「ADHDの幼児専用,習い事を考えるならこの3つ!」の文字

ADHD

ADHDの幼児におすすめの習い事を知っていますか?考えるべき習い事はこの3つ!

当ページはプロモーションが含まれています。

うちの子はADHDです。

ADHD傾向です。

幼児です。

  • 子どもに合った習い事が知りたい…。
  • 幼児から習い始めたほうがいい習い事が知りたい…。
  • 子どもの将来に役立つようなおすすめの習い事が知りたい…。

今回はこのような悩みを解決します。

 

幼児期の子どもにはどんな習い事がいいのかわからなかったり、まわりのママ友が子どもにどんどん習い事をさせるようになったり、ADHDの子どもに合った習い事はあるのか気になるけど見つけ方がわからなかったりして、

「どうしたらいいの…。」

困って悩む女性

と困ることってありますよね。

 

そこで今回は、ADHDの幼児に利用させるべきおすすめの習い事を3つ紹介します。

さっそく知りたい方はこちら。

「ADHDの幼児におすすめの習い事『3選』」

 

 

今回の記事を読むことで、

  • ADHDの幼児に利用させるべき「おすすめの習い事」がすぐに見つかる
  • 幼児期から習い事を利用させる必要性がわかる
  • 習い事を利用するときの注意点がわかる

さらに、自分に合った習い事を見つけていつも楽しそうにしたり、できないことを努力してできるようになろうとしたりする子どもの姿を見ることで、いつも悩んでいたあなたの気持ちもスーッと軽くなります。

 

そして、子どもが習い事をしているときは、ひさびさに自由な時間をゆっくりと使えるようになって、自分のペースで家事をしたり、のんびり好きな飲み物を飲みながらテレビや動画、お気に入りの本を読んだりする「子育てのストレスをパッとリフレッシュできる時間」がつくれるようになります。

 

本記事の執筆者情報

私は子どもにかかわる仕事を10年以上経験してきました。

  • 元小学校教師(通常学級担任、特別支援学級担任をそれぞれ2年以上経験)
  • 元障害児通所支援事業所勤務(放課後等デイサービスで、未就学児から小学生までの発達障害の子どもの支援業務を2年以上経験)
  • 心理大学卒業のメンタルケア心理士(心理士資格取得のためにADHDの診断基準であるDSM-5を精神医科学基礎で学習。試験では満点。)

この経験を通して、たくさんの子どもとママに出会ってきました。

 

習い事を利用してどんどん成長する子

習い事をイヤがって続けられない子

子どもが習い事をすることで、ちょっとでも子どもと離れる時間ができて、気持ちがおだやかになって子どもとの時間をたいせつにできるようになったママ

そして、習い事をイヤがる子どものお母さんからは、

「子どもに習い事をさせてもイヤがってすぐにやめます。子どもに合った習い事はどうやったら見つけられますか?」

白旗を上げて困っている女性

と相談を受けて、その子の個性や特徴を考えながらアドバイスをしてきました。

 

今回は、ADHDの子ども(幼児)の将来に役立つ習い事で、そして、今から習わせるべきおすすめの習い事について紹介します。

さっそく知りたい方はこちら。

「ADHDの幼児におすすめの習い事『3選』」

 

ADHDの幼児に「習い事」はさせるべき?

「ADHDの幼児,『習い事』はさせるべき?」の文字

はてな

「そもそも幼児から習い事って必要なの?」

と考えるママもいると思います。

「私もちょっと思うわ…。」

悩む顔のママ

しかし、子どもが幼児の頃から、

習い事を考えている

すでに習い事をさせている

ママはたくさんいます。国内最大級の子どもとお出かけ情報サイト『いこーよ』が実施した「習い事調査」によると、

「習い事をしている」子どもは、

  • 4歳で40%
  • 5歳で65%
  • 6歳で69%

さらに、4~6歳の保護者「2人に1人」が「2つ以上の習い事をしている」と回答しています。

上記のデータからも、幼児期から習い事をさせているママはたくさんいます。

「そうなの?!知らなかった!」

驚いた顔のママ

子どもに習い事をさせるデメリットはお金がかかることですが、それ以上にADHDの幼児に習い事をさせるメリットはたくさんあります。

習い事をさせるメリット

  • 子どもが夢中になれる好きなことが見つかる
  • 苦手なことでも努力することができるようになる
  • コミュニケーション能力が養える
  • できることが増えて自信がつく
  • 習い事によっては小学生になったときに役立つ
  • いつもとちがう環境に慣れることができる
  • etc.

さらに、子どもだけではなく、あなたにとっても子どもに「習い事」をさせるメリットはたくさんあります。

 

あなたが子どもに習い事をさせるメリット

  • 子どもの成長を客観的に理解できる
  • 子どもが習い事をしているあいだは自由になれる
  • まわりから子どもがほめられる
  • 習い事の先生に相談できる
  • 親ではできない経験を子どもにさせてあげられる
  • 子どもが習い事をしている時間を使ってゆっくり家事をしたりのんびり過ごしたりできる
  • etc.

上記のように、子どもに習い事させることは、子どもの成長に必要な経験をさせるだけではなく、あなたにもメリットがたくさんあります。まずは、1つでもいいので子どもに習い事をさせてみましょう。

さっそくADHDの幼児におすすめの習い事が知りたい方はこちら。

「ADHDの幼児におすすめの習い事『3選』」

 

ADHDの幼児に習い事をさせるときの注意点

「ADHDの幼児,習い事をさせるときの注意点」の文字

幼児期のADHDの子どもは、いろいろなことに興味をもちます。しかし、いろいろなことに興味はもちますが、

  • おもしろくない
  • 楽しくない
  • もうイヤ

などと思うとすぐに飽きてしまいます。

「わかるわ…。」

悩む顔のママ

そのため、幼児期のADHDの子どもに習い事をさせるときには知っておくべき注意点があります。ADHDの幼児に習い事をさせるときの注意点がこちらの3つです。

注意点

  • 子どもが楽しめることが第一優先
  • 子どもは感想を言えない
  • 「すぐにやめてもいい」という気持ちを持つ

 

子どもが楽しめることが第一優先

ADHDの幼児に習い事をさせるときは、

  • 子どもの将来のために…。
  • 「○○」を得意になってほしい…。
  • 苦手なことができるようになってほしい…。

など、親の理想を中心に考えないように気をつけましょう。

 

この時期の子どもはどんなことを習っても価値があります。なぜなら、初めてのことにチャレンジしたり経験したりすることで得られる、

もっと挑戦したい!

できるようになりたい!

楽しいからもっとやりたい!

という気持ちこそが、「自分を信じて、自分の力でいろいろなことにチャレンジする」という、子どもが将来、自立するときにもっとも必要な力になるからです。そのためには、毎回の習い事で、

「楽しい♪」

「やったぁ♪」

「できた♪」

「はやくまた行きたい♪」

などと、子どもが楽しんで通えるような習い事を見つけてあげることです。

 

ADHDの子どもの良さは、好きになったことは他の子以上に夢中になって楽しんで努力し続けられるところです。そのためにも、子どもが「習いたい!」と思えて、そして、「楽しめる」ことを第一優先に考えながら子どもに合った習い事をさがしてあげるようにしましょう。

 

子どもは感想を言えない

幼児期のADHDの子どもは「習い事」の感想が言えません。

「うちの子は言えると思うけど…。」

考えるママ

 

「楽しかった。」

「楽しくなかった。」

などの、かんたんな感想は子どもでも言えますが、

  • 何が楽しかったのか
  • どのように楽しかったのか
  • 楽しくなかった理由は何か

などの、習い事で感じた具体的な感想を言うことは幼児期の子どもにはなかなかできません。そして、子どもが、

何を考えながら習い事をしているのか

どんなことをしているのか

を、しっかりと理解せずにいると、

  • 本当は習い事が楽しくないのにイヤイヤ通っている
  • ただ習い事に行っているだけで「子どものため」になっていない

などということに気づかずに、子どもにとっての重要な時期をムダに過ごしてしまう可能性があります。

 

特にADHDの幼児は「イヤ」と思えばやりたがらないので、

「そんなこと言わないの!」

「しっかり頑張りなさい!」

「やるって決めたでしょ!」

上から目線で注意する女性

などと注意したり怒ったりしてしまうことがよくあるので、子どもが習い事を楽しめなくなって頑張ることもできなくなってしまいます。

「それならどうしたらいいの?」

考えるママ

 

そうならないためには、子どもの感想だけを聞いて判断するのではなく、ママ自身が「習い事をする子どもの様子」を見たり、子どもの様子について習い事の先生に教えてもらったりするようにしましょう。

 

そのためにも、子どもに習い事をさせるときは、

ポイント

子どもの様子を見学できる

習い事の先生と話をする機会が多くある

という「2つの条件」を意識しながら子どもに合った習い事を見つけることがたいせつです。

 

「すぐにやめてもいい」という気持ちを持つ

幼児期のADHDの子どもは、習い事に興味をもって始めてもすぐにイヤがることがあります。

  • 習い事よりも楽しいことを見つけた
  • 生活の中でちょっとイヤなことがあった
  • 前回の「習い事」でイヤなことがあった
  • 前回の「習い事」が疲れた

など、子どもが習い事をイヤがる原因はいろいろありますが、この「子どもの気持ち(理由)」をたいせつにしてあげるようにしましょう。

 

幼児期のADHDの子どもにとって、

「ママが話を聞いてくれる」

とても嬉しそうな女の子

「ぼくのことを1番に考えてくれる」

にっこり笑う男の子

と子どもが思えるようにすることがたいせつです。

「それだと子どもが習い事をすぐにやめたり、すぐにあきらめたりする子になってしまわないの?」

悩む顔のママ

そうならないためには、子どもが習い事をイヤがってやめようとしたときに、

「わかった。いいよ。」

にっこり笑う女性

と言って、すぐに習い事をやめさせるのではなく「1つ目標を決めて達成させる」ようにしましょう。

「?」

考えるママ

 

目標の決め方

  • あと1回、習い事へ行けば達成できること
  • ちょうど区切りのあること
  • ちょっとした自己ベストが出せるようなこと

など、どんな内容でもいいので子どもがかんたんに達成できる目標を決めて、

「せっかく頑張ってきたから○○ができるようになってから習い事をやめよう。」

話す女性

と子どもに伝えることで、

子どもは、

「習い事をイヤでやめた。」

どんより沈んだ表情の男の子

という気持ちになるのではなく、

「がんばって目標を達成したからやめた!」

にっこり笑う男の子

という気持ちになれます。そうすることで、子どもは「すぐにあきらめる子」ではなく、「目標を達成しようと努力できる子」のままで、次の「習い事」をさがすことができるようになります。

「なるほど。それなら、私も納得できるわ。」

にっこり笑うママ

 

ADHDの幼児におすすめの習い事「3選」

「ADHDの幼児,おすすめの習い事3選」の文字

ADHDの幼児におすすめの習い事がこちらです。

kokou
「気になる項目をクリックすればすぐに見ることができます。」

今回、紹介する習い事は、「無料の資料請求」や「無料体験」ができる習い事を厳選しています。

 

たいせつなことは行動しながら考えることです。

 

ちょっとでも気になった習い事や、「子どもにとって必要だ」と思えた習い事は、資料の請求や体験の申し込みをすることをおすすめします。無料なので損することはありません。それでは1つずつ説明します。

 

通信教育

「通信教育」の文字

通信教育はADHDの子どもが楽しめるような学習教材がたくさんあります。そして、子どもがイヤがらずに勉強ができる工夫がされているので、ADHDの幼児が「勉強を好きになる」きっかけとしておすすめです。

 

通信教育を利用して小学生になるまでに「学習の習慣」を子どもに身につけさせることができれば、子どもがスムーズに小学校生活をスタートさせることができます。

「学校がイヤだ!」

「学校が楽しくない!」

「学校へ行きたくない!」

大きな声を出して怒る男の子

と子どもが学校へ行くことをイヤがることに、

「どうしたらいいの…。」

ストレスが溜まっている女性

と悩むことがなくなります。

 

学校の授業に参加できないと、友達との関係もわるくなるので注意が必要です。

kokou
「私は元小学校教師です。勉強ができないことで、授業でみんなについていけずに学校をキライになる子どもはたくさん見てきました。」

そのため、授業の学習内容がわからなくて、子どもが授業についていけなくて困らないようにするためにも、ちょっとでも心配ならば今から通信教育を利用して対策をすることをおすすめします。そして、すでに、

通信教育を考えている

通信教育を利用している

ママは多くいます。

「そうなの?!」

驚いた顔のママ

なぜなら、幼児の3人にひとりが「勉強系」の習い事をしていて、

年少~年長の学習方法で最も多いのは通信教材が53%

引用 エデュケアポイント【保護者アンケート】子供の家庭学習、塾通いetc…勉強の方法を徹底調査!

というデータがあるからです。

 

まだ通信教育を、

  • 考えていない
  • 利用していない

なら、子どもが小学生になったときに困らないように、または、まわりの友達についていけなくなるまえに「通信教育」を利用することを考えましょう。

 

参考

ADHDの幼児におすすめの「通信教育」がこちらです。

おすすめの通信教育

 

それぞれの特徴を「ひと言」で紹介します。

スマイルゼミ

タブレット1台ですべてが解決します。

こどもちゃれんじ

毎月、子どもが楽しめる教材がいろいろ届きます。

 

「もうひと言」紹介します

スマイルゼミ

まいにち忙しいママでも安心。子どもが1人でも勉強ができるようになる。

こどもちゃれんじ

子どもにいろいろ教えてあげたいママ向け。たくさんの魅力的な教材あり。

 

注意

どちらの通信教育を利用するかどうかを、すぐに決めることはありません。

 

まずは失敗しないように無料の資料請求をして、子どもに合っているのはどちらなのか決めるようにしましょう。スマイルゼミ】【こどもちゃれんじ】両方の資料を請求して子どもに合っているのはどちらなのかを決めるママもたくさんいいます。失敗しない「かしこい方法」です。)

 

 

「もっと詳しく知りたい!」という方はこちらの記事を読むことで解決します。こちらの記事では、ADHDの子どもには「スマイルゼミ」と「こどもちゃれんじ」どちらが合っているのかを7つの項目で徹底比較しています。

「2つに分かれた道」の写真に書かれた記事タイトル
ADHDの子どもに「スマイルゼミ」と「進研ゼミ」どっちがいいのか『7つの比較』で判断!幼児から小学生まで対応。

続きを見る

 

英会話教室

「英会話教室」の文字

ADHDの幼児におすすめの習い事が「英会話教室」です。ADHDの幼児は、自分が好きなことや興味のあることだけを基本的にやりたがります。そのため、相手のことを考えた行動が苦手なので、トラブルになることがよくあります。

「はい…。いつも友達とケンカになったりトラブルになったりして困っているわ…。」

悩む顔のママ

子どもが友達とケンカをしたりトラブルが増えたりすると、子どもにコミュニケーション能力を身につけさせる機会がなくなってしまうので注意が必要です。

 

幼児期の子どもは、人とうまくコミュニケーションを取ることが苦手なので、相手の気持ちがわからなかったり自分の気持ちをうまく伝えられなかったりすることでトラブルになることがよくあります。

 

このまま子どもが友達とうまくコミュニケーションを取れないままだと、子どもが将来、小学生になって集団行動ができなかったり友達と仲良くできなかったりすることで、友達関係を学ぶ重要な時期に子どもだけではなくあなたも苦労することになってしまう可能性があります。そうならないためにも、

友達と仲良くできない

相手の気持ちがわからない

自分の考えをうまく伝えられない

タイプの子どもには「英会話教室」を今すぐにでも利用することをおすすめします。

 

英会話教室なら、英語の勉強を通して楽しく相手とのコミュニケーションをとる方法を学ぶことができます。さらに、2020年の教育改革により、英語が小学3年生から必修化、小学5年生からは教科化になりました。

ココがポイント

  • 小学校3年生からは「外国語活動」として、週1~2コマ程度
  • 小学校5年生からは「教科」として英語を週3コマ程度

授業で勉強することになりました。

詳しく知りたい方はコチラ→文部科学省「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」について

 

今の時期から早めに英語に慣れさせることで、子どもが将来、小学生→中学生→高校生と、成長とともに重要度が増していく英語の学習でこまることがなくなります。さらに、ママも子どもの勉強で悩むことがなくなります。そして、まわりのママ友から、

「○○ちゃんのように英語ができたらいいのに…。」

「うちも早くから英語を習わせればよかった…。」

「どうしてうちの子は英語ができないのかしら…。どうしたらいい?」

などと言われたときに、「はやくから英会話教室を利用しておいてよかった。」と思えるはずです。

 

参考

ADHDの幼児におすすめの英会話教室がこちらです。すべての教室で無料体験ができます。

ADHDの子どもにおすすめの英会話教室「一覧表」

 

たいせつなことは行動しながら考えることです。損することはないので、後悔しないためにも無料体験を申し込むほうがいいかと思います。(無料なので、すべてに申し込みをして選ぶことが失敗しない「かしこい方法」です。)

 

公式サイトはこちら

≫ペッピーキッズクラブADHDの子どもにおすすめ!全国1400教室。カリキュラムは教育改革に対応。外国人講師と日本人講師の両方から直接教えてもらえる。

≫ECCジュニア(信頼度抜群!子ども英会話教室数「No.1」。保護者へのサポートも充実で安心。)

≫NovaKid7万人以上が利用するオンライン英会話教室。録画機能で子どもが簡単に復習できる。)

 

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事を見てください。ここでは書ききれなかった内容についてわかりやすく紹介しています。

「ADHDの子ども専用,3つの条件で厳選,おすすめ英会話教室3選」の文字
【3つの条件で厳選!】ADHDの子どもにおすすめの英会話教室「3選」。

続きを見る

 

プログラミング教室

「プログラミング教室」の文字

ADHDの幼児にこれから習い事をさせるなら「プログラミング教室」を早くから利用することをおすすします。

「プログラミング?」

考えるママ

 

プログラミングは、2020年度より小学校でプログラミングが必修科目になったことで、学校の授業でプログラミングを勉強するようになりました。さらに、小学6年生の「令和4年度全国学力・学習状況調査」では、プログラミングが出題されるようになりました。それだけプログラミングの重要度は増しているので、今後、子どもにとってプログラミングができるようになることは、今以上に必要な能力です。

※小学校でのプログラミングが必修科目なった経緯について詳しく知りたい方はこちら→文部科学省「プログラミング教育」

 

小学生になると、プログラミングを学校の授業として勉強するようになったので、今のうちからまわりの子に遅れないように対策することで、今後が楽になります。そして、今からプログラミングを子どもに習わせ始めれば、子どもが小学生になったときに、

プログラミングの授業がわからなくて学校をイヤがる

自宅で子どもにプログラミングを教えられない

などと悩まなくてすむようになります。さらに、プログラミングはゲーム感覚で始められるので、子どもは楽しんで取り組むことができます。また、プログラミングは集団の習い事とはちがい自分のペースで学んでいけるので、子どもは楽しみながら、そして、夢中になって取り組むことができます。

 

ほかにも、プログラミングは自分でがんばった作品が形として残るので、子どもが「努力して最後までやりきることで得られる達成感」を、子どもにしっかりと味合わせることができるようになります。

 

プログラミング教室は子どもが楽しみながら学びを深めることができるので、

「たのしい!」

「すき!」

「もっとやりたい!」

ガッツポーズの男の子

と子どもが思えば、子どもは夢中になってプログラミングを学んでいくことができるようになるはずです。そして、子どもが成長するにつれてプログラミングの重要度はこれからどんどん上がってくるので、今から対策をしておくことで、子どもが将来こまらないようになるだけではなく、ほかの子よりも得意で自慢できる能力を1つ身につけることができるようになります。

 

ADHDの子どもの良さは自分のすきなことや興味があることには、ほかの子ども以上に夢中になって努力し続けられるところです。

 

そのためのきっかけとしてプログラミングはADHDの幼児にとっておすすめです。

 

参考

ADHDの幼児におすすめのプログラミング教室がこちらです。

kokou
「ADHDの子どもにおすすめのプログラミング教室をランキング形式で紹介します。」

 

すべてのプログラミング教室で「無料体験」ができます。

 

ランキング「一覧表」

※スマホの方は横にスクロールして見てください→

ランキング 名前 ロゴ おすすめポイント カリキュラム 魅力度 料金 教室 無料体験 公式HP
1位 LITALICOワンダー 「LITALICOワンダー」ロゴ 堂々1位!ADHDの子どもにおすすめ! 無料体験
2位 自考力キッズ 「自考力キッズ」ロゴ 未就学児から小学2年生以下は、利用を1番に考えるべき! 無料体験
3位 D-SCHOOLオンライン 「D-SCHOOLオンライン」ロゴ ゲームが好きなADHDの子どもにおすすめ。 無料体験
4位 エジソンアカデミー 「エジソンアカデミー」ロゴ 小学3年生以上におすすめ。国内最大の教室数。 無料体験
5位 Tech Kids Online Coaching 「Tech Kids Online Coaching」ロゴ 3万人以上の小学生が利用。 無料体験

 

たいせつなことは行動しながら考えることです。損することはないので、後悔しないためにも無料体験を申し込むほうがいいかと思います。(無料なので、すべてに申し込みをして選ぶことが失敗しない「かしこい方法」です。)

 

公式サイトはこちら

≫【LITALICOワンダー】ADHDの子どものおすすめ!ADHDの子どもの特性を考えた教え方。無料体験の満足度は90%以上。

≫【自考力キッズ】幼児が利用を1番に考えるべき教室。)

≫【D-SCHOOLオンライン】ゲームが好きなADHDの子どもにおすすめ。)

≫【エジソンアカデミー】小学3年生以上におすすめ。国内最大のプログラミング教室)

≫【Tech Kids Online Coaching】3万人以上の小学生が利用。レッスン数は420。)

 

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事を見てください。ここでは書ききれなかった内容についてわかりやすく紹介しています。

「ADHDの子ども,これで失敗しない!プログラミング教室,ランキング!」文字
[ランキングあり!]ADHDの子どもに習わせるべきプログラミング教室。これで失敗しない。

続きを見る

 

まとめ:3つの習い事を知ることで、ADHDの幼児に利用させるべき「おすすめの習い事」がすぐに見つかる

「まとめ」の文字

今回は、ADHDの幼児に利用させるべきおすすめの習い事を「3つ」紹介しました。

 

まず、子どもに習い事をさせるためには「お金がかかる」というデメリットはありますが、それ以上に習い事をさせるメリットはたくさんあります。そのため、ADHDの幼児に「習い事」はさせるべきです。しかし、ADHDの幼児に習い事をさせるときには注意しなければいけないこともあります。

 

幼児期のADHDの子どもに習い事をさせるときに知っておくべき注意点がこちらの3つです。

注意点

  • 子どもが楽しめることが第一優先
  • 子どもは感想を言えない
  • 「すぐにやめてもいい」という気持ちを持つ

そして、ADHDの幼児におすすめの習い事がこちらの3つです。

この3つが、ADHDの幼児に利用させるべき「おすすめの習い事」です。

 

そして、「通信教育」「英会話教室」「プログラミング教室」の習い事から子どもに合った習い事を利用して、ニコニコ笑顔で楽しそうに習い事をする子どもの姿や、できないことをできるようになろうと努力する子どもの姿を見ることで、いつも悩んでいたあなたの気持ちもスーッと軽くなります。

 

そして、子どもが習い事をしているときは、ひさびさに自由な時間をゆっくりと使えるようになって、自分のペースで家事をしたりのんびり好きな飲み物を飲みながらテレビや動画、お気に入りの本を読んだりする「子育てのストレスをパッとリフレッシュできる時間」がつくれるようになります。

 

いつもなやんで、いつも頑張っているあなたの少しでも役に立つ情報になったのなら嬉しいです。ありがとうございました。

 

子どもに合っていますか?

子どもは児童発達支援を利用していますか?利用しているならば、子どもに合った児童発達支援ですか?ADHDの子どもに合った児童発達支援には選び方があります。選び方が気になった方はこちらの記事を見てください。

今回紹介した習い事リスト

≫【スマイルゼミ】ADHDの子どもにおすすめ。タブレットだけですべてが解決。2022年4月から、学習内容の学年を超えて学べる「無学年学習」導入。)

≫【こどもちゃれんじ】(毎月、子どもが楽しめる学習教材が届く)

≫【ペッピーキッズクラブ】ADHDの子どもにおすすめ!全国1400教室。カリキュラムは教育改革に対応。外国人講師と日本人講師の両方から直接教えてもらえる。

≫【ECCジュニア】(信頼度抜群!子ども英会話教室数「No.1」。保護者へのサポートも充実で安心。)

≫【NovaKid】7万人以上が利用するオンライン英会話教室。録画機能で子どもが簡単に復習できる。)

≫【LITALICOワンダー】ADHDの子どもにおすすめ!ADHDの子どもの特性を考えた教え方。無料体験の満足度は90%以上。

≫【自考力キッズ】幼児の子どもが利用を1番に考えるべき教室。)

≫【D-SCHOOLオンライン】ゲームが好きなADHDの子どもにおすすめ。)

≫【エジソンアカデミー】小学3年生以上におすすめ。国内最大のプログラミング教室)

≫【Tech Kids Online Coaching】3万人以上の小学生が利用。レッスン数は420。)

 

本日、紹介した記事リスト

「2つに分かれた道」の写真に書かれた記事タイトル
ADHDの子どもに「スマイルゼミ」と「進研ゼミ」どっちがいいのか『7つの比較』で判断!幼児から小学生まで対応。

続きを見る

「ADHDの子ども専用,3つの条件で厳選,おすすめ英会話教室3選」の文字
【3つの条件で厳選!】ADHDの子どもにおすすめの英会話教室「3選」。

続きを見る

「ADHDの子ども,これで失敗しない!プログラミング教室,ランキング!」文字
[ランキングあり!]ADHDの子どもに習わせるべきプログラミング教室。これで失敗しない。

続きを見る

  • この記事を書いた人
kokou

kokou

子どもが好きです。子育て、ADHD、発達障害についての専門家。 心理大学卒の元小学校教師、元障害児通所支援事業所勤務、そして、メンタルケア心理士。子ども「に」教えるのは得意にしてきたが、現在、子ども「を」育てる難しさをパパとして勉強&奮闘中。

-ADHD

© 2024 てんブログ Powered by AFFINGER5