「幼児期のADHDの子ども専用!あそび+学習=急成長」の文字

ADHD

ADHDの幼児があそび感覚で始められる学習5選|忙しくてもできる対策あり!

当ページはプロモーションが含まれています。

うちの子はADHDです。

ADHD傾向です。

幼児です。

  • まわりの子よりも勉強ができない気がする…。
  • そろそろ学習をさせたい…。
  • 「幼児からできる学習」ってどんなものがあるのかな?

今回はこのような悩みや疑問を解決します。

 

幼児のころからできる学習方法を知りたいけれど、どんなことをしたらいいのかわからなかったり、子どもがなぜか「勉強」と聞くとイヤがったりして、

「どうしたらいいの…。」

困って悩む女性

と困ることってありますよね。

 

そこで今回は、ADHDの幼児があそび感覚で始められる学習5選とその活用方法について紹介します。

さっそく知りたい方はこちら。

「あそび感覚で始められる学習5選」

 

今回の記事を読むことで、

  • ADHDの幼児の子どもが楽しんで学習をするようになる

さらに、遊びを勉強に変える方法についてわかることで、「こんなちょっとしたことで子どもが変わるんだ。」と思えて、そして、今まで「勉強させなきゃ!」とあせって悩んでいたあなたの気持ちがパッとなくなります。

 

保存版

【悩み解決】ADHDの子どもの「育て方の悩み」をまとめて解決したい方はこちら。

≫【必読・保存版】ADHDの子どもの子育てに悩んだらまず読む記事|幼児から小学生対象。

 

本記事の執筆者情報

私は子どもにかかわる仕事を10年以上経験してきました。

  • 元小学校教師(通常学級担任、特別支援学級担任をそれぞれ2年以上経験)
  • 元障害児通所支援事業所勤務(放課後等デイサービスで、未就学児から小学生までの発達障害の子どもの支援業務を2年以上経験)
  • 心理大学卒業のメンタルケア心理士(心理士資格取得のためにADHDの診断基準であるDSM-5を精神医科学基礎で学習。試験では満点。)

この経験を通して、たくさんの子どもを見てきました。

 

「勉強」と聞くだけで逃げだす子

5分も座って勉強ができない子

勉強をイヤがってやらない子

そして、そのような子どものお母さんから、

「子どもに勉強をさせたいけれど、どうやって勉強させたらいいのかわかりません。どうしたらいいですか?」

白旗を上げて困っている女性

と相談を受けて、その子の個性や特徴を考えながらアドバイスをしてきました。

 

今回の支援方法は、幼児のADHDの子どもに学習させるためにはどうやって支援したらいいのか考えて、なやむお母さんにアドバイスをして、すぐにつかえて効果のあった方法を提案しています。

 

【幼児専用】

ADHDの幼児には遊びを通して学習させるべき理由

「ADHDの幼児には遊びを通して学習させるべき理由」の文字

ADHDの幼児には遊びを通して学習させるべき理由がこちらです。

理由

遊びながら学習する方が「知識」や「できること」がふえる

 

幼児期のADHDの子どもは、座って勉強するよりも、遊びながら楽しく学習するほうが知識をふやすことができます。私が出会った未就学児(幼児)のADHDの子どものほとんどが、

  • 落ち着きがなくてずっと動きまわる
  • 自分のやりたいことだけをする
  • ずっとしゃべり続ける
  • 興味がないことはまったくやろうとしない
  • ちょっとでもイヤだと思うとやらない

ことが、いつものことでした。

ADHDの特性についてもっと詳しく知りたい方はこちら→NCNP病院 国立精神・神経医療研究センター

しかし、学習の土台作りとして、子どもの将来のためを考えて勉強を教えなければいけなかったので、

「きょうも勉強しよう♪」

「勉強したあとはいっぱい遊べるよ♪」

「かしこく勉強できるかな?」

などと声かけをしながら、子どもをなんとかイスに座らせて勉強をさせていました。しかし、勉強に集中できなくなったりイヤがってイスから降りようとしたり、興味のあるおもちゃを見つけて遊ぼうとしたりして、10分(ひどいときは3分)も学習が続かないことがほとんどでした。そのようなときに、私が考えたのが「学習にあそび感覚を取り入れる」ことでした。

物の名前をおぼえる

相手の気持ちを理解する

文字をキレイに書く

集中力を身につける

考える力を養う

など、この時期の子どもに身に付けさせたい力を、できるだけ遊びとつなげて学べるように工夫することで、子どもは意欲的に、そして、楽しみながら最後まで集中して勉強することができるようになりました。

kokou
「学習にあそび感覚を取り入れることで、子どもは『ただ遊んでいる』と思っているときも、こちらが子どもに身に付けさせたい力や学ばせたい学習内容を教えたりすることが簡単にできるようになりました。」

 

このように、あそび感覚でできるような学習を取り入れることで、

  • 子どもはできることが増える
  • 私は子どもをたくさん褒めることができる

ので、お互いに、

  • 勉強をする
  • 勉強をおしえる

ことに対してストレスを溜めることがなくなりました。さらに、今までがんばってイスに座らせて勉強をさせようとしていたときよりも、子どもの「知識」や「できること」がたくさん増えました。そして、

kokou
「もっと早く実践すればよかったなぁ。」

と今は後悔しています。

 

これが、ADHDの幼児には遊びを通して学習させるべき理由です。

 

ADHDの幼児が「勉強をキライ」になるきっかけ

「ADHDの幼児,「勉強をキライ」になるきっかけ」の文字

ADHDの幼児は、

あそべない

たのしくない

おこられる

と思うことで「勉強をキライ」になります。そのため、ADHDの幼児に勉強させるためには、「ほめて、ほめて、やる気にさせて勉強させる」ことがたいせつです。しかし、

  • 落ち着きがない
  • まわりのことが気になる
  • 集中がつづかない

ADHDの子どもにとって、勉強に対して苦手意識をもっていると、イスに座って勉強させようとするだけでイヤがって大きな声を出して抵抗したり暴れたりします。そのような勉強に対してやる気になれない子どもに、

「勉強するよ!」

「すわりなさい!」

「勉強のときは集中しなさい!」

などと子どものことを怒っても意味がありません。

これでは、

  • 怒られるから勉強する
  • イヤイヤ勉強をする
  • 自分の気持ちを我慢して勉強する

ことになってしまい、これをくり返すことで、

学習への意欲

学ぼうとする姿勢

「新しいことを知りたい」という気持ち

などが、子どもから出てこなくなって「勉強」という言葉を聞くだけでイヤがるような子どもになってしまいます。

 

幼児期から勉強をキライになってしまうと、小学生になったときにはもっと勉強することをイヤがります。そして、苦労することになります。なぜなら、勉強がわからないと学校の授業についていけなくなるので、学校生活が楽しくなくなってしまうからです。

 

子どもがこの状態だと、

  • 勉強をさせることが大変になる
  • 学校へ行かせることに苦労する
  • どうしたら学校へ楽しんで行ってくれるのか悩む
  • 学校の先生との相談回数がふえる

ことになるので、今以上に子育てが大変になってしまう可能性があります。そうならないためにも、今、勉強することをイヤがっている子どもに、

ムリやり座らせて、

  • 集中しなさい!
  • 勉強しなさい!

と怒りながら子どもに学習をさせているのであれば、今すぐに子どもへの学習支援の方法を考えなおすようにしましょう。そして、

  • 子どもが将来、勉強をキライにならない
  • あなたが将来、子どもの勉強で苦労しない

ように、これから紹介する幼児期のADHDの子ども専用の「あそびを中心とした学習スタイル」に変えることを強くおすすめします。

 

つぎの項目で紹介する方法は、すぐに始められる学習方法です。すべての学習方法を実践するだけで、子どもが今日から「学習する子ども」に変わります。もちろん、子どもが落ちついて、楽しみながら、そして、イスに座って集中して勉強ができるようになる方法も紹介しています。

 

ADHDの幼児があそび感覚で始められる学習5選

「ADHDの幼児,学習5選」の文字

ADHDの幼児があそび感覚で始められる学習5選がこちらです。

この5つの学習は、子どもが「楽しくあそび感覚」で始められる学習です。そして、うまく活用することで子どもの学習意欲を育てることができます。それでは、1つずつ紹介します。

 

フラッシュカード

フラッシュカードの絵

ADHDの幼児にあそびを通して学びを深めさせるためにはフラッシュカードがおすすめです。

 

フラッシュカードは子どもに、

  • 生き物
  • 乗り物

などの名前を簡単に覚えさせることができます。子どもが好きなジャンルならば、ADHDの子どもは集中して、そして、楽しみながら覚えます。

kokou
「私が出会った子どもは『乗り物』が好きで、フラッシュカードの出てくる順番まで覚えていました。」

 

注意

フラッシュカードの絵を見て答えさせるだけだと、子どもはすぐに飽きてしまいます。そして、単純にフラッシュカードをくり返していくだけでは、あそび感覚ではなく、「ただの勉強」になってしまうので注意しましょう。

「それならどうしたらいいの?」

悩む顔のママ

フラッシュカードとして使うだけではなく、カルタとして使うことをおすすめします。

「フラッシュカードでカルタ?」

考えるママ

 

ルール

いろいろなジャンルの絵(フラッシュカード)を置いて、言われたカードを取る

これだけで、子どもは単純なフラッシュカードに飽きても、また、あそび感覚で楽しみながらフラッシュカードの学習ができるようになります。さらに、2つ、3つ、と

kokou
「連続で言ってもおぼえて取れるかな?」

と子どもに言えば、子どもはもっと楽しみながら、そして、言われたことを聞き逃さないようにしながら集中してがんばろうとします。

 

このように、フラッシュカードをただパッパッパッと使うだけでなく、ほかの使い方も意識することで、子どもはあそびながら「物の名前」を覚えるだけではなく「集中力」や「記憶力」をいっしょに身につけることができるようになります。

 

積み木(ブロック)

積み木をしている絵

ADHDの幼児にあそびを通して学びを深めさせるためには積み木(ブロック)がおすすめです。

 

積み木はくっつけたり重ねたりすることで、手先の器用さや集中力を養うことができます。さらに、どんな物をつくるか考えることで、想像力も子どもに身につけさせることができます。しかし、積み木を、

  • くっつける
  • 重ねる
  • 何かをつくる

だけだと、幼児は飽きます。とくにADHDの子どもの場合は積み木やブロックあそびを好きにならなければ、すぐに遊ぶことをやめてしまいます。そのため、子どもが積み木でたのしく遊べるように工夫することがたいせつです。

 

ADHDの幼児に積み木やブロックを「あそび感覚」で学習させるためにも、

  • 「1分間」でどれだけ高く積むことができるか
  • ちがう形だけで、どんな物が作れるか
  • 言われた色や形の積み木やブロックを集めて持ってくる

など、ただの積み木やブロック遊びにちょっとしたルールをくわえてあげることで、子どもは楽しんで、そして、集中してブロック遊びをするようになります。さらに、「ルールを守ることで楽しめる」ということを子どもに教えられるきっかけにもなります。

 

ほかにも、積み木やブロックをあそび感覚で学習することで、子どもは「色の名前」や「形」をより覚えられるようになります。

もっとレベルを上げるなら、

  • 個数

を、変えて子どもに伝えることで記憶力も身につけられるようになるのでおすすめです。

 

ごっこ遊び

ごっこ遊びをしている絵

ADHDの幼児にあそびを通して学びを深めさせるためには、ごっこ遊びがおすすめです。

 

ごっこ遊びとは、

  • おままごと
  • 電車ごっこ
  • たたかいごっこ
  • おひめさまごっこ

などの、見立てあそびや何かの役になりきって、想像力やコミュニケーション能力などを幼児期に身に付けることができる学習内容です。そして、ADHDの幼児に「あそびを通して」学習させるきっかけとしてとってもおすすめです。

 

ごっこ遊びは、おもちゃを使って相手と会話をしながら遊ぶので、

  • 「物の名前」をおぼえる
  • 人と話をするときの方法を学ぶ
  • 場面を設定して「人物」になりきることで相手の気持ちを考える
  • 相手にうまく伝えられるように工夫する

などの、子どもが将来、自立するための土台作りとして必要なコミュニケーション能力をかんたんに身につけさせることができるようになります。そして、ごっこ遊びをADHDの幼児とするときのポイントが、子どもの立場を上にしてあげることです。

  • お父さん
  • お母さん
  • お兄さん
  • お姉さん
  • 店員さん
  • 先生
  • etc.

などの「教える側」になりきらせることで、子どもは「しっかりしなきゃスイッチ」が入って、はりきってごっこ遊びをするようになります。そして、子どもが使う言葉も、相手に伝わるようにわかりやすく教えようとするしゃべり方に変わるので、ADHDの子どもが苦手な「相手の気持ちを考えることの大切さ」をかんたんに学べるきっかけを作ることができるようになります。

 

お絵かき

お絵かきをしている絵

ADHDの幼児にあそびを通して学びを深めさせるためには、お絵かきがおすすめです。

 

お絵かきは紙とペンがあればすぐにできるので、幼児の子どもにはおすすめの「あそび感覚でできる学習」です。

 

お絵かきは、勉強で必要な「書く」という作業につながるので、しっかりと遊びを通して学ばせるようにしましょう。しかし、ただ、お絵かきをするだけでは子どもはすぐに飽きてしまいます。とくにADHDの子どもは「お絵かき」に興味がなければ、お絵かきを続けさせることはむずかしいです。

 

そのようなときの対策として、

  • クイズにして遊びの要素をふやす
  • 対決形式の遊びを取り入れる

ことで、ADHDの幼児でも楽しんでお絵かきに参加することができるようになります。

kokou
「それぞれについて詳しく紹介します。」

 

クイズにして遊びの要素をふやす

ただ絵を描くだけでは、すぐにお絵かきをやめてしまうADHDの幼児でも、クイズにすることで楽しんでお絵かきをするようになります。

クイズの内容としては、

何を描いているでしょう?

と、子どもに描いた絵を見せて当ててもらうだけです。これだけで、子どもはあそび感覚でよろこんで学習します。子どもがクイズになれてきたら、子どもに絵を描いてもらうようにすれば、子どもは楽しんでお絵かきをするようになります。さらに、「絵に描いた物をさがして持ってくる」という条件をくわえることで、子どもはより楽しんでお絵かきをするようになります。

 

対決形式の遊びを取り入れる

どっちが「○」「△」「□」の形をキレイに描けるかを対決します。

 

子どもは対決になるだけで、よろこんで、そして、集中して描くことに取り組みます。そして、ADHDの幼児の子どもにとって「集中してキレイに描こうとする姿勢」が、文字をキレイに書けるようになるきっかけになります。

 

「○」「△」「□」の形は、

  • 曲線
  • 直線
  • まがり

などの、「ひらがな」「カタカナ」の要素がたくさん入っているので、このあそび感覚の学習を取り入れることが、将来、子どもがキレイな文字を書けるきっかけになります。

 

通信教育【「学習」と「遊びの要素」が詰まっている】

「通信教育」をしている絵

ADHDの幼児にあそびを通して学びを深めさせるためには通信教育がおすすめです。

 

上記の4つは、幼児期のADHDの子どもがあそびながら、そして、楽しみながら学びを深められる学習です。しかし、どの学習もママが最初から最後までしっかりと子どもの相手をしてあげることで学習が成立します。

 

さいごは、ちょっとした声かけやサポートだけで子どもが1人でも楽しみながら学べる方法を紹介します。それが、通信教育です。

kokou
「ADHDの子どもにおすすめの通信教育がこちらです。」

 

おすすめの通信教育

≫【スマイルゼミ】ADHDの子どもにおすすめ。タブレットだけですべてが解決。2022年4月から、学習内容の学年を超えて学べる無学年学習導入)

≫【こどもちゃれんじ】(毎月、子どもが楽しめる学習教材が届く)

幼児に勉強させようと考えたときに「通信教育」を利用するママは多いです。

知っていますか?

幼児の3人にひとりが「勉強系」の習い事をしていて、

年少~年長の学習方法で最も多いのは通信教材が53%

引用 エデュケアポイント【保護者アンケート】子供の家庭学習、塾通いetc…勉強の方法を徹底調査!

というデータもあります。通信教育なら、子どもが楽しんで夢中になれる学習教材がたくさんあるので、子どもは1人でも取りくめて、そして、楽しみながら勉強をすることができます。また、幼児期から通信教育を利用することで、小学校への学習準備もしっかりとできるので、子どもが小学生になったときに、子育ての悩みをグッと減らすことができるようになります。

 

そのため、まだ通信教育を利用していないなら、子どもが小学生になって苦労しないように、子育ての悩みを増やさないようにするためにも今から利用することを考えないと後悔する可能性があります。しかし、「スマイルゼミ」と「こどもちゃれんじ」はどちらがいいのか悩むと思います。

 

それぞれの特徴を「ひと言」で紹介します。

スマイルゼミ

タブレット1台ですべてが解決します。

こどもちゃれんじ

毎月、子どもが楽しめる教材がいろいろ届きます。

 

「もうひと言」紹介します

スマイルゼミ

まいにち忙しいママでも安心。子どもが1人でも夢中になって学習できる。

こどもちゃれんじ

子どもにいろいろ教えてあげたいママにおすすめ。たくさんの教材あり。

 

注意

どちらを利用するかをすぐに決めることはありません。まずは失敗しないように、子どもに合っているのはどちらなのか、無料の資料請求をしてみましょう。たいせつなことは考えながら行動することです。

 

資料請求は無料です。損することはないので悩むなら行動しないと後悔するかもしれません。

※両方の資料を請求してどっちが子どもに合っているのか決める人もたくさんいます。失敗しない「かしこい方法」です。

 

 

 

「もっと詳しく知りたい!」というあなたにはこちらの記事を読むことをおすすめします。

「2つに分かれた道」の写真に書かれた記事タイトル
ADHDの子どもに「スマイルゼミ」と「進研ゼミ」どっちがいいのか『7つの比較』で判断!幼児から小学生まで対応。

続きを見る

 

忙しくてもできるADHDの幼児に効果的な学習対策

「ADHDの幼児,忙しくてもできる!学習対策」の文字

仕事や家事、育児に追われて、いつも忙しく、どうしても子どもに学習対策ができないことに悩んでいるあなたは、今すぐ習い事を利用して悩みを解決することをおすすめします。

 

幼児期の子どもにとってたいせつなことは、

  • 遊び感覚ではじめられる
  • 気づけば勉強につながっている

ことです。そのため、子どもとの関わりの中で勉強につながるような支援をしてあげることがたいせつですが、仕事や家事、育児に忙しくて子どもに対して十分な時間をとってあげることができないのであれば習い事を利用しましょう。

 

そして、

  • 子どもに合った習い事
  • 子どもが興味をもちそうな習い事

が見つかったら、まずは子どもに習わせるかどうか考える前に、とりあえず体験をさせてみましょう。なぜなら、幼児期の子どもは、

どんな習い事が向いているのか

何に興味をもって夢中になるのか

わからないからです。そのため、無料体験がある習い事をいろいろと体験させてみて、子どもが夢中になれる習い事があれば、子どもは楽しい気持ちで遊び感覚のまま習い事を続けられるようになります。そして、習い事なので、そのまま学びにつながります。さらに、習い事ならば「先生に教えてもらう」という経験を通して、

  • 教えてもらうこと
  • 話を聞くこと
  • わからないときは質問をすること

などを幼児期から学ぶことができるので、この経験がそのまま勉強ができるようになるきっかけになります。そのためにもまずは、子どもに合った習い事、または、子どもが興味をもちそうな習い事の無料体験をどんどん申し込むことをおすすめします。

 

知っていますか?

ADHDの幼児におすすめの習い事を知っていますか?気になる方はこちらの記事を見てください。

「ADHDの幼児専用,習い事を考えるならこの3つ!」の文字
ADHDの幼児におすすめの習い事を知っていますか?考えるべき習い事はこの3つ!

続きを見る

 

まとめ:あそび感覚で始められる学習5選を実践することで、ADHDの幼児が楽しんで学習をするようになる

「まとめ」の文字

今回は、ADHDの幼児があそび感覚で始められる学習5選とその活用方法について紹介しました。

 

ADHDの幼児の子どもが楽しんで学習をするようになるためには、ADHDの幼児には遊びを通して学習させるべき理由について知ることがたいせつです。

 

ADHDの幼児には遊びを通して学習させるべき理由がこちらです。

理由

遊びながら学習する方が「知識」や「できること」がふえる

そして、ADHDの幼児が「勉強をキライ」になるきっかけは、

あそべない

たのしくない

おこられる

と思うことで「勉強をキライ」になります。そのため、ADHDの幼児に勉強させるためには、「ほめて、ほめて、やる気にさせて勉強させる」ことがたいせつです。

 

そんなADHDの幼児があそび感覚で始められる学習5選がこちらです。

この5つの学習か、または、「忙しくてもできるADHDの幼児に効果的な学習対策」を実践することで、ADHDの幼児の子どもが楽しんで学習をするようになります。

 

さらに、遊びを勉強に変える方法がわかることで、「こんなちょっとしたことで子どもが変わるんだ。」と思えて、そして、今まで「勉強させなきゃ!」とあせって悩んでいた気持ちがパッとなくなります。

 

そのためにも、できるだけ、そっと、気づかれないように、子どもが気持ちよく次の行動へ動けるようにサポートしましょう。いつもなやんで、いつも頑張っているあなたの少しでも役に立つ情報になったのなら嬉しいです。ありがとうございました。

 

子どもに合っていますか?

子どもは児童発達支援を利用していますか?利用しているならば、子どもに合った児童発達支援ですか?ADHDの子どもに合った児童発達支援には選び方があります。選び方が気になった方はこちらの記事を見てください。

 

本日、紹介した記事リスト

「ADHDの幼児専用,育て方にはもう悩まない!知らないと後悔する7つの対応」の文字
ADHDの幼児の育て方にはもう悩まない!知らないと後悔する7つの対応。

続きを見る

「2つに分かれた道」の写真に書かれた記事タイトル
ADHDの子どもに「スマイルゼミ」と「進研ゼミ」どっちがいいのか『7つの比較』で判断!幼児から小学生まで対応。

続きを見る

「ADHDの幼児専用,習い事を考えるならこの3つ!」の文字
ADHDの幼児におすすめの習い事を知っていますか?考えるべき習い事はこの3つ!

続きを見る

  • この記事を書いた人
kokou

kokou

子どもが好きです。子育て、ADHD、発達障害についての専門家。 心理大学卒の元小学校教師、元障害児通所支援事業所勤務、そして、メンタルケア心理士。子ども「に」教えるのは得意にしてきたが、現在、子ども「を」育てる難しさをパパとして勉強&奮闘中。

-ADHD

© 2024 てんブログ Powered by AFFINGER5