「すべてを購入!厳選レビュー!悩まず即決できる!あなたにオススメの「書籍セット」あり!ADHDの子育て本おすすめ9選」の文字

ADHD

【おすすめ9選】ADHDの子育て本|どれを買うべきか迷わず即決できる!

当ページはプロモーションが含まれています。

  • ADHDの子どもについて勉強するための「おすすめ本」が知りたい…。
  • 本を読んで子育ての悩みを解決したい…。
  • ADHDの子どもへの支援方法について本で学びたい…。
  • 結局、ADHDの子どもについて学ぶならどの本を買えばいいのかわからない…。

今回はこのような悩みを解決します。

 

ADHDの子どもを育てたり関わったりしていると悩むことがよくあります。そして、悩みを今すぐにでも解決したくて本を買おうとしたときに、

「どの本を買えばいいの…。」

困って悩む女性

と悩んで困ることってありますよね。

 

そこで今回は、ADHDの子どもに関わるおすすめ書籍を9冊紹介します。

 

今回、紹介する本は私が実際に購入して読んだ本の中から厳選して紹介しています。

kokou
「今回、紹介する『おすすめ本』一覧がこちらです。」

ADHDの子育て本,おすすめ「一覧」

 

あなたはどのタイプ?

文章を読むことに抵抗がなく、情報量もイラストも豊富で、ADHDの子どもについてしっかりと学びたい人におすすめ。

 

1冊でもADHDの子どもに関わる書籍を読んでいて、ADHDの子どもに対しての知識や支援の方法をさらに深く学びたい人におすすめ。

 

「このままで大丈夫かな…。」という悩んだ気持ちを解消して「大丈夫かも…。」と穏やかな気持ちになりたい人におすすめ。

 

ADHDの子どもについての知識や支援方法(接し方)についていろいろなパターンで学びたい人におすすめ。

 

ADHDの子どもについて知っておかないといけない基礎的な知識を幅広く学びたい人におすすめ。

 

文字よりもイラストでADHDの子どもの特徴や支援方法について学びたい人におすすめ。

 

「子どもが何を考えているのかわからない。」「どうしてこんなことをするのかわからない。」などの子どもの気持ちを理解したいと思っている人におすすめ。

 

発達障害の子どもについて年代別でわかりやすく支援の方法を学びたい人におすすめ。

 

発達障害の子どもの特徴や支援方法についてわかりやすく学びたい人におすすめ。

 

1冊ではなくセットでまとめて購入したい方はこちら→「タイプ別『おすすめセット』」

 

本記事の執筆者情報

私は子どもにかかわる仕事を10年以上経験してきました。

  • 元小学校教師(通常学級担任、特別支援学級担任をそれぞれ2年以上経験)
  • 元障害児通所支援事業所勤務(放課後等デイサービスで、未就学児から小学生までの発達障害の子どもの支援業務を2年以上経験)
  • 心理大学卒業のメンタルケア心理士(心理士資格取得のためにADHDの診断基準であるDSM-5を精神医科学基礎で学習。試験では満点。)

ADHDの子どもを育てたり関わったりするなら本を読むことをおすすめする理由

「本を読むことをおすすめする理由」の文字

ADHDの子どもを育てたり関わったりするなら本を読むことをおすすめする理由がこちらです。

  • ADHDの子どもに関わる知識がふえる
  • 悩みを解決するきっかけになる
  • 今後こまらないように準備できる

 

ADHDの子どもに関わる知識がふえる

ADHDの子どもに関わる本を読めば、

  • 知らないこと
  • わからないこと
  • 知りたいこと
  • 悩んでいること

などを簡単に学んだり解決したりすることができます。

 

そして ADHDの知識が増えることで、ADHDの子どもにはどのように、

対応するべきか

支援するべきか

わかるようになるので、今後の子育てに対して悩まずに安心して子どもと接することができるようになります。

kokou
「私も今回紹介した本は全て読みました。読むたびに知識が増えました。そして、実際に子ども対応をするときにあわてることがなくなったので、『本を読んでよかった』と今でも思っています。そして、これからも読もうと思っています。」

 

悩みを解決するきっかけになる

本を読むことで、今、あなたが悩んでいるADHDの子どもに関わる悩みを解決できるきっかけになります。

 

今回紹介している本には、具体的な支援方法や事例などが出ている書籍もあるので、あなたの悩みを解決できる可能性があります。また、ADHDの診断を受けた子どもの将来について不安になっていた悩みが本を読むことで解決することもあります。

kokou
「私もADHDの子どもを担任したときに、はじめは子ども対応に不安を感じていましたが、本を読むことで子どもに対しての支援方法や対応方法を学ぶことができて、そして、子どもの様子を実際に見ながら、本の内容と比較しながら、その子に合った適切な対応は何かを考える引き出しを増やすことができました。」

 

今後こまらないように準備できる

本を読むことで子どもの成長段階にあわせた悩みやトラブルに対して事前に準備をすることができるようになります。

 

本を読むことで子育ての事例や子どもの対応方法、年代別の支援方法などを知ることで、今後、あなたの子どもが成長したときに、どのような問題が起きる可能性があるのかがわかるようになります。

 

また、ほかのADHDの子どもを育てている保護者はどんな悩みを抱えていたのかを知ることができるようになるので、子どもがこれから成長したときの対策を事前に準備することができるようになって今後の子育てにこまらなくなります。

 

子育てをしていると、どうしても、今、その場その場、その日その日の対応に追われて子どもの将来のことなんて考える余裕がないこともあります。

 

そのようなときでも、本を読むことで今の子どもへの対応方法を学びつつ、それと同時に子どもの今後の成長段階で起こる可能性のある悩みを事前に知ることができます。

 

そして、そうならないために今から対策をすることができるようになります。

kokou
「私もADHDの子どもの成長段階別の課題や必要な支援の方法を知ることで、保護者へのアドバイスがより具体的に、そして、分かりやすく説明することができるようになりました。説明したときに感謝されたことを今でも覚えています。」

 

読まないと後悔するADHDの子育て本「おすすめ9選」

「読まないと後悔する!ADHDの子育て本おすすめ9選」の文字

あなたにオススメの読まないと後悔するADHDの子育て本「9選」がこちらです。

kokou
「気になる項目をクリックすればすぐに見ることができます。」

 

「ADHD 注意欠如・多動症の本 (育ちあう子育ての本)」

kokou
「文章を読むことに抵抗がなく、情報量もイラストも豊富で、ADHDの子どもについてしっかりと学びたいあなたにオススメです。」

 

こんな人にオススメ

悩むならまず買うべき本。しかし、文章を読むことに抵抗がない人向け。

 

かんたんな内容紹介

イラストが多くてとてもわかりやすいです。そして、内容も充実しているのでとってもおすすめです。しかし、イラストもたくさんあって文章としての内容も充実している理由は文字のサイズが小さいからです。そのため、文章を読むことが苦手な方には1冊目に読む本としてはおすすめできません。

 

文章を読むことに抵抗がなく、2冊目以降にイラストが豊富で、ADHDの子どもについてもっと学びたい人にはかなりおすすめの本です。

 

文章を読むことが苦手でもイラストやマンガの部分だけを読んで、気になったところだけを文章で深く学ぶだけでも価値があります。

 

本を読んで変化したこと学んだこと

イラストやマンガがいっぱいでわかりやすかったです。ADHDの特徴を短所ではなく長所として考える方法は勉強になりました。

 

実例集も豊富で、しかもマンガになっていたのでわかりやすく、今すぐにでも実践してみたいと思うことができました。

 

家族や兄弟、学校、ママ友などへの協力依頼の方法もいろいろあったので保護者へのアドバイス方法も学ぶことができました。さらに、教師目線の具体的な支援方法もたくさんあったので満足度は1番です。

 

 

バークレー博士によるADHDの子育てアドバイス

kokou
「1冊でもADHDの子どもに関わる書籍を読んで、ADHDの子どもに対しての知識や支援の方法をさらに深く学びたいあなたにオススメです。」

 

こんな人にオススメ

ADHDや発達障害の子どもについての本を1冊でも読んだ人は読むべき本。

 

かんたんな内容紹介

文字ばかりで読みにくいので上級者向けです。ページ数も「367ページ」で多いです。そのため、ADHDについて学ぼうとしたときに、初めて読む本としてはオススメできません。しかし、2冊目以降の人は読まないともったいない本です。それほど学びの深い本で「何度も読まなきゃ」と思える本です。

 

多くの ADHD の子どもに関わる保護者と家族に寄り添った著者が書いた本で、ADHD の子どもを育てるときにたいせつな原則や注意点、解決策などが詳しく紹介されています。

 

本の内容としては最初にADHDの子どもについて知っておくべき基礎的な知識が例題を通して分かりやすく解説されています。そのため、あなたの子どもと重ねながら場面を想像することが簡単にできるはずです。

 

しかし、すべての事例が外国人なので「日本人ではない」というところに若干の違和感があります。それでも、たくさんの事例や成功した有名人などが紹介されているのでイメージしやすいと思います。また、職種を問わずいろいろなパターンでADHDの子どもが大人になって成功した例が紹介されているので、子どもの将来に対して不安をもっているあなたにはおすすめの本です。

 

本で紹介されている原則は「12種類」紹介されていて、子どもの様々なパターンに合わせて紹介されています。そして、子どもに対してどのように接したらいいのかということがそれぞれの項目で詳しく書かれています。

 

事例も複数あって、さまざまなパターンでの支援の必要性について紹介されています。支援をすることで得られる成果なども事例をもとに説明してくれているのでとても勉強になります。

 

本を読んで変化したこと学んだこと

子どもに接する方法について詳しく、また、それぞれの支援方法がどうして必要なのかを根拠も示しながら説明してくれているので、とても学びの深い本で「読んでよかった」と思っています。

 

そして、家族として子どもにどのように接したらいいのか考えるきっかけにもなりました。

 

定期的に本を読み返すことで自分なりに子育ての指針(基準)ができた気がします。

 

第4の原則は為になりました。第6原則と第7原則はいろいろな例文があるので読む価値があります。そして、72ページの「30%ルール」は知っておいて損はありません。

 

 

ADHDの子の育て方のコツがわかる本

kokou
「『このままで大丈夫かな…。』という悩んだ気持ちを解消して『大丈夫かも…。』と穏やかな気持ちになりたいあなたにオススメです。」

 

こんな人にオススメ

ADHDの子どもに関わる人ではなく「ADHDの子どもを育てる保護者」におすすめ。

 

かんたんな内容紹介

一冊目におすすめの本です。そして、ADHDの子どもを育てる保護者は読むべき本です。子どもが大人になるまでに気を付けたい支援方法や育て方がわかりやすく書いてあります。

 

「このままで大丈夫かな…。」という悩んだ気持ちが、この本を読んでいると、「大丈夫かも…。」と穏やかな気持ちになれるような本です。

 

読みはじめが分かりやすく共感できる内容のマンガになっていて読みやすいです。

 

支援方法は広く浅くといった感じなので、1冊の本だけでADHDの子どもについて深く知りたいと考える人にはおすすめできません。ほかの本と比べても支援方法の数は多くありませんが、それでもADHDの子どもにとっては「あるあるの場面」での支援方法の内容が紹介されているので見る価値ありです。

 

今、あなたが悩んでいる子育ての心配事に対しても「どのように考えれば楽になるのか」という考え方や支援方法について教えてくれる本です。

 

本を読んで変化したこと学んだこと

支援方法がわかりやすく、そして、「良い例」「悪い例」、さらに、それぞれの対応をしたときに子どもにどのような変化があるのかイメージさせてくれる内容になっているので、自分の支援方法が良い例になっているのか考えるきっかけをくれる本でした。

 

 

子どもと家族のためのADHDサポートブック

kokou
「ADHDの子どもについての知識や支援方法(接し方)についていろいろなパターンで学びたいあなたにオススメです。」

 

こんな人にオススメ

初心者におすすめ。本を読むことに抵抗がなく「ADHDの子どもに関わる人」は買っておくべき本。

 

かんたんな内容紹介

イラストがわかりやすいです。特にADHDの子どもについてわかりやすくイメージできるようにじっくりと書かれています。

 

あなたが今抱えている子育ての悩みの1つは解決できるはずです。それぐらいわかりやすく、そして、読んで納得できる本です。子どもが大人になるまでの将来に向けての配慮事項も紹介されています。

 

内容的にはとてもわかりやすいですが、文章が縦書きと横書きの部分があることがちょっと気になるかもしれません。しかし、それでも内容がわかりやすく、そして、イラストもいっしょにあるので抵抗なく読めると思います。

 

ADHDの子どもに関わる人や先生向けの対応方法も紹介されています。

 

特に教室でのADHDの子どもの様子や行動、そして、そのときに必要な対応方法については具体的でイメージがしやすいです。

 

元小学校教師の私でも納得できる内容だったので、今、教師をしている人や、教師を目指している人、ADHDの子どもに関わる仕事をしている人にはおすすめの本です。

 

本を読んで変化したこと学んだこと

子どもへの支援方法(接し方)もいろいろなパターンで紹介されていて勉強になりました。支援方法を紹介するページの中に、ちょっとだけある「やってはいけない対応」がすべての接し方に紹介されているので、やって良い支援とダメな支援がわかりやすかったです。

 

 

ADHDのある子を理解して育てる本

kokou
「ADHDの子どもについて知っておかないといけない基礎的な知識を広く学びたいあなたにオススメです。」

 

こんな人にオススメ

文字とイラストで学びたい「ADHDの子どもを育てる保護者」におすすめ。

 

かんたんな内容紹介

文字とイラストでわかりやすくADHDの子どもについての基本的な知識と子どもへの関わり方について学べる本です。イラストがあることで支援の方法もイメージしやすいです。しかし、すでにADHDの子どもに関わる本を購入していて2冊目以降にこの本を買う場合は物足りなさを感じるかもしれません。

 

それだけADHDの子どもについて知っておかないといけない基礎的な知識を広くわかりやすく説明された本です。

 

本を読んで変化したこと学んだこと

ADHDの子どもについての基礎知識をしっかりと学ぶことができました。また、ADHDの子どもに関わることで起こる疑問や不満に対してどうやって対応したら良いのか紹介されている部分はとても勉強になりました。

 

 

最新図解 ADHDの子どもたちをサポートする本

kokou
「文字よりもイラストでADHDの子どもの特徴や支援方法について学びたいあなたにオススメです。」

 

こんな人にオススメ

文字よりもイラストやマンガでADHDの子どもについて学びたい人におすすめ。

 

かんたんな内容紹介

ADHDの子どもについての基礎的な知識から接し方についてわかりやすく説明された本です。

 

支援方法も具体的に長い文章で説明されているわけではなく、最低限、知っておくべき内容や子どもを支援するときに押さえるべきポイントに絞って紹介されています。

 

そのため、すでにADHDの子育て本などを何冊か読んでいる人には物足りなさを感じるかもしれません。文字よりもイラストでADHDの子どもの特徴や支援方法について学びたい人で、さらに、1冊目に選ぶ本としておすすめです。

 

本を読んで変化したこと学んだこと

ADHDの子どもを支援するときに最低限知っておかなければいけないポイントや支援をするときに気をつけなければいけないポイントを再確認することができました。また、年代別の支援方法も理解することができて幅広い年代のADHDの子どもへの関わり方について気をつけなければポイントを学ぶことができました。

 

 

「心の声」を聴いてみよう! 発達障害の子どもと親の心が軽くなる本

kokou
「『子どもが何を考えているのかわからない。』『どうしてこんなことをするのかわからない。』などの子どもの気持ちを理解したいと思っているあなたにオススメです。」

 

こんな人にオススメ

発達障害について幅広く学びたくて子育てに悩んでいる「保護者」におすすめ。

 

かんたんな内容紹介

子どもへの支援方法がイラストやマンガでわかりやすく紹介されています。さらに、生活の中で子どもがどのようなことで困ったり考えたりしているのかをマンガでわかりやすくイメージできるようになっています。

 

子どもだけではなく親の悩みに対しても色々なパターンで対策や考え方について紹介されているので読んでみる価値はあると思います。

 

内容としては ADHD に特化した子どもの特徴や悩み、支援方法について紹介された本ではなく、ADHD、発達障害全般、グレーゾーン、自閉症傾向など様々な子どものことについて紹介された本なので、ADHDの子どものことだけを知りたい方にはおすすめできません。しかし、ADHD 傾向のある子どもにも当てはまるような内容や役に立つ支援方法もたくさんあるので読んで損はありません。

 

たくさんの事例があるので、今、あなたが子育てで悩んでいる内容と同じような状況での支援方法も紹介されていると思います。

 

本を読んで変化したこと学んだこと

この本では悩みを抱えた子どもがたくさん登場するので、いろいろな場面での支援方法や対応方法について学ぶことができました。そして、登場してきた子どもの事例は、私が小学校教師や放課後等デイサービスで勤務していたときに出会った子どもたちとすべてが重なる内容でビックリしました。

 

 

「発達障害」だけで子どもを見ないで その子の「不可解」を理解する

kokou
「発達障害の子どもについて年代別でわかりやすく支援の方法を学びたいあなたにオススメです。」

 

こんな人にオススメ

乳幼児期の子どもを育てる親や発達障害の子どもに関わる仕事をしている人におすすめ。

 

かんたんな内容紹介

子どもの成長に合わせて4つの時期に合わせた支援方法や対応方法について紹介されています。

 

はじめて発達障害についての参考書を購入する人よりも2冊目以降に購入しようと考えている人におすすめです。

 

発達障害全般についての内容なので、ADHDの子どもの情報だけを知りたい方にはおすすめできませんが、ADHDの子どものストーリーもいくつかあるので参考になるはずです。

 

そして、それぞれのストーリーに出てくる子どもの内容はとてもイメージがしやすく、設定が細かくされていてトラブルの内容もよくありそうな内容なのであなたの子どもにも当てはまる場面があると思います。そして、参考になります。

 

ほかにも、専門機関への相談内容をいろいろなパターンで紹介してくれているので、悩んでいることをどうやって伝えたらいいのか困ったときにも参考になると思います。

 

本を読んで変化したこと学んだこと

発達障害の子どもの支援や対応方法について学べるだけではなく、それぞれの事例として登場する子どもの抱えている問題や悩みなどの支援方法について学ぶことができました。

 

さらに、なぜ、子どもがそのような行動を取ってしまうのかという「子どもの気持ち」まで詳しく説明されているのでとても勉強になりました。

 

ストーリー仕立ての内容に対してしっかりとした支援方法や対策方法、そして、保護者に対してのアドバイスの仕方などもわかりやすく書かれていたので読んで良かったと思います。

 

 

発達障害を見過ごされる子ども、認めない親

kokou
「発達障害の子どもの特徴や支援方法についてわかりやすく学びたいあなたにオススメです。」

 

こんな人にオススメ

ADHDや発達障害の子どもについての知識を幅広く学びたい人におすすめ。

 

かんたんな内容紹介

ADHDだけではなく発達障害全般の知識を得ることができる本です。そのため、ADHDの子どもについての知識だけが知りたい方にはおすすめできません。しかし、発達障害、軽度の発達障害、ADHD、アスペルガー症候群、学習障害(LD)、自閉症、愛着障害などの特徴を「事例」や「データ」と合わせて説明してくれているので勉強になります。そして、内容もわかりやすいです。

 

発達障害の子どもを育てる親の悩みへの対応方法や、子どもの将来の職業選択についても書かれているので参考になるはずです。

 

本を読んで変化したこと学んだこと

この本では、発達障害についての知っておくべき基本的な内容がわかりやすく書かれているので、すぐに理解することができました。さらに、発達障害の子どもをもつ親のために書かれているので、保護者に悩みを相談されたときに的確なアドバイスができるようになったことを今でも覚えています。

 

 

どれを買ったらいいか悩んだときのタイプ別「おすすめセット」

「ADHDの子育て本,あなたにオススメ!書籍セット3冊」の文字

上記で紹介した「ADHDの子育て本『おすすめ9選』」を見ても、

  • 結局、どれを買ったらいいのかわからない…。
  • おすすめの本がいっぱいありすぎて決めきれない…。
  • 自分にあった読むべき本を「まとめて購入」したい…。

などと考えているあなたにおすすめの「書籍セット」を紹介します。

 

本は読めば読むほど自分の価値を高めてくれます。そして、本で学んだ知識はこれから子育てをするときのお守りになるので、悩むぐらいならまとめて購入することをオススメします。

 

「知っている」と「知らない」では子育ての悩みや問題にぶつかったときの対応に大きく差が出ます。

 

ADHDの子どもを育てる保護者に「おすすめの書籍セット」

ADHDの子どもを育てる保護者に「おすすめの書籍セット」をタイプ別で紹介します。

 

悩むぐらいなら「まとめて購入」するか、おすすめセットの中から「1つ選んで購入する」ことで失敗を避けられます。

 

【初めての購入】文章を読むことが苦手な人

はじめてADHDの子どもに関わる本を買おうとしているけれど、文章を読むことが苦手なあなたにオススメする「書籍セット」がこちらです。

 

「【初めての購入】ADHDの子どもを育てる保護者,文章を読むことが苦手,おすすめセット」の文字

 

ADHDのある子を理解して育てる本

 

ADHDの子の育て方のコツがわかる本 

 

最新図解 ADHDの子どもたちをサポートする本

 

【初めての購入】本を読むことが好きな人

はじめてADHDの子どもに関わる本を買おうとしていて、文章を読むことが好きなあなたにオススメする「書籍セット」がこちらです。

 

「【初めての購入】ADHDの子どもを育てる保護者,本を読むことが好き,おすすめセット」の文字

 

ADHDの子の育て方のコツがわかる本

 

バークレー博士によるADHDの子育てアドバイス

 

ADHD 注意欠如・多動症の本 (育ちあう子育ての本)

 

2冊目以降に追加で本を購入して読みたい人

すでにADHDの子どもに関わる子育て本を読んでいて、ADHDの子どもについての知識をさらに深めたいと考えているあなたにオススメする「書籍セット」がこちらです。

 

「【2冊目以降】ADHDの子どもを育てる保護者,追加で本を購入して読みたい,おすすめセット」の文字

 

「発達障害」だけで子どもを見ないで その子の「不可解」を理解する

 

バークレー博士によるADHDの子育てアドバイス

 

ADHD 注意欠如・多動症の本 (育ちあう子育ての本)

 

ADHDの子どもに関わる仕事をしている人に「おすすめの書籍セット」

ADHDの子どもに関わる仕事をしている人に「おすすめの書籍セット」をタイプ別で紹介します。

 

悩むぐらいなら「まとめて購入」するか、おすすめセットの中から「1つ選んで購入する」ことで失敗を避けられます。

 

【初めての購入】文章を読むことが苦手な人

はじめてADHDの子どもに関わる本を買おうとしているけれど、文章を読むことが苦手なあなたにオススメする「書籍セット」がこちらです。

 

「【初めての購入】ADHDの子どもに関わる仕事をしている人,文章を読むことが苦手,おすすめセット」の文字

 

最新図解 ADHDの子どもたちをサポートする本

 

ADHDのある子を理解して育てる本

 

ADHD 注意欠如・多動症の本 (育ちあう子育ての本)

 

【初めての購入】本を読むことが好きな人

はじめてADHDの子どもに関わる本を買おうとしていて、文章を読むことが好きなあなたにオススメする「書籍セット」がこちらです。

 

「【初めての購入】ADHDの子どもに関わる仕事をしている人,本を読むことが好き,おすすめセット」の文字

 

子どもと家族のためのADHDサポートブック

 

「発達障害」だけで子どもを見ないで その子の「不可解」を理解する

 

バークレー博士によるADHDの子育てアドバイス

 

2冊目以降に追加で本を購入して読みたい人

すでにADHDの子どもに関わる子育て本を読んでいて、ADHDの子どもについての知識をさらに深めたいと考えているあなたにオススメする「書籍セット」がこちらです。

 

「【2冊目以降】ADHDの子どもに関わる仕事をしている人,追加で本を購入して読みたい,おすすめセット」の文字

 

発達障害を見過ごされる子ども、認めない親

 

バークレー博士によるADHDの子育てアドバイス

 

ADHD 注意欠如・多動症の本 (育ちあう子育ての本)

 

まとめ:あなたが買うべきADHDの子育て本は、今回紹介したオススメ書籍「9選」の中にある

「まとめ」の文字

今回は、ADHDの子どもに関わるおすすめ書籍を9冊紹介しました。

 

まず、本を読むことは自分の価値を高めるだけではなく、本で学んだ知識はこれから子育てをするときのお守りになります。そのため、本を読むことは強くオススメします。

 

ADHDの子どもを育てたり関わったりするなら本を読むことをおすすめする理由がこちらです。

  • ADHDの子どもに関わる知識がふえる
  • 悩みを解決するきっかけになる
  • 今後こまらないように準備できる

 

今回紹介したADHDの子育て本の中から、ぜひ、あなたに今「必要な本」を見つけて子育ての悩みを解決しましょう。

 

それでもまだ、

  • どれを買ったらいいのかわからない…。
  • おすすめの本がいっぱいありすぎて決めきれない…。
  • 自分にあった読むべき本を「まとめて購入」したい…。

などと悩んだときには、「タイプ別『おすすめセット』」からあなたに合った書籍を選ぶことで失敗を避けられます。

 

後悔しないためにもここまで読んだならば、まずは本を1冊でもいいので読んでください。本で学んだ知識は必ずあなたの子育てに役立ちます。

 

「わからない」よりも「対応できるかも」と思っているほうが日頃の生活におだやかな時間がふえるようになります。

 

そのためにも、まずは1冊、今すぐ買って読んでみることをおすすめします。

 

今回紹介した「おすすめ本9選」

文章を読むことに抵抗がなく、情報量もイラストも豊富で、ADHDの子どもについてしっかりと学びたい人におすすめ。

 

1冊でもADHDの子どもに関わる書籍を読んでいて、ADHDの子どもに対しての知識や支援の方法をさらに深く学びたい人におすすめ。

 

「このままで大丈夫かな…。」という悩んだ気持ちを解消して「大丈夫かも…。」と穏やかな気持ちになりたい人におすすめ。

 

ADHDの子どもについての知識や支援方法(接し方)についていろいろなパターンで学びたい人におすすめ。

 

ADHDの子どもについて知っておかないといけない基礎的な知識を広く学びたい人におすすめ。

 

文字よりもイラストでADHDの子どもの特徴や支援方法について学びたい人におすすめ。

 

「子どもが何を考えているのかわからない。」「どうしてこんなことをするのかわからない。」などの子どもの気持ちを理解したいと思っている人におすすめ。

 

発達障害の子どもについて年代別でわかりやすく支援の方法を学びたい人におすすめ。

 

発達障害の子どもの特徴や支援方法についてわかりやすく学びたい人におすすめ。

  • この記事を書いた人
kokou

kokou

子どもが好きです。子育て、ADHD、発達障害についての専門家。 心理大学卒の元小学校教師、元障害児通所支援事業所勤務、そして、メンタルケア心理士。子ども「に」教えるのは得意にしてきたが、現在、子ども「を」育てる難しさをパパとして勉強&奮闘中。

-ADHD

© 2024 てんブログ Powered by AFFINGER5