。必ずしもすべての子どもに該当するわけではありません。

ADHDの小学4年生の特徴

  • 学習への集中がすぐに切れる
  • テンションが上がると落ちつかせるのに時間がかかる
  • 衝動的に興奮すると自分では落ちつくことができない
  • 友達とトラブルが増えて1人で行動することがふえる
  • イヤなことがあればかんしゃくを起こしたり暴力で解決しようとしたりする
  • 物をなくしたり忘れ物をしたり「うっかり忘れ」がある
  • うわの空で「ぼーっ」とすることがある
  • 人の話を聞かずにしゃべり続ける
  • 身だしなみを気にせずにいつも行動する
  • 生活リズムがくずれやすくなる
  • 苦手な課題を最後までやりとげられない
  • 好きなこと(ゲームなど)に夢中になってやめられない
  • わがままや反抗することが多くなる

※特徴としての「一例」です。必ずしもすべての子どもに該当するわけではありません。

ADHDの小学5年生の特徴

  • 学習への集中がすぐに切れる
  • 好きな教科だけをして、キライな教科はやらなくなる
  • テンションが上がると落ちつかせるのに時間がかかる
  • 衝動的に興奮すると自分では落ちつくことができない
  • 友達とトラブルが増えて1人で行動することがふえる
  • イヤなことがあればかんしゃくを起こしたり暴力で解決しようとしたりする
  • 物をなくしたり忘れ物をしたり「うっかり忘れ」がある
  • 人の話を聞かずにしゃべり続ける
  • ルールが守れず、自分勝手に行動する
  • 生活リズムがくずれやすくなる
  • 苦手な課題を最後までやりとげられない
  • 雑な行動がふえる
  • 好きなこと(ゲームなど)に夢中になってやめられない
  • わがままや反抗することが多くなる

※特徴としての「一例」です。必ずしもすべての子どもに該当するわけではありません。

ADHDの小学6年生の特徴

  • 学習への集中がすぐに切れる
  • 好きな教科だけをして、キライな教科はやらなくなる
  • テンションが上がると落ちつかせるのに時間がかかる
  • 衝動的に興奮すると自分では落ちつくことができない
  • 友達とトラブルが増えて1人で行動することがふえる
  • 物をなくしたり忘れ物をしたり「うっかり忘れ」がある
  • 親に反抗したり無視をしたりする
  • 自己肯定感が低下しやすくなる
  • 学校の規律やルールを守れなくなる
  • 人の話を聞かずにしゃべり続ける
  • ルールが守れず、自分勝手に行動する
  • 生活リズムがくずれやすくなる
  • かんしゃくを起こしやすく、機嫌が悪いときが増える
  • 提出物を守れなくなる
  • 苦手な課題を最後までやりとげられない
  • 好きなこと(ゲームなど)に夢中になってやめられない
  • イヤなことがあればかんしゃくを起こしたり暴力で解決しようとしたりする

※特徴としての「一例」です。必ずしもすべての子どもに該当するわけではありません。

 

そして、ADHDの子どもの子育てに悩まないために実践すべき方法がこちらです。

kokou
「気になる項目をクリックすればすぐに見ることができます。」

上記のADHDの子どもの子育てに悩まない方法を実践することで、あなたの「子育ての悩み」が解決します。

 

さらに、子どもの将来を考えて悩んだり、子どものことでイライラしたり、1人でどうしたらいいのか悩んだりせずに、子どもと楽しい時間を過ごせるようになります。

 

そして、子育てに悩んでいた時間を「自分の好きなことを考える時間」や「リフレッシュをする時間」に変えることができて、今まで困っていた悩みがパッとなくなり、いつも悩んでいたあなたの気持ちもスーッと軽くなります。

 

いつも悩んで、いつも頑張っているあなたの少しでも役に立つ情報になったのなら嬉しいです。ありがとうございました。

 

子どもに合っていますか?

子どもは放課後等デイサービスや児童発達支援を利用していますか?利用しているならば、子どもに合った放課後等デイサービス(児童発達支援)ですか?ADHDの子どもに合った放課後等デイサービス(児童発達支援)には選び方があります。選び方が気になった方はこちらの記事を見てください。

悩むなら読むべきオススメ記事

「ADHDの子ども,小学生限定!授業でみんなについていけるようになる習い事5選 」の文字
ADHDの小学生が授業でみんなについていけるようになる習い事5選!

続きを見る

教室の風景写真と「元小学校教師が教える普通学級から支援学級を考えるべきポイント」の文字
【どっちも担任経験あり!】普通学級と支援学級で迷ったときの解決法。ADHDやグレーゾーンの子どもの親必見!

続きを見る

「ADHDの子ども,子育ての悩みをパッと解決!ストレスを溜めずに育てる3つの方法」の文字
ADHDの子どもを働きながらストレスを溜めずに育てる3つの方法|子育ての悩みをパッと解決!

続きを見る

  • この記事を書いた人
kokou

kokou

子どもが好きです。子育て、ADHD、発達障害についての専門家。 心理大学卒の元小学校教師、元障害児通所支援事業所勤務、そして、メンタルケア心理士。子ども「に」教えるのは得意にしてきたが、現在、子ども「を」育てる難しさをパパとして勉強&奮闘中。

-ADHD

© 2024 てんブログ Powered by AFFINGER5