『ADHDの子どもにおすすめの習い事「15選」。学習系・運動系・文化系ぜんぶあり!』の文字

ADHD

ADHDの子どもにおすすめの習い事「15選」。学習系・運動系・文化系ぜんぶあり!

当ページはプロモーションが含まれています。

うちの子はADHDです。

ADHD傾向です。

グレーゾーンです。

  • 子どもに習い事をさせたいけれど何がいいのかわからない…。
  • 子どもに合った習い事を見つけたい…。
  • ADHDの子どもにオススメの習い事を知りたい…。
  • 年齢別でオススメの習い事が知りたい…。

今回はこのような悩みを解決します。

 

子どもに「習い事をさせたい」と考えても何を習わせたらいいのかわからなくて、

「どうしたらいいの…。」

困って悩む女性

と悩むことってありますよね。

そこで今回は、

  • 学習系
  • 運動系
  • 文化系

それぞれの習い事で、ADHDの子どもにおすすめの習い事について紹介します。

 

さっそく、ADHDの子どもにおすすめの習い事「15選」がこちらです。

おすすめの習い事「一覧」

「ADHDの子ども専用!おすすめの習い事」一覧表

 

かんたん結論

たいせつなことは行動しながら考えることです。子どもの将来を考える保護者ほど早くから習い事を利用しています。まわりの子に遅れないようにするためにも今すぐ行動しましょう。まずは気になった習い事の資料を無料で請求したり無料体験を受けたりして、子どもに合った習い事を今すぐ見つけましょう。※子どもに合いそうな習い事を複数体験させて見つける保護者もたくさんいます。失敗しない「かしこい方法」です。

 

さらに付け足し結論

【学習系】【運動系】【文化系】それぞれで紹介する習い事の中でも、悩むなら利用を考えるべき習い事がこちらです。

※無料の資料請求や無料体験が受けられる習い事を厳選しています。損することは無いので後悔しないためにも今すぐ行動しましょう。ちょっとでも気になったら表の右にある「記事を見る」を押してください。ADHDの子どもにとってオススメの詳しい情報を見ることができます。

※スマホの方は横にスクロールして見てください→

習い事 おすすめポイント おすすめサイト ロゴ 公式サイト 詳細記事
通信教育 低学年におすすめ!子どもが楽しみながら勉強ができる学習教材。

子どもに「家庭学習の習慣を身につけさせたい」と考える人におすすめ。

【スマイルゼミ】 「スマイルゼミ」ロゴ 資料請求 記事を見る
【進研ゼミ小学講座】 「進研ゼミ小学講座」ロゴ 資料請求
オンライン家庭学習教材 小学3年生以上におすすめ!パソコンとネット環境があれば自宅で勉強ができる学習教材。

すでに子どもが勉強をイヤがっていて「今すぐなんとかしたい!」と考える人におすすめ。

【すらら】 「すらら」ロゴ 資料請求 記事を見る
サッカースクール 元気いっぱい体を動かしながら集団行動ができるようになってほしい」と考える人におすすめ。 【リベルタ】サッカースクール 「リベルタサッカースクール」ロゴ 無料体験 記事を見る
英会話教室 2020年度から小学3年生から必修化。小学5年生からは教科化。

子どもが成長するにつれて「重要度が増していく英語で苦労したくない」と考える人におすすめ。

【ペッピーキッズクラブ】 「ペッピーキッズクラブ」ロゴ 無料体験 記事を見る
【ECCジュニア】 「ECCジュニア」ロゴ 無料体験
【NovaKid】 「NovaKid」ロゴ 無料体験
プログラミング教室 2020年度から必修科。「令和4年度全国学力・学習状況調査」でもプログラミングが出題。

ADHDの子どもの良さを伸ばすチャンス!「プログラミング?プログラミングなんて子どもに教えられない」と考えた人におすすめ。

【LITALICOワンダー】 「LITALICOワンダー」ロゴ 無料体験 記事を見る
【自考力キッズ】 「自考力キッズ」ロゴ 無料体験
【D-SCHOOLオンライン】 「D-SCHOOLオンライン」ロゴ 無料体験

 

 

さっそくそれぞれの習い事について詳しく知りたい方はこちらをクリックしてください。

 

子どもの年齢に合ったおすすめの習い事について知りたい方はこちら。

 

この記事を読んでわかること

  • ADHDの子どもにおすすめの習い事がわかる
  • 習い事のかんたんな見つけ方がわかる
  • 子どもに合った習い事が見つかる

この記事を読むことで、ADHDの子どもに合った習い事がわかります。そして、今まで子どもにはどんな習い事がいいのかわからずに困っていたあなたの悩みがパッとなくなります。

 

さらに、子どもが習い事をしているあいだ、ゆっくりと自分のペースで家事をしたり、ほっとした気持ちでお気に入りの飲み物を飲みながら本を読んだり、ゆっくり座って動画を見たり、「これから何をしようかな?」と考えながらひさびさにあなたの時間を自由に楽しむことができるようになります。

 

本記事の執筆者情報

私は子どもにかかわる仕事を10年以上経験してきました。

  • 元小学校教師(通常学級担任、特別支援学級担任をそれぞれ2年以上経験)
  • 元障害児通所支援事業所勤務(放課後等デイサービスで、未就学児から小学生までの発達障害の子どもの支援業務を2年以上経験)
  • 心理大学卒業のメンタルケア心理士(心理士資格取得のためにADHDの診断基準であるDSM-5を精神医科学基礎で学習。試験では満点。)

この経験を通して、たくさんの子どもを見てきました。

習い事を始めてもすぐにイヤがって行かなくなる子

「習い事をしたい」と言って始めてもすぐにやめる子

学校の授業でまわりの友達についていけなくなる子

そして、そのような子どものお母さんから、

「子どもに習い事をさせたいけれど、子どもに合った習い事がわかりません。どうしたらいいですか?」

白旗を上げて困っている女性

と相談を受けて、その子の個性や特徴を考えながらアドバイスをしてきました。

 

それではさっそく、ADHDの子どもに合ったおすすめの習い事について具体的に紹介します。

※すべてを読むと10分はかかります。「目次」から興味のある習い事を選んで読むこともオススメです。

 

大丈夫ですか?

子どもは授業でみんなについていけていますか?ちょっとでも心配なら後悔する前にこちらの記事を見たほうがいいかと思います。

≫ADHDの小学生が授業でみんなについていけるようになる習い事5選!

「ADHDの子ども,小学生限定!授業でみんなについていけるようになる習い事5選 」の文字
ADHDの小学生が授業でみんなについていけるようになる習い事5選!

続きを見る

目次

ADHDの子どもに習い事をさせるときに気をつける「3つの意識」

三つのピンク色の風船と「3つの意識」の文字

ADHDの子どもに習い事をさせるときに気をつけなければいけない「3つの意識」がこちらです。

  • 子どもが「すきになれること」を見つけられるようにする
  • 子どもに習い事で「どうなってほしいのか」を考える
  • 子どもがいつでも習い事を「やめてもいい」という気持ちをもつ

 

子どもが「すきになれること」を見つけられるようにする

ADHDの子どもに習い事をさせるときは、子どもが「すきになれること」を見つけられるように意識しましょう。

 

ADHDの子どもはすきなことや興味をもったことにはすごい集中力と探究心をもって努力できます。

kokou
「これは他の子どもにはないADHDの子どもの自慢できる良さです。」

 

子どもにとって「すきなこと」が習い事で見つかれば、子どもはどんどん頑張れるようになって自分に自信をもつことができるようになります。自分に自信をもてるようになることが、将来、子どもが自分の力で生きていくための自立につながります。

 

子どもに習い事で「どうなってほしいのか」を考える

子どもが、

すきになれることを見つける

得意になることをさがす

習い事を通して自立できるようにする

ことも大事ですが、それだけではなく、あなたもいっしょに目標を決めるようにしましょう。習い事は、子どものためだけにさせるものではありません。子どもにあたらしい習い事をさせるときには「子どもにどうなってほしいのか」を考えるようにしましょう。

  • 習い事で得意を見つけてほしい
  • ほかの子よりもすごい子になってほしい
  • 勉強が今よりもできるようになってほしい
  • 1人でも勉強ができるようになってほしい
  • まわりの子と同じぐらい勉強ができるようになってほしい
  • 運動を通して健康な体になってほしい
  • あきらめずに続けられる子になってほしい
  • ちょっとでもいいから子どもを預けてゆっくりする時間がほしい

など、子どもに習い事をさせるときの「きっかけ」はたくさんあります。しかし、子どもに習い事をさせるときには、「子どもにどうなってほしいのか」をしっかりと決めるようにしましょう。

 

たとえば、

「とりあえず、すきなことを見つけてほしい。」

にっこり笑う女性

「今よりも勉強ができるようになればいい。」

飲み物を飲んで安心する女性

などのフワッとした考えで子どもに習い事をはじめさせると、子どもは「楽しい♪」と思える習い事を見つけてがんばっていても、

途中から、

「もっとがんばりなさい!」

上から目線で注意する女性

「それだと1番になれないよ!」

ぷんぷん怒っている女性

「ほかの子はもっとやっているのよ!」

子どもを怒る女性

など、習い事をはじめさせた目標(きっかけ)とはちがい、子ども中心ではなく、

  • あなたの感情
  • まわりとの比較

などが中心になってしまい、子どもにとって「楽しい習い事」だったはずが、習い事がイヤになったりストレスを感じたりするきっかけになってしまいます。そうならないためにも、子どもに習い事をさせるときは、子どもに習い事で「どうなってほしいのか」をはじめにしっかりと決めるようにしましょう。

 

子どもがいつでも習い事を「やめてもいい」という気持ちをもつ

子どもが習い事を始めても、子どもがイヤがったりあなたの負担が大きくなったりするようなら、「子どもに習い事をやめさせる」ことを考えられる気持ちの余裕をもてるようにしましょう。

 

子どもがいつでも習い事を「やめてもいい」という気持ちをもつこともたいせつです。

 

子どものために始めた習い事を、

「行きたくない!」

大きな声を出して怒る男の子

と子どもがイヤがって抵抗したときに、

「1度はじめたことは最後までやりなさい!」

上から目線で注意する女性

というママがいますが、ADHDの子どもには言ってはいけません。ADHDの子どもは自分がイヤだと思ったことを続けることが苦手です。

 

ストレスを溜めてしまいます。そして、そのまま子どもにムリやり頑張らせていると、子どもはどこかのタイミングで自分の感情をコントロールできなくなって泣いたりあばれたりするようになります。そうなってしまっては、子どもに習い事をさせる意味がなくなります。そして、

「子どもにがんばらせよう。」

「なんとか習い事をやらせよう。」

と考えるあなたの負担も大きくなって疲れてしまうだけです。ストレスも溜まるだけです。あなたがストレスを溜めることは子どもにとって良くないことです。

 

あなたの心が安定している状態の子育てが、子どもにとってどんな「習い事」よりも成長する「きっかけ」になります。

 

習い事はムリやり続けさせなくても、子どもに「新しい経験をさせる」ことが子どもにとって大きな価値になります。

「いつでも習い事をやめてもいい。」

飲み物を飲んで安心する女性

という軽い気持ちで子どもに習い事をさせるようにしましょう。

 

ADHDの子どもにおすすめの「学習系」の習い事【2つの条件あり】

三色の風船と紙吹雪の写真と「学習系」の文字

ADHDの子どもに習わせるべき「学習の習い事」は4つです。

kokou
「子どもに習わせる学習スタイルが決まっているあなたはこちら。項目をクリックすればADHDの子どもにとって知らないと後悔する内容を詳しく説明したそれぞれの記事を見ることができます。」

「学習系」の習い事リスト

通信教育(幼児から小学2年生におすすめ)

オンライン家庭学習教材(小学3年生以上におすすめ)

家庭教師オンライン家庭教師含む)

 

まだ子どもに習わせる学習スタイルが決まっていない方はこのまま記事を読み進めることをおすすめします。なぜなら、この4つの習い事をADHDの子どもに習わせるときには条件があるからです。

2つの条件

  • 子どもの年齢「7歳以下」「8歳以上」
  • あなたが子どもの学習を見るために使える時間

※「1」の年齢は、「7歳以下」は未就学児~小学2年生、「8歳以上」が小学3年生以上を目安にしてください。

※「2」の時間は、1日1時間を目安にしてください。

 

この条件の組み合わせによって、ADHDの子どもに習わせるべき「学習」の習い事が変わります。

こちらの図を見て、条件に当てはまるパターンを確認してください。

学習系の習い事「条件別一覧表」

それぞれのパターンの項目をクリックすればすぐに見ることができます。

 

パターンA(7歳以下で学習支援をする時間がある)

パターン「A」

  1. 年齢が7歳以下(未就学児~2年生)
  2. あなたが子どもの学習に時間を使える

通信教育」を利用しましょう。この年代のADHDの子どもは1人で勉強をすることが苦手です。勉強でわからないところがあるときは、すぐにサポートしてもらえることでADHDの子どもは勉強をキライになることなく意欲的に学習することができるようになります。

 

通信教育なら子どもが楽しみながら意欲的に学習できる工夫がたくさんされています。そして、あなたといっしょにいろいろな教材や学習方法を活用することで理解を深めることができます。さらに、この時期の子どもにとって重要な「家庭学習の習慣」をかんたんに身につけさせることができるので、通信教育の利用を悩むぐらいなら、後悔するまえに無料の資料請求だけでもしたほうがいいです。

 

通信教育を利用するならこちらの3つがおすすめです。資料請求は無料です。

公式サイトはこちら

 

参考

ADHDの子どもにおすすめの通信教育は「スマイルゼミ」です。

おすすめポイントがこちらです。

ポイント

  • タブレット1台で学習がすべて解決する
  • 学習の流れがハッキリしている
  • 子どもが1人で勉強できる

 

重要情報

スマイルゼミ」には学習内容の学年を超えて学べる無学年学習[コアトレ]があります。

 

「わからない」と決めつけると勉強しようとしないADHDの子どもに無学年学習[コアトレ]は合っています。なぜなら、無学年学習[コアトレ]を利用すれば、子どもは苦手な学習内容をじっくりとわかるまで復習したり、得意な学習内容はさらに理解を深めたりできるようになるからです。

 

好きなことは誰よりも努力し続けられる良さがあるADHDの子どもにとっては、得意な学習内容をさらに伸ばすことができます。もっと詳しく無学年学習[コアトレ]について知りたいあなたは「スマイルゼミ」公式サイトから、とりあえず無料の資料請求をしてみましょう。

 

臨時情報!

今なら資料請求だけでもらえる特典あり!

 

「スマイルゼミ」公式サイトはこちら

資料を請求する

※今なら約2週間自宅でお試し《全額返金保証》実施中です!

 

今回紹介している通信教育はどれも無料で資料を請求できます。すべての資料を請求して判断することが失敗しない「かしこい方法」です。

 

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事を見てください。

「2つに分かれた道」の写真に書かれた記事タイトル
ADHDの子どもに「スマイルゼミ」と「進研ゼミ」どっちがいいのか『7つの比較』で判断!幼児から小学生まで対応。

続きを見る

 

パターンB(7歳以下で学習支援をする時間がない)

パターン「B」

  1. 年齢が7歳以下(未就学児~2年生)
  2. あなたが忙しくて子どもの勉強を見る時間が取れない

通信教育」か「家庭教師」を利用しましょう。

 

家庭教師は1対1で勉強を教えてくれるので子どもに合った学習ペースで勉強ができます。しかし、この年代のADHDの子どもに家庭教師はまだ早いです。まずは、毎日、1人でも勉強ができるように家庭での学習習慣を身につけさせましょう。

 

今すぐ対策することで子どもが1人でも勉強をできるようになれば、あなたが子どもに教える勉強時間を短くすることができます。そのためにもまずは家庭教師ではなく「通信教育」を利用して、子どもが1人でも勉強ができるようにしましょう。

 

参考

1人でも学習が進められる通信教育は「スマイルゼミ」です。まずは、無料の資料請求をしましょう。

「スマイルゼミ」公式サイトはこちら

資料を請求する

※今なら約2週間自宅でお試し《全額返金保証》実施中です!

 

もっと詳しく「スマイルゼミ」について知りたい方はこちらの記事が参考になります。

「2つに分かれた道」の写真に書かれた記事タイトル
ADHDの子どもに「スマイルゼミ」と「進研ゼミ」どっちがいいのか『7つの比較』で判断!幼児から小学生まで対応。

続きを見る

 

忙しいママ限定

忙しいママだけが家庭教師を考えましょう。

注意

この年代のADHDの子どもに塾を考えることはやめましょう。

まずは家で勉強をする習慣を子どもに身につけさせることがたいせつです。そのため、忙しくて子どもに勉強を教える時間を用意できない場合は「家庭教師」を利用しましょう。

 

参考

ADHDの子どもにあった家庭教師について知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

最近、利用者が増えているオンライン家庭教師について知りたい方はこちら。

 

「子どもに合った家庭教師をかんたんに見つけたい!」

と考えるなら「【家庭教師】「比較くらべ~る」」がオススメです。家庭教師のトライや学研など大手35社以上から子どもに合った家庭教師を2分もあれば見つけてくれます。

※今なら【家庭教師】「比較くらべ~る」公式サイトから家庭教師を選んで入会すると、先着15名に学習支援金2万円をプレゼントしてくれます。

公式サイトを見る

≫【家庭教師】「比較くらべ~る」(大手35社以上から子どもに合った家庭教師を2分もあれば見つけてくれる。オンライン対応会社も複数あり。)

 

パターンC(8歳以上で学習支援をする時間がある)

パターン「C」

  1. 年齢が8歳以上(3年生以上)
  2. あなたが子どもの学習に時間を使える

オンライン家庭学習教材」か「家庭教師」を利用しましょう。そして、小学3年生以上の子どもにオンライン家庭学習教材を利用して自宅学習の習慣を身につけさせるならば「【すらら】」をオススメします。なぜなら、すららは「無学年式家庭学習教材」だからです。

 

無学年式なので、子どもが今までに学習してきた内容のどの学年でつまずいたのかを見つけて、つまずいた学年の学習からもう1度勉強することができます。さらに、子どもの苦手をAIが判断して子ども専用の問題や対策を用意してくれるので助かります。

 

無学年式オンライン教材【すらら】は、専門機関である「子どもの発達科学研究所」と共同開発をして、ADHDの子どもや発達障害の子どもが、

勉強を好きになる

勉強ができるようになる

勉強が得意になる

ように考えられた学習教材です。さらに、【すらら】は学校へ行くことをイヤがっている子どもにもおすすめです。なぜなら、【すらら】を利用して条件さえクリアすれば学校の出席扱いにできるようになるので、子どもが今、学校をちょっとでもイヤがっているならば使って損のない学習教材です。

 

  • 子どもが今までの学習でつまずいている
  • 学校へ行くことをイヤがっている
  • このままで子どもが授業についていけるか不安

上記の3つの中であなたの子どもにちょっとでも当てはまる項目があるならば、今後、苦労しないためにも【すらら】の利用を考えたほうがいいかと思います。資料の請求は無料なので悩むぐらいなら今すぐ行動して後悔しないようにしましょう。

 

公式サイトを見る

≫【すらら】ADHDの子どもに合った学習教材。無学年方式の学習スタイル。「学習塾」「学校」「特別支援学級」「放課後等デイサービス」でも導入されている。条件を満たせば不登校の子どもを出席扱いにできる。)

 

もっと詳しく【すらら】について知りたい方はこちらの記事を読んでください。

「ADHDの子ども, 元小学校教諭の体験レビューあり!すららを利用する5つのメリット2つのデメリット」の文字
すららをADHDの子どもが利用する5つのメリット2つのデメリット|元小学校教諭の体験レビューあり!

続きを見る

 

 

子どもがすでに「家で勉強を1人ですることに集中できない」ならば「家庭教師」を利用しましょう。なぜなら、この年齢で、家庭での学習が定着していないならば、まずは、家でも集中して勉強ができるようにすることがたいせつです。この年代になると、

「はやく勉強しなさい!」

「勉強はおわったの?」

と親に言われることに対してイヤがるADHDの子どもは多いです。そのような場合は、ほかの人(第3者)に協力してもらうことでスムーズに勉強ができるようになります。そして、ADHDの子どもが勉強をおしえてもらう場合は1対1が効果的です。それが「家庭教師」です。

 

注意

今では家庭教師の数がふえて、どこが子どもに合っている家庭教師なのか悩むと思います。そのため、あなたの子どもに合った家庭教師を失敗することなく簡単に見つけるためにも、まずは、「【家庭教師】「比較くらべ~る」」の利用をオススメします。

 

【家庭教師】「比較くらべ~る」なら、「家庭教師のトライ」や「学研」など大手35社以上から子どもに合った家庭教師を2分もあれば見つけてくれます。

※今なら【家庭教師】「比較くらべ~る」サイトから家庭教師を選んで入会された方、先着15名に学習支援金2万円をプレゼントをしてくれます。

【家庭教師】「比較くらべ~る」公式サイトで診断を受ける

 

自分で子どもの家庭教師を選んで決めたい方はこちらの記事を読んでください。

Article-cover-children-with-adhd-recommended-tutors
[簡単5分!]失敗しないADHDの子どもに合ったおすすめ家庭教師。2つの方法で見つかります。

続きを見る

 

オンライン家庭教師もあります。

最近は全国どこからでも受けられるオンライン家庭教師を利用する保護者がふえています。気になる方はこちらの記事を見てください。

パソコンと「比較表あり!おすすめ,オンライン家庭教師」の文字
[比較表あり!]ADHDの子どもにおすすめのオンライン家庭教師。

続きを見る

 

パターンD(8歳以上で学習支援をする時間がない)

パターン「D」

  1. 年齢が8歳以上(3年生以上)
  2. あなたが忙しくて子どもの勉強を見る時間が取れない

オンライン家庭学習教材」「家庭教師」「」から選んで利用しましょう。しかし、この場合でも「オンライン家庭学習教材」「家庭教師」をおすすめします。なぜなら、自宅で解決するからです。

 

塾の場合だと、

  • 塾に通わなければいけない
  • ほかの友達とトラブルになる
  • まわりを気にして勉強に集中できなくなってしまう

などの問題が出てきます。そのため、どうしても家での勉強に集中できないADHDの子どもだけが、塾を利用するようにしましょう。

 

ADHDの子どもに塾を考える場合は個別指導塾の1択です。子どもが先生と1対1で学べる環境を用意してあげましょう。個別指導塾についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

「【注意点あり】個別指導塾スタンダード,ADHDの小学生にオススメな理由8選」の文字
個別指導塾スタンダードがADHDの小学生にオススメな理由8選。【注意点あり】

続きを見る

 

以上が、ADHDの子どもにおすすめの「学習系」の習い事です。子どもの年齢やあなたの現状などを考えて、子どもに合った習い事を利用しましょう。そして、今からすぐに行動した人だけが、今後の子育てをグッと楽にすることができます。資料の請求は無料です。損することはないので、

「あのとき資料請求だけでもすればよかった…。」

後悔しないように今すぐ行動したほうがいいかと思います。

学習系の習い事紹介リスト

≫【スマイルゼミ】(幼児~小学生OK。ADHDの子どもにおすすめ。タブレットだけですべてが解決。2022年4月から、学習内容の学年を超えて学べる無学年学習導入)

≫【こどもちゃれんじ】(幼児専用。毎月、子どもが楽しめる学習教材が届く)

≫【進研ゼミ小学講座】(小学生専用。赤ペン先生による個別学習。「テキスト」と「タブレット」2種類の学習スタイルから選べる)

≫【すらら】ADHDの子どもに合った学習教材。無学年方式の学習スタイル。「学習塾」「学校」「放課後等デイサービス」でも導入されている。条件を満たせば不登校の子どもを出席扱いにできる。)

≫【家庭教師】「比較くらべ~る」(大手35社以上から子どもに合った家庭教師を2分もあれば見つけてくれる。オンライン対応会社も複数あり。)

 

ADHDの子どもにおすすめの「運動系」の習い事

外に置かれたイスに付けられたカラフルな風船と「運動系」の文字

まず、ADHDの子どもに運動系の習い事させるときは基本的に個人競技の方が向いています。

個人競技が向いている理由

  • 好きなことには誰よりも集中できる
  • 集中するとまわりが見えなくなる
  • 相手の気持ちを理解することが苦手なので、団体競技だとトラブルがふえる

それでも、「子どもには団体競技をさせたい!」と考えるあなたには「サッカー」をおすすめします。

 

ADHDの子どもおすすめの「運動系」の習い事がこちらです。

気になる習い事をクリックすれば、すぐに見ることができます。

 

サッカー【条件あり】

ADHDの子どもには個人競技の習い事のほうが合っています。団体競技だと、まわりの人とトラブルになることや、判定などもあいまいなことが多いので、ADHDの子どもは納得できずに、

「なんで!?」

「おかしいよ!」

「ちがう!!」

などのトラブルがふえることがよくあります。

「はい…。」

悩む顔のママ

しかし、ADHDの子どもは好きなことに対しては、

  • ずっと頑張れる
  • 努力し続けられる

という良さもあるので、子どもがサッカーを習って好きになれば、ほかの子よりも上手になる可能性は十分にあります。

kokou
「私がサッカーの指導者をしていたときも、ADHD傾向の子どもがサッカーに夢中になって、まわりの子どもたちよりも上手くなる場面を何度も見てきました。」

 

体育会系のスポーツの中で「サッカー」と「野球」は人気のスポーツです。その中でも、どちらがおすすめのスポーツかと言えば「サッカー」です。なぜなら、サッカーは試合中ずっと動き続けるからです。(大人なら90分、子どもなら年齢によって違いますが試合時間は決まっています。)

 

ホイッスル(笛)の合図で試合が始まり笛が鳴れば終わりなので、ADHDの子どもにもわかりやすいです。そして、いろいろなことに興味をもって落ち着くことができないADHDの子どもでも、サッカーは攻守が何度も入れ変わってずっと動き続けられるのでサッカーはADHDの子どもに合っています。

 

野球だと攻撃と守備がハッキリと分かれているので、

  • 攻撃は自分の出番がくるまで
  • 守備はボールが飛んでくるまで

待たなければいけません。待つことが苦手なADHDの子どもにはちょっとむずかしいです。そして、そのような場面でよくトラブルが起きるのがADHDの子どもです。

「想像がつくわ…。」

ゾッとして汗をかくママ

上記の理由からもADHDの子どもには「サッカー」の方が合っています。そしておすすめです。

 

好きなことには夢中になれるADHDの子どもには可能性があります。なぜなら、サッカーも団体競技ではありますが、自主練習がとても大事なスポーツだからです。自主練習(個人練習)でまわりよりも努力することができればすごい選手になれます。

 

そして、ADHDの子どもにとって何よりもたいせつなことが、教えてもらう監督やコーチに恵まれることです。団体競技である「サッカー」を子どもに習わせるならば、

どんな監督なのか

どんなコーチなのか

をしっかりと見極めるようにしましょう。

 

参考

ここでは書ききれなかったADHDの子どもにサッカーを習わせる前に「知っておくべき内容」についてこちらの記事で詳しく紹介していますので気になる方は見てください。

サッカーボールを足下で持つ子どもの写真と「ADHDの子どもにサッカーをさせるなら知っていますか?この7つ!」の文字
ADHDの子どもにサッカーをさせるなら知っておくこと7選!【指導経験あり】

続きを見る

 

こっちもオススメ

すでにサッカーを子どもに習わせようと決めているあなたには、【「リベルタ」サッカースクール】をおすすめします。

 

リベルタは、子どもに通わせたいスポーツスクール「No.1」に選ばれているADHDの子どもにおすすめのサッカースクールで、全国約1,500箇所にあります。無料体験もあるので、悩むならまずは体験を受けるべきサッカースクールです。

「リベルタサッカースクール」公式サイトはこちら。

無料体験を申し込む

 

ADHDの子どもにおすすめのサッカースクールについて他社と比較しながら決めたい方はこちらの記事を見てください。

子ども達がサッカーをする姿と「【元指導者が解説】ADHDの子どもにおすすめ!サッカースクール3選」の文字
ADHDの子どもにおすすめのサッカースクール「3選」。元指導者が解説。

続きを見る

 

水泳

ADHDの子どもに運動系の習い事をさせるなら「水泳」がおすすめです。

 

水泳は「タイムで順位が決められる世界」なので、ADHDの子どもが苦手とする「あいまい」がありません。そして、自分の評価をまわりの人や審判に決らめられることなく、数字だけでハッキリと評価してもらえるので、

「なんで!?」

大きな声を出して怒る男の子

「どうして?!」

「今のはおかしい!」

イライラして怒っている男の子

などと、ADHDの子どもが納得できずに怒ることもありません。さらに、自主練習もまわりに合わせることなく子どものペースで練習ができるので、ADHDの子どもに水泳をさせることはおすすめです。

 

参考

「水泳」の習い事を始めるなら、まずは【ティップネス・キッズ】がおすすめです。【ティップネス・キッズ】は0歳~15歳までを対象にした運動スクールで、さまざまな内容の習い事ができる総合フィットネスクラブです。

 

【ティップネス・キッズ】の1日体験には費用500円(税込み)がかかりますが、子どもに水泳(スイミング)の体験をさせて、「子どもにスイミングは合っていない」と思えば次の習い事をすぐに体験させることができるので、子どもに運動系の習い事をさせるときの失敗を回避できるようになります。

 

※今なら入会キャンペーンとして入会「初月」「翌月」の月会費が0円です!

【ティップネス・キッズ】公式サイトはこちら

体験を申し込む

※たったワンコインで子どもが将来の選択肢を広げられる

 

陸上

ADHDの子どもに運動系の習い事をさせるなら「陸上」がおすすめです。

 

「陸上」も水泳と同じでタイムだけで順位が決められる世界です。そのため、ADHDの子どもが苦手とする「あいまい」がありません。そして、水泳の場合は練習場所を制限されますが、陸上は場所をえらばずに練習をすることができます。しかし、「どこでも練習ができる」ことは、ADHDの子どもにとってはメリットでもありデメリットでもあります。

 

「いつでも、どこでも練習ができる」という環境が、ADHDの子どもにとっては「頑張る」スイッチが入りにくくなってしまう可能性があるので、「本当に陸上を好きにならなければ続けられなくなる」かもしれないので注意が必要です。

 

体操・ダンス

「体操」や「ダンス」も個人競技です。

※競技によっては団体競技になりますがここでは個人競技として説明します。

 

「体操」や「ダンス」はADHDの子どもにおすすめの運動系の習い事です。なぜなら、1人の世界に入り込み、集中して自分なりの演技を表現するスポーツだからです。

 

ADHDの子どもは自分の好きなことには、ほかの子以上に「夢中になって没頭できる」という良さがあります。そのため、「すごい集中力」と「すばらしい表現力」を発揮できる可能性があります。さらに、「体操教室」「ダンス教室」はたくさんあるので、習い事として始めることもかんたんにできるのでオススメです。

 

参考

「体操」「ダンス」の習い事を始めるなら、まずは【ティップネス・キッズ】がおすすめです。

 

【ティップネス・キッズ】は0歳~15歳までを対象にした運動スクールで、さまざまな内容の習い事ができる総合フィットネスクラブです。

 

【ティップネス・キッズ】の1日体験には費用500円(税込み)がかかりますが、子どもに「体操」「ダンス」の体験をさせて、「子どもには合っていない」と思えば次の習い事をすぐに体験させることができるので、子どもに運動系の習い事をさせるときの失敗を回避できるようになります。

 

※今なら入会キャンペーンとして入会「初月」「翌月」の月会費が0円です!

 

ゴルフ

ADHDの子どもに運動系の習い事としておすすめは「ゴルフ」です。

 

ゴルフは個人競技です。そして、練習も1人で黙々と、淡々とすることができます。

 

「習い事」として教えてもらう場合もマンツーマンで教えてもらえることが多いので、ADHDの子どもが教えてもらった内容をかんたんに理解することができます。また、ゴルフはすべてを1人で解決しなければいけないので、プレッシャーがすごいスポーツです。しかし、好きなことにはドップリ集中できるADHDの子どもには、プレッシャーを感じることなく過集中となってすごいパフォーマンスを出せる可能性があるので、ADHDの子どもにとってゴルフはおすすめの習い事です。

 

テニス

「テニス」は個人競技なのでADHDの子どもにオススメです。

 

「ボールを打つ」という単純な行為のくり返しをメインに動き続けるスポーツなので、ADHDの子どもでも簡単にルールを理解できて始めることができます。

※細かいルールもありますが、習い始めたときは簡単なルールで教えてくれるのでADHDの子どもでも楽しむことからスタートすることができるはずです。

 

しかし、上記で紹介してきた習い事とはちがい、テニスのような1対1で行うスポーツは練習をするときに相手が必要になります。そのため、ADHDの子どもは自分のペースで練習ができないことに対してイヤがったりトラブルに発展したりしてしまうかもしれないので、子どもに習わせる場合は注意が必要です。

※他にも、テニスのように1対1で行うスポーツで、さらに、ラケットなどを持ってボールやシャトルを打つスポーツ(「卓球」「バトミントン」「スカッシュ」など)も同じようにおすすめです。

 

ADHDの子どもにおすすめの「文化系」の習い事【元小学校教師だから教えられるメリットあり】

室内に置かれた風船と葉っぱのキレイな写真と「文化系」

ADHDの子どもおすすめの「文化系」の習い事がこちらです。

気になる習い事をクリックすれば、すぐに見ることができます。

 

英会話【いつ始めてもOK】

ADHDの子どもに文化系の習い事をさせるなら「英会話教室」がとってもおすすめです。

 

英会話教室は、子どもにとって勉強のような感覚ではなく、

「たのしい♪」

「おもしろい♪」

にっこり笑う男の子

「もっと話したい♪」

「もっとやりたい♪」

とても嬉しそうな女の子

などと思える場面が多くあって、子どもが「遊び感覚」ではじめることができます。

 

この気持ちがADHDの子どもにはとてもたいせつです。

 

好きなことは他の子以上に夢中になって続けられる良さがADHDの子どもにはあります。そのため、英会話教室は「楽しい」という気持ちで始められることができるので、子どもが学びを深めながら楽しく夢中になって続けることができます。

 

さらに、英語は子どもの将来に役立ちます。英語は子どもの年齢が上がるにつれて学習(教科)としての重要度が増していきます。

英語は2020年の教育改革により、

  • 小学3年生から必修化
  • 小学5年生からは教科化

されたことで、小学生から本格的に英語の勉強をするようになりました。

詳しく知りたい方はコチラ→文部科学省「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」について

そのため、英会話教室に通っていれば、勉強がキライな子どもでも抵抗なく英語の授業に参加することができるようになります。さらに、英会話教室の良いところは、いつから始めてもいいことです。

 

どんな年齢の子どもでも、「今」から始めることで英語学習のなやみが解決します。なぜなら、体育会系の習い事やピアノなどは、はやくから習い事として始めた子のほうが有利になります。しかし、英語は、

  • 「楽しい」か「楽しくない」
  • 「すき」か「キライ」

のどちらかなので、まわりの子どもと比較されることが英会話教室を利用しているとほとんどありません。そのため、今から始めても子どもが「楽しい」という気持ちになることはあっても、まわりと比較されて「イヤだな」という気持ちになったり自分に自信をなくしたりすることはありません。

 

英会話教室を今からはじめれば、子どもが英語を得意になって、そして 子どもの成績が上がります。そして、年齢が上がるほど重要度が増す教科である英語の勉強で悩むことがなくなります。さらに、これから数年、子どもに「英語の勉強をしなさい!」と言わなくてすんだり、自宅で英語を教えたりしなくてすむようになります。

※英語の勉強がたいせつなことや、英語の学習時間が子どもの成長とともに増えることに気付いた保護者から、英会話教室を子どもに利用して対策をしています。

 

子どもに今から英会話教室を習わせることで、

「○○ちゃんは英語ができていいですね。」

「いつから英語が得意になったんですか?」

「うちの子も○○ちゃんみたいに英語ができてくれたらいいのに…。」

とママ友から言われたときに、「早くから英会話教室を習わせてよかった。」と思えるようになります。

 

おすすめ「英会話教室」

ADHDの子どもにおすすめの英会話教室がこちらです。

※無料体験できます。

  • ADHDの子どもが1番に利用を考えるべき英会話教室は「ペッピーキッズクラブ
  • 子どもの将来に役立つ魅力的なカリキュラムがいいなら「ECCジュニア
  • オンラインでレッスンを受けたいなら「NovaKid

子どもに合った英会話教室を見つけるためには、すべての教室で無料体験を受けて子どもの様子を見ることが失敗しない「かしこい方法」です。

 

何度も言いますが、失敗しないために、後悔しないためにたいせつなことは「行動しながら考える」ことです。

公式サイトはこちら

\ペッピーキッズクラブ公式サイト/

無料体験を申し込む

 

 \「ECCジュニア」公式サイト/

無料体験を申し込む

~子どもが楽しめる魅力的なカリキュラムがたくさん!教室数「No.1」~

 

\「Novakid」公式サイト/

無料体験を申し込む

~7万人以上が利用!かんたんに申し込める~

 

参考

もっと詳しくADHDの子どもにおすすめの英会話教室について知りたい方はこちらの記事を見てください。

「ADHDの子ども専用,3つの条件で厳選,おすすめ英会話教室3選」の文字
【3つの条件で厳選!】ADHDの子どもにおすすめの英会話教室「3選」。

続きを見る

 

プログラミング【学ぶべき理由あり】

ADHDの子どもに文化系の習い事をさせるなら「プログラミング教室」がおすすめです。

 

ADHDの子どもに「プログラミング」は合っています。とくに、

  • ゲームがすきな子
  • 工作がすきな子
  • 1つのことに夢中になる子

にオススメです。プログラミング教室は、子どもの将来を考えるなら利用すべき習い事です。なぜなら、2020年度より小学校でプログラミングが必修科目になったことで、学校の授業でプログラミングを勉強するようになったからです。

※小学校でのプログラミングが必修科目なった経緯について詳しく知りたい方はこちら→文部科学省「プログラミング教育」

 

小学6年生の「令和4年度全国学力・学習状況調査」では、プログラミングが出題されるようになりました。それだけプログラミングは重要度が増しているので、今後、子どもにとってプログラミングができるようになることは、今以上に必要な能力になります。

※子どもにプログラミングを教えられる場合は習わせなくても問題ないです。

kokou
「現役の小学校の先生にも聞きましたが、タブレットやノートパソコンが使えるか使えないかで授業の理解度にも差が出るようになってきているようです。」

 

プログラミングを教えることに自信がないあなたは、今後、子どもがプログラミングの勉強ができないことで後悔しないためにも、今すぐプログラミング教室の利用を考えることをおすすめします。プログラミング教室で子どもが学んだことは基本的に「作品」や「パソコンの中」などに形として残ります。そのため、子どもが自分でつくった作品を見ることで、

「ぼくがつくった!」

にっこり笑う男の子

「わたしでもできた!」

とても嬉しそうな女の子

という気持ちになれるので、「がんばればできる」ということを楽しみながら教えることができます。

kokou
「子どもの作品があることで、かんたんに子どもをほめることができるようになります。」

 

さらに、プログラミングを学校で教えるようになったのは最近です。プログラミングが得意な子どもが少ない今だからこそ、プログラミングができるようになれば、子どもは褒められたり評価されたりすることがふえるので学校が楽しくなるはずです。そして、

「○○ちゃんはプログラミングができてすごいですね。」

「うちの子も○○ちゃんみたいにプログラミングができるようになればいいのに…。」

「いつからプログラミングを習い始めたの?」

「もっと早くからプログラミングを習わせればよかった…。」

などとママ友から声をかけられることがふえるようになります。そのときに、「早くからプログラミングを習わせてよかった。」と思えるはずです。

 

けれども、自宅で子どもにプログラミングを教えることができないあなたが、このままプログラミング教室を利用せずにいると、上記のママたちのように悩んで、

「あのとき無料体験だけでも受ければこんなに悩まなくてよかったのに…。」

と後悔します。そうならないためにも、「プログラミング教室を利用してみよう」とちょっとでも思ったのなら、悩む時間がもったいないので、無料体験だけでも、今、申し込みましょう。

おすすめ「プログラミング教室」

ADHDの子どもにおすすめのプログラミング教室がこちらです。

※すべてのプログラミング教室で「無料体験」ができます。

  • ADHDの子どもが1番に利用を考えるべきプログラミング教室はLITALICOワンダー
  • 未就学児から小学2年生以下の子どもなら自考力キッズ
  • ゲームが好きなADHDの子どもにはデジタネ

体験を受けることに損はないので、まずは、気になるサイトの無料体験を申し込んで、子どもに合ったプログラミング教室を軽い気持ちで見つけましょう。

 

考えながら行動したほうが悩む時間をグッと減らせます。(無料なのですべてに申し込んで「子どもに合っている教室」を見つける保護者もたくさんいます。損することなく失敗しない方法です。)

注意ポイント

【LITALICOワンダー】人気のプログラミング教室です。無料体験の申し込みも多く「満席で予約ができない曜日」がたくさんあります。まずは予約したい曜日が空いているかだけでも今すぐ見たほうがいいかと思います。


\【LITALICOワンダー】公式サイト/

無料体験を申し込む

~ADHDの子どもを安心して任せられるプログラミング教室~

 


\【自考力キッズ】公式サイト/

無料体験を申し込む

~未就学児から低学年の子どもは1番に利用を考えるべき!~

 


\【デジタネ】公式サイト/

無料体験を申し込む

~申し込みは簡単!今なら14日間の無料体験を実施中!~

 

 

ADHD の子どもに合ったプログラミング教室をもっと詳しく知りたい方はこちらの記事を見てください。ランキング形式で紹介しているので、子どもに合ったプログラミング教室をすぐに見つけることができます。

「ADHDの子ども,これで失敗しない!プログラミング教室,ランキング!」文字
[ランキングあり!]ADHDの子どもに習わせるべきプログラミング教室。これで失敗しない。

続きを見る

 

ピアノ

文化系の習い事として「ピアノ」はADHDの子どもにおすすめです。

 

ピアノは、

  • 1人でできる
  • 表現の幅がひろい

ので、ある程度練習をしてピアノが弾けるようになれば、子どもは楽しみながら自由に楽しんでピアノを習うことができるようになります。

 

好きなことには誰よりも夢中になれるADHDの子どもにとってピアノは「好きになるきっかけ」さえあればどんどん上達します。そのため、ADHDの子どもにピアノを習わせるときに重要なことが「教えてもらう先生」です。

 

ピアノ教室の先生がADHDの子どものことを理解してくれれば、子どもはのびのびとピアノを楽しめるようになります。

kokou
「ピアノを習わせるときは『どんな先生なのか』をしっかりと見極めるようにしましょう。」

 

注意

ピアノは習い始めで挫折するADHDの子どもがたくさんいます。

 

最初はピアノを習ってできるようになった技術をほめるのではなく、

「○○ちゃんってピアノをするとき本当にたのしそうだね♪」

「たのしそうにピアノをする○○ちゃんを見ると、ママもうれしくなる♪」

にっこり笑う女性

など、子どもがピアノを「楽しんでいる」ことを意識的にほめるようにしましょう。

 

絵画

文化系の習い事として「絵画(教室)」もADHDの子どもにおすすめです。

 

絵画教室の良さは、

  • 1人でもできる
  • 表現の幅がひろい
  • 自由度が高く夢中になれる

ので、絵画教室で絵を描く技術を学べば、子どもは絵を描くことを楽しみながら自由に表現した作品を作れるようになります。

 

これもポイント!

子どもは学校でも「図工の授業」で絵を描くことはたくさんあります。

 

絵を描くことをすきになって、さらに、絵を描くことが得意になれば、子どもにとって学校が今まで以上に楽しい場所になります。

 

絵画教室を利用するメリット

図工で描いた絵は先生にもよりますが教室に飾ることがよくあります。そして、学校の先生は参観日があるたびにできるだけ子どもの新しい作品(絵)を提示します。

kokou
「私も小学校の担任をしていたときは、参観日の前日にあわてて図工の作品(絵)を飾ることもありました。」

 

そのため、子どもが絵を描くことが得意になれば参観日があるたびに、

「○○ちゃんは絵がとっても上手ですね。」

「うちの子も○○ちゃんみたいに上手に絵を描かせたいわ。」

「いつから絵画教室に通っているの?まだ間に合うかな?」

「○○ちゃんは絵を描くことが上手でうらやましいわ。」

などとママ友から声をかけられるようになります。そして、参観日では子どもの様子をチェックするためだけに行くのではなく、ほかの子よりも上手な絵を見に行く楽しみができます。

 

デメリット

絵画教室にはデメリットもあります。それは、絵画教室はほかの「習い事」とちがって教室数がすくないことです。その点だけが絵画教室のデメリットです。そのため、子どもに絵画教室を習わせようと思ったのなら、まずは自宅から通える距離に絵画教室があるのかをチェックするようにしましょう。

 

知っていますか?

  • 近くに絵画教室がない!
  • せっかく「習わせてみたい」と思ったのに…。

と思ったあなたには、「オンライン絵画教室のアタムアカデミーの利用をおすすめします。

オンライン絵画教室のアタムアカデミーは、小学生を対象にしたオンラインで学べる絵画教室です。

「アタムアカデミー」のおすすめポイント

  • 全国どこからでも受けられる
  • 小学生に特化したイラスト教室
  • 「好き」な絵が「得意」に変わる
  • 「作品を作っておわり」ではなく販売まで体験できる
  • 子どもの感性を磨くだけではなく社会性も身につけられる

子どもが絵を描くことが好きなのに絵画教室が近くになくて困っているなら、「オンライン絵画教室のアタムアカデミー」を1度試してみることをおすすめします。体験は無料です。

 

無料なので損することはありません。「子どもの好きを見つけられるきっかけ」だと思って体験を受けるほうが後悔しないかと思います。

小学生に大人気!

今すぐ申し込む

※無料体験だけでも受ける価値あり

 

 

「年代別」ADHDの子どもにおすすめの習い事【迷ったらコレ】

「【年代別】おすすめの習い事」の文字

上記で紹介した習い事を見ても、

  • うちの子にはどれがいいのかわからない…。
  • やらせてみたい習い事がありすぎて決められない…。
  • 結局、子どもにとって1番のおすすめが何かわからない…。

と思ったあなたには、子どもの年齢から習い事を決めることをオススメします。なぜなら、年代によってADHDの子どもにとっておすすめの習い事が変わるからです。

 

どれがいいのか決めきれないならば、これから紹介する年代別でオススメする習い事の中から選ぶことで、

なやむ時間

迷う時間

考える時間

を減らすことができて、すぐに行動できるようになります。たいせつなことは行動しながら考えることです。ここまで読んだなら、悩んだ時間をムダにしないためにもちょっとでも行動しましょう。行動した人だけが今後の子育てを楽にできます。

 

後悔しないように、ぜひ、行動してください。

※項目をクリックすればすぐに見ることができます。

【年代別】おすすめの習い事「一覧」 

 

幼児におすすめの習い事

国内最大級の子どもとお出かけ情報サイト『いこーよ』が実施した「習い事調査」によると、

「習い事をしている」子どもは、

  • 4歳で40%
  • 5歳で65%
  • 6歳で69%

さらに、4~6歳の保護者「2人に1人」が「2つ以上の習い事をしている」と回答しています。

上記のデータからも、幼児期から習い事をさせている保護者はたくさんいます。まだ習い事を決めていないならば、今すぐ、1つだけでもいいので習い事を決めて体験することをおすすめします。

 

注意

ADHDの幼児に習い事をさせるときには知っておくべき注意点があります。

注意ポイント

  • 子どもが楽しめることが第一優先
  • 子どもは感想を言えない
  • 「すぐにやめてもいい」という気持ちを持つ

この3つの注意ポイントを意識するようにしましょう。そして、ADHDの幼児におすすめの習い事がこちらの3つです。

なぜ、この3つの習い事が幼児にとってオススメなのか詳しく知りたい方はこちらの記事を見てください。

「ADHDの幼児専用,習い事を考えるならこの3つ!」の文字
ADHDの幼児におすすめの習い事を知っていますか?考えるべき習い事はこの3つ!

続きを見る

 

小学1年生におすすめの習い事

小学1年生のADHDの子どもに習い事をさせるときに知っておくべき注意点がこちらです。

注意ポイント

  • 「興味」「関心」があることを習わせる
  • 「無料体験」「無料の資料請求」ができる習い事を選ぶ

そして、小学1年生のADHDの子どもにおすすめの習い事は4つです。

なぜ、この4つの習い事が小学1年生のADHDの子どもにとってオススメなのか詳しく知りたい方はこちらの記事を見てください。

「ADHDの小学1年生,おすすめの習い事4選」の文字
【はやい方がいい!】ADHDの小学1年生におすすめの習い事「4選」。

続きを見る

 

小学2年生におすすめの習い事

小学2年生のADHDの子どもに習い事をさせるときに知っておくべき注意点がこちらです。

注意ポイント

  • 習い事をさせる目的をきめる
  • すぐにやめても怒らない

そして、小学2年生のADHDの子どもにおすすめの習い事は3つです。

なぜ、この3つの習い事が小学2年生のADHDの子どもにとってオススメなのか詳しく知りたい方はこちらの記事を見てください。

「ADHDの小学2年生,将来につながる習い事3選」の文字
ADHDの小学2年生にとって将来につながる習い事「3選!」【注意点あり】

続きを見る

 

小学3年生におすすめの習い事

小学3年生のADHDの子どもに習い事をさせるときに知っておくべき注意点がこちらです。

注意ポイント

  • 「得意」「夢中」になれることをさがす
  • 習い事に頼りたい内容をきめる
  • 【重要】まずはやってみる

そして、小学3年生のADHDの子どもにおすすめの習い事は5つです。

なぜ、この5つの習い事が小学3年生のADHDの子どもにとってオススメなのか詳しく知りたい方はこちらの記事を見てください。

「まだ間に合う!ADHDの小学3年生におすすめの習い事5選」の文字
【まだ間に合う!】ADHDの小学3年生におすすめの習い事「5選」。

続きを見る

 

小学4年生におすすめの習い事

小学4年生のADHDの子どもに習い事をさせるときに知っておくべき注意点がこちらです。

注意ポイント

  • 子どもの気持ちを優先にする
  • 「やめたい」と言ったときの対応方法を知る

そして、小学4年生のADHDの子どもにおすすめの習い事は5つです。

なぜ、この5つの習い事が小学4年生のADHDの子どもにとってオススメなのか詳しく知りたい方はこちらの記事を見てください。

「ADHDの小学4年生,まだ間に合う!オススメの習い事5選」の文字
【まだ間に合う!】ADHDの小学4年生にオススメの習い事5選。

続きを見る

 

小学5年生におすすめの習い事

小学5年生のADHDの子どもに習い事をさせるときに知っておくべき注意点がこちらです。

注意ポイント

子どもがやる気をもてない習い事はさせない

小学5年生になると好きなことやキライなことがハッキリとわかれます。そして、新しいことをすることに対しても、

  • みんなよりできないから恥ずかしい
  • やりたいことがほかにあるから新しいことはしたくない

と子どもは思うようになるので、習い事を始めさせようとしてもイヤがるようになります。

「それなら、どうやって子どもに習い事を始めさせられるの?」

考えるママ

小学5年生のADHDの子どもに習い事を始めさせるなら、無料体験がある習い事を利用して、子どもが「たのしい」「やってみたい」と思えるようにすることがたいせつです。

 

習い事を体験させることで、子どもが習い事に対してイメージをもてるようになるので、スムーズに習い事をはじめられるようになります。さらに、無料なので子どもがイヤがったならすぐに次の習い事を考えられるようになります。

 

参考

無料体験ができて、小学5年生のADHDの子どもにおすすめの習い事がこちらです。

おすすめ理由

※スマホの方は横にスクロールして見てください→

習い事 おすすめ理由 詳細記事
オンライン家庭学習教材 すでに子どもが勉強をイヤがっていて「今すぐなんとかしたい!」と考える人におすすめ。 記事をみる
家庭教師  子どもの学習時間を利用して「自分の時間をふやしたい」と考える人におすすめ。 記事をみる
英会話教室 子どもが成長するにつれて「重要度が増していく英語で苦労したくない」と考える人におすすめ。 記事をみる
プログラミング教室 プログラミング?プログラミングなんて子どもに教えられない」と考えた人におすすめ。 記事をみる
サッカースクール 元気いっぱい体を動かしながら集団行動ができるようになってほしい」と考える人におすすめ。 記事をみる

 

小学6年生におすすめの習い事

小学6年生のADHDの子どもに習い事をさせるときに知っておくべき注意点がこちらです。

注意ポイント

子どもの気持ちを優先にして選ばせる

小学6年生にもなれば、自分の考えをしっかりと持っています。そして、まわりから(特にママ)から言われることや指示せれることに対して、自分の考えとちがうと反抗的な態度をとることも多くあります。

「たしかに。何を言っても言うことを聞かないことがあるわ…。」

悩む顔のママ

そのため、小学6年生のADHDの子どもに習い事をさせるときは、子どもの気持ちを優先にしながら自分で習い事を選べるようにしましょう。

「そんなことしたら私が習い事を考える意味がないわ。」

驚いた顔のママ

 

ここで対策

小学6年生のADHDの子どもに好き勝手「やりたい習い事」を決めさせないための対策がこちらです。

対策

  1. 習い事として子どもに「やらせたい」「やってもいい」と思う習い事を3~5つ選ぶ
  2. 子どもにどの習い事がいいか選ばせる

この対策で、子どもは自分で習い事を選んだ気持ちになって、あなたは「子どもにやらせたいと考える習い事」をさせることができるようになります。

 

以上のように、小学6年生のADHDの子どもに習い事を利用させるなら、まず、どの習い事ならば子どもに習わせてもいいか、あなたのオリジナル「習い事リスト」をつくるようにしましょう。そのためにも、気になる項目をクリックして今すぐ習い事を決めてください。

 

まとめ:15種類の習い事を知ることで、ADHDの子どもに利用させるべき「おすすめの習い事」が見つかる

空に飛ぶたくさんの風船と「まとめ」の文字

今回は、ADHDの子どもにおすすめの習い事を「学習系」「運動系」「文化系」に分けて合計15コ紹介しました。

 

まず、ADHDの子どもに習い事をさせるときには、

  • 子どもが「すきになれること」を見つけられるようにする
  • 子どもに習い事で「どうなってほしいのか」を考える
  • 子どもがいつでも習い事を「やめてもいい」という気持ちをもつ

という、3つの意識をもつことがたいせつです。そして、実際に習い事を子どもにさせるときは、習い事をムリやり続けさせなくても、経験させることが子どもにとって大きな価値になることを忘れないようにしましょう。

 

ADHDの子どもはいろいろなことに興味をもちます。そして、「すき」と思えることにさえ出会えれば、夢中になってがんばり続けることができます。

 

あなたの子どもが、そんな「習い事」に出会えるきっかけが、今回、おすすめした15コの「習い事」の中にあれば嬉しいです。長い記事でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

P,S,ここまで読んで、何も行動しないのはもったいないです。何か1つは動き出してみてください。

本日、紹介した「習い事」と「記事」リスト

紹介した「習い事」

≫【スマイルゼミ】(幼児~小学生OK。ADHDの子どもにおすすめ。タブレットだけですべてが解決。2022年4月から、学習内容の学年を超えて学べる無学年学習導入)

≫【こどもちゃれんじ】(幼児専用。毎月、子どもが楽しめる学習教材が届く)

≫【進研ゼミ小学講座】(小学生専用。赤ペン先生による個別学習。「テキスト」と「タブレット」2種類の学習スタイルから選べる)

≫【すらら】ADHDの子どもに合った学習教材。無学年方式の学習スタイル。「学習塾」「学校」「放課後等デイサービス」でも導入されている。条件を満たせば不登校の子どもを出席扱いにできる。)

≫【家庭教師】「比較くらべ~る」(大手35社以上から子どもに合った家庭教師を2分もあれば見つけてくれる。オンライン対応会社も複数あり。)

≫【「リベルタ」サッカースクール】子どもに通わせたいスポーツスクール「No.1」に選ばれているADHDの子どもにおすすめのサッカースクール!全国約1,500箇所。)

≫【ティップネス・キッズ】0歳~15歳までを対象にした運動スクール。たったワンコインで子どもが将来の選択肢を広げられる)

≫【ペッピーキッズクラブ】ADHDの子どもにおすすめ!全国1300教室。カリキュラムは教育改革に対応。外国人講師と日本人講師の両方から直接教えてもらえる。

≫【ECCジュニア】(信頼度抜群!子ども英会話教室数「No.1」。保護者へのサポートも充実で安心。)

≫【NovaKid】7万人以上が利用するオンライン英会話教室。録画機能で子どもが簡単に復習できる。)

≫【LITALICOワンダー】ADHDの子どもにおすすめ!ADHDの子どもの特性を考えた教え方。無料体験の満足度は90%以上。

≫【自考力キッズ】小学2年生以下の子どもが利用を1番に考えるべき教室。)

≫【D-SCHOOLオンライン】ゲームが好きなADHDの子どもにおすすめ。)

≫【オンライン絵画教室のアタムアカデミー】(小学生に大人気!オンラインで学べる絵画教室。無料体験だけでも受ける価値あり)

 

紹介した記事リスト

「ADHDの子ども,小学生限定!授業でみんなについていけるようになる習い事5選 」の文字
ADHDの小学生が授業でみんなについていけるようになる習い事5選!

続きを見る

「2つに分かれた道」の写真に書かれた記事タイトル
ADHDの子どもに「スマイルゼミ」と「進研ゼミ」どっちがいいのか『7つの比較』で判断!幼児から小学生まで対応。

続きを見る

Article-cover-children-with-adhd-recommended-tutors
[簡単5分!]失敗しないADHDの子どもに合ったおすすめ家庭教師。2つの方法で見つかります。

続きを見る

パソコンと「比較表あり!おすすめ,オンライン家庭教師」の文字
[比較表あり!]ADHDの子どもにおすすめのオンライン家庭教師。

続きを見る

「【注意点あり】個別指導塾スタンダード,ADHDの小学生にオススメな理由8選」の文字
個別指導塾スタンダードがADHDの小学生にオススメな理由8選。【注意点あり】

続きを見る

サッカーボールを足下で持つ子どもの写真と「ADHDの子どもにサッカーをさせるなら知っていますか?この7つ!」の文字
ADHDの子どもにサッカーをさせるなら知っておくこと7選!【指導経験あり】

続きを見る

子ども達がサッカーをする姿と「【元指導者が解説】ADHDの子どもにおすすめ!サッカースクール3選」の文字
ADHDの子どもにおすすめのサッカースクール「3選」。元指導者が解説。

続きを見る

「ADHDの子ども,これで失敗しない!プログラミング教室,ランキング!」文字
[ランキングあり!]ADHDの子どもに習わせるべきプログラミング教室。これで失敗しない。

続きを見る

「ADHDの子ども専用,3つの条件で厳選,おすすめ英会話教室3選」の文字
【3つの条件で厳選!】ADHDの子どもにおすすめの英会話教室「3選」。

続きを見る

「ADHDの幼児専用,習い事を考えるならこの3つ!」の文字
ADHDの幼児におすすめの習い事を知っていますか?考えるべき習い事はこの3つ!

続きを見る

「ADHDの小学1年生,おすすめの習い事4選」の文字
【はやい方がいい!】ADHDの小学1年生におすすめの習い事「4選」。

続きを見る

「ADHDの小学2年生,将来につながる習い事3選」の文字
ADHDの小学2年生にとって将来につながる習い事「3選!」【注意点あり】

続きを見る

「まだ間に合う!ADHDの小学3年生におすすめの習い事5選」の文字
【まだ間に合う!】ADHDの小学3年生におすすめの習い事「5選」。

続きを見る

「ADHDの小学4年生,まだ間に合う!オススメの習い事5選」の文字
【まだ間に合う!】ADHDの小学4年生にオススメの習い事5選。

続きを見る

  • この記事を書いた人
kokou

kokou

子どもが好きです。子育て、ADHD、発達障害についての専門家。 心理大学卒の元小学校教師、元障害児通所支援事業所勤務、そして、メンタルケア心理士。子ども「に」教えるのは得意にしてきたが、現在、子ども「を」育てる難しさをパパとして勉強&奮闘中。

-ADHD

© 2024 てんブログ Powered by AFFINGER5