「ADHDの小学1年生,おすすめの習い事4選」の文字

ADHD

【はやい方がいい!】ADHDの小学1年生におすすめの習い事「4選」。

当ページはプロモーションが含まれています。

うちの子はADHDです。

ADHD傾向です。

小学校1年生です。

  • 習い事をさせたいけれど何がいいのかわからない…。
  • 小学1年生から始めた方がいい習い事が知りたい…。
  • 子どもに習い事をさせるときに気をつけることを知りたい…。

今回はこのような悩みを解決します。

 

子どもが小学1年生になったことをきっかけに習い事を始めさせようとしたときに、

「何を習わせればいいの…。」

困って悩む女性

と困ることってありますよね。

 

そこで今回は、ADHDの小学1年生の子どもにおすすめの習い事「4選」について紹介します。

※紹介している習い事はすべて無料体験無料の資料請求ができる習い事を厳選して紹介しています。損することも後悔することもないので安心です。

 

【小1専用】おすすめの習い事「一覧」

※スマホの方は横にスクロールして見てください→

習い事 おすすめ理由 詳細記事
通信教育 子どもがみんなと同じように勉強ができるようになって、「今後、子どもの勉強で悩みたくない」と考える人におすすめ。

記事を見る

英会話教室 子どもが成長するにつれて「重要度が増していく英語で苦労したくない」と考える人におすすめ。

記事を見る

プログラミング教室 プログラミング?プログラミングなんて子どもに教えられない」と考えた人におすすめ。

記事を見る

サッカースクール 人気のスポーツで子どもには「元気いっぱい体を動かしながら集団行動ができるようになってほしい」と考える人におすすめ。

記事を見る

 

かんたん結論

たいせつなことは行動しながら考えることです。小学1年生のADHDの子どもにおすすめの習い事は4つ。学習系の習い事なら「通信教育」。運動系なら「サッカースクール」。子どもの将来を考えるなら「英会話教室」と「プログラミング教室」です。

 

さっそくそれぞれの習い事について詳しく知りたい方はこちら。

「【小学1年生専用】おすすめの習い事4選」

 

今回の記事を読むことで、

  • 小学1年生のADHDの子どもにおすすめの習い事がわかる

さらに、小学1年生の子どもに習い事をさせるときの注意点がわかって、失敗することなく習い事を始められて、毎日を楽しく笑顔で過ごす子どもの姿を見ることで、いつも悩んでいた気持ちもスーッと軽くなります。

 

そして、子どもが習い事をしているときは久々にゆっくりとした自由な時間ができて、「今から何をしようかな?」と自分のための時間を楽しく考えられるようになります。

 

本記事の執筆者情報

私は子どもにかかわる仕事を10年以上経験してきました。

  • 元小学校教師(通常学級担任、特別支援学級担任をそれぞれ2年以上経験)
  • 元障害児通所支援事業所勤務(放課後等デイサービスで、未就学児から小学生までの発達障害の子どもの支援業務を2年以上経験)
  • 心理大学卒業のメンタルケア心理士(心理士資格取得のためにADHDの診断基準であるDSM-5を精神医科学基礎で学習。試験では満点。)

この経験を通して、たくさんの子どもを見てきました。

 

小学1年生になったことをきっかけに習い事を始める子

ほかの子よりも早くから習い事を始めることで自信をもてるようになった子

習い事を始めてもすぐに「やめたい!」と言いだす子

そして、そのような子どものお母さんから、

「小学1年生の子どもに習い事をさせたいけれど、どんな習い事がいいのかわからなくて困っています。どうしたらいいですか?」

白旗を上げて困っている女性

と相談を受けて、その子の個性や特徴を考えながらアドバイスをしてきました。それでは、小学1年生のADHDの子どもに習わせるべきおすすめの習い事について詳しく紹介します。

 

小学1年生のADHDの子どもに習い事をさせるときの注意点

「ADHDの小学1年生,習い事をさせるときの注意点」の文字

小学1年生のADHDの子どもに習い事をさせるときの注意点がこちらです。

注意ポイント

  • 「興味」「関心」があることを習わせる
  • 「無料体験」「無料の資料請求」ができる習い事を選ぶ

 

「興味」「関心」があることを習わせる

ADHDの小学1年生の子どもは学校へ行けば、

  • 知らないことを学ぶ
  • 新しい体験をする

ことを毎日のように経験しています。

 

小学1年生の時期は学校に通うだけでも、子どもにとって今後の人生に必要な経験をたくさんすることができます。そのため、ムリやり習い事をさせなくても学校へ行くだけでも子どもにとっては価値があります。しかし、ADHDの子どもは初めてのことをイヤがったり、自分の気持ちを我慢したり、みんなに合わせて行動したりすることが苦手なので、学校生活ではストレスを溜めてしまうこともよくあります。

 

そのため、子どもがストレスを発散したり自分の好きなことを思いっきりしたりするための場所として習い事を利用することは子どもにとって良いことです。

 

子どもに習い事をさせるときに注意しなければいけないこととして、子どもに習い事をさせる場合は、ママが「子どもにやらせたい習い事」をさせるのではなく、子どもが「興味・関心をもてる習い事」をさせてあげることがたいせつです。

 

子どもに「やりたくない」と思う習い事をムリやり習わせることは、学校でイヤなことを我慢するだけではなく、学校が終わったあとの「習い事」でもイヤな思いをすることになってしまうので、子どもがどんどんストレスを溜めるようになってしまいます。

 

子どもはストレスを溜めると気持ちが不安定になりやすく、ちょっとしたことで怒ったり泣いたり暴れたりするようになって、今後、苦労することになってしまうので注意しましょう。

 

そのため、ADHDの小学1年生の子どもには、

  • 好きになれる
  • 興味をもてる
  • 夢中になれる

習い事を優先に考えて子どもにあった習い事を見つけてあげましょう。

 

「無料体験」「無料の資料請求」ができる習い事を選ぶ

ADHDの小学1年生の子どもに習い事をさせるときは、「無料体験ができる」または「無料の資料請求ができる」習い事を選ぶことがたいせつです。

 

小学1年生のADHDの子どもは、好きなことややりたいことがコロコロと変わります。そのため、資料を見たり体験したりすることなく習い事を始めてしまうと、

「やっぱりイヤ…。」

「もうやりたくない…。」

「たのしくない…。」

どんより沈んだ表情の男の子

「行きたくない!」

大きな声を出して怒る男の子

と子どもが言い出したときに、

「がんばるって決めたでしょ!」

「もうお金を払ったんだから頑張りなさい!」

上から目線で注意する女性

と子どもを怒らなければいけなくなってしまいます。そうならないためにも、無料体験や無料の資料請求ができる習い事を選んで、子どもが本当に「やりたい習い事」なのかどうかを、習い事に入会する前にしっかりと確認して失敗しないようにしましょう。

 

注意

ADHDの小学1年生の子どもが習い事を始めても、

「やめたい!」

「やりたくない!」

「行きたくない!」

と習い事をイヤがったときには、できるだけ子どもの気持ちを尊重してあげましょう。

 

ADHDの子どもは1度「イヤだ」と思ったことをがんばって続けることが苦手なので、「習い事の時間」が苦痛になってストレスを感じるようになってしまいます。そうならないためにも、子どもが習い事をイヤがるならば、「ほかの習い事をすぐに考える」ことも重要な選択の1つです。

 

まだ小学1年生です。

 

どんな習い事でも子どもが好きで夢中になって続けられる「習い事」を見つけてあげることができれば、子どもは必ず得意になります。そのためにも、子どもが興味・関心のある習い事を見つけられるように、「無料体験」や「無料の資料請求」ができる習い事を選ぶようにしましょう。無料なので損することもありません。

 

これが、小学1年生のADHDの子どもに習い事をさせるときの注意点です。つぎの項目では、小学1年生のADHDの子どもにおすすめの習い事について紹介します。

kokou
「もちろん紹介する習い事は『無料体験』や『無料の資料請求』ができる習い事だけを厳選して紹介しています。」

 

ADHDの小学1年生の子どもにおすすめの習い事「4選」

「ADHDの小学1年生おすすめの習い事4選」の文字

ADHDの小学1年生の子どもにおすすめの習い事がこちらです。

※気になる項目をクリックすればすぐに見ることができます。

 

【小1専用】おすすめの習い事「一覧」

※スマホの方は横にスクロールして見てください→

習い事 おすすめ理由 詳細記事
通信教育 子どもがみんなと同じように勉強ができるようになって、「今後、子どもの勉強で悩みたくない」と考える人におすすめ。

記事を見る

英会話教室 子どもが成長するにつれて「重要度が増していく英語で苦労したくない」と考える人におすすめ。

記事を見る

プログラミング教室 プログラミング?プログラミングなんて子どもに教えられない」と考えた人におすすめ。

記事を見る

サッカースクール 人気のスポーツで子どもには「元気いっぱい体を動かしながら集団行動ができるようになってほしい」と考える人におすすめ。

記事を見る

1つずつ説明します。

 

通信教育

ADHDの小学1年生の子どもにおすすめの習い事の1つ目が「通信教育」です。

kokou
「子どもがみんなと同じように勉強ができるようになって、『今後、子どもの勉強で悩みたくない』と考えるあなたにおすすめです。」

 

子どもが勉強をイヤがったり宿題に時間がかかったりして困っているならば学習系の習い事を利用することをおすすめします。そして、小学1年生の時期から勉強をイヤがっていると、今後、ますます子どもが勉強をしなくなって苦労することになるので今すぐ対策をするようにしましょう。

 

「エデュケアポイント【保護者アンケート】」によると、小学1年生の2人に1人が習い事をしていて、約40%以上の子どもが通信教育を利用しているという結果が出ています。

「そうなの?!」

驚いた顔のママ

通信教育は子どもが楽しめるように工夫された学習教材がたくさんあるので、小学1年生のADHDの子どもに自宅で勉強をスムーズに、そして、簡単にさせることができるようになります。

 

小学1年生のうちに、

  • 勉強をすることに慣れる
  • 家庭学習の習慣を身につける
  • 勉強への苦手意識をなくす

ことができれば、子どもが学校の授業でも学習内容がわかるようになるので、授業にも意欲的に参加できて、楽しく学校生活を過ごすことができるようになります。そして、授業でもまわりについていけるようになります。

kokou
「授業内容がわかるようになるので、宿題も1人でサクサクとできるようになります。」

 

なによりも、小学1年生という早い時期から自宅学習の習慣が身につくことで、今後、子どもの勉強に対して悩まなくてすむようになります。

kokou
「この時期に対策をしないことで、子どもが中学年、高学年になるにつれて勉強をどんどんイヤがるようになって苦労するママをたくさん見てきました。そうならないためにも小学1年生のうちから早めに対策をしてください。」

 

参考

小学1年生の子どもに通信教育を利用するなら「スマイルゼミ」「進研ゼミ小学講座」が有名でおすすめです。どちらも無料で資料が請求できます。

 

両方の資料を見比べて子どもに合っているほうを選ぶようにすることで失敗が避けられます。もっと詳しく「スマイルゼミ」と「進研ゼミ小学講座」について知りたい方はこちらの記事で徹底比較しているので参考にしてください。

「2つに分かれた道」の写真に書かれた記事タイトル
ADHDの子どもに「スマイルゼミ」と「進研ゼミ」どっちがいいのか『7つの比較』で判断!

続きを見る

 

英会話教室

ADHDの小学1年生の子どもにおすすめの習い事の2つ目が「英会話教室」です。

kokou
「子どもが成長するにつれて『重要度が増していく英語で苦労したくない』と考えるあなたにおすすめです。」

 

英語は2020年の教育改革により、英語が小学3年生から必修化、小学5年生からは教科化されました。そのため、小学生から本格的に英語の勉強をするようになりました。

ココがポイント

  • 小学校3年生、4年生からは「外国語活動」として、週1~2コマ程度
  • 小学校5年生からは「教科」として英語を週3コマ程度

授業で勉強することになりました。

kokou
「週3コマということは、『音楽や図工よりも多く授業をする』ということです。」

もっと詳しく知りたい方はこちら→文部科学省「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」について

 

上記からも、今、子どもが小学1年生の場合、これからもっと英語の学習の重要度が増していくことになります。

 

そのため、小学1年生から英会話教室を利用することで、子どもが将来、成長するにつれて重要度が増していく「英語」の勉強でこまらなくすることができるようになります。さらに、英会話教室では英語の勉強だけではなく、コミュニケーション能力も養えるので、学校生活での友達とのトラブルをグッと減らすことができるようになります。

 

まだ間に合います!

子どもが英語の勉強が苦手だったりイヤがってやらなかったりすることで苦労しているママのほとんどが、

「もっと早くから英語を習わせればよかった…。」

「うちの子も○○ちゃんみたいに英語ができればこんなに宿題をさせることに苦労しなかったのに…。」

などと後悔していました。

 

子どもが小学1年生のあなたは、このような悩みを持たないように今から対策することができます。そのためにも、今、行動することです。今後、苦労しないためにも行動しながら考えるようにしましょう。

 

注意

英会話教室を利用するときは、すぐに英会話教室を決めて入会するのでなく、まずは子どもに合っているのか判断するためにも無料体験を受けるようにしましょう。ADHDの子どもにおすすめの英会話教室が「ペッピーキッズクラブ」「ECCジュニア」「NovaKid」です。

 

おすすめ理由

≫【ペッピーキッズクラブ】ADHDの子どもにおすすめ!全国1400教室。カリキュラムは教育改革に対応。外国人講師と日本人講師の両方から直接教えてもらえる。

≫【ECCジュニア】(信頼度抜群!子ども英会話教室数「No.1」。保護者へのサポートも充実で安心。)

≫【NovaKid】7万人以上が利用するオンライン英会話教室。録画機能で子どもが簡単に復習できる。)

 

もっと詳しく「おすすめの英会話教室」について知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

プログラミング教室

ADHDの小学1年生の子どもにおすすめの習い事の3つ目が「プログラミング教室」です。

kokou
「『プログラミング?プログラミングなんて子どもに教えられない』と考えたあなたにおすすめです。」

「小学生にプログラミングなんて必要?」

考えるママ

 

2020年度より小学校でプログラミングが必修科目になったことで、学校の授業でプログラミングを勉強するようになりました。さらに、小学6年生の「令和4年度全国学力・学習状況調査」では、プログラミングが出題されるようになりました。それだけプログラミングの重要度は増しているので、今後、子どもにとってプログラミングができるようになることは、今以上に必要な能力です。

※小学校でのプログラミングが必修科目なった経緯について詳しく知りたい方はこちら→文部科学省「プログラミング教育」

 

小学校でもプログラミングが必修科目になったことで、小学1年生の子どもは、これからプログラミングを勉強しなければいけなくなります。そして、今以上にデジタル化が進む子どもの将来にとって、プログラミングは今後ますます必要な能力になります。

「知らなかった…。」

驚いた顔のママ

現在、子どもが小学1年生の場合は子どもが成長するにつれてますますプログラミングの需要は高まって勉強しなければいけない場面は増えるはずです。そのため、

  • 子どもがプログラミングの勉強で困らないように
  • 家でプログラミングの勉強を教えることに悩まないように

するためにも、小学1年生という早い時期からプログラミング教室を利用することで、今後の子育ての悩みをひとつ解決できるようになります。とくに、

「プログラミングなんてサッパリわからない…。」

「どうやって子どもにプログラミングを教えればいいの…。」

と思ったあなたは注意が必要です。なぜなら、子どもがプログラミングの勉強をイヤがったときに自宅でプログラミングを教えられないことで、子どもはどんどんまわりから置いてかれてついていけなくなってしまう可能性があるからです。

 

ちょっとでも子どもの将来を考えて不安になったのならばプログラミング教室を利用したほうがいいかと思います。

 

参考

ADHDの子どもにおすすめのプログラミング教室を紹介します。すべて無料体験ができます。(※無料体験ができるのですべてに申し込んで子どもにあっているか判断するママもたくさんいます。失敗しないかしこい方法です。)

おすすめのプログラミング教室が「LITALICOワンダー」「自考力キッズ」「D-SCHOOLオンライン」です。

 

おすすめ理由

【LITALICOワンダー】ADHDの子どもにおすすめ!ADHDの子どもの特性を考えた教え方。無料体験の満足度は90%以上。

【自考力キッズ】小学2年生以下の子どもが利用を1番に考えるべき教室。)

【D-SCHOOLオンライン】ゲームが好きなADHDの子どもにおすすめ。)

 

もっと詳しく「おすすめのプログラミング教室」について知りたい方はこちらの記事を見てください。ADHDの子どもにおすすめのプログラミング教室をランキング形式で紹介しています。

 

サッカースクール

ADHDの小学1年生の子どもにおすすめの習い事の4つ目が「サッカースクール」です。

kokou
「人気のスポーツで子どもには『元気いっぱい体を動かしながら集団行動ができるようになってほしい』と考えるあなたにおすすめです。」

ADHDの子どもは自分の気持ちを優先にしたり納得できないことがあるとすぐに怒りだしたりしてしまうので、集団競技よりも個人競技の方が向いています。しかし、小学1年生という早い時期から集団行動に慣れさせることができれば、子どもにコミュニケーション能力が身について、子どもが将来、まわりに合わせながら友達と仲良くしたり協力したりすることができるようになります。

kokou
「ADHDの子どもにサッカーを習わせるおすすめポイントがこちらです。」

 

落ち着くことが苦手なADHDの子どもには、野球のように攻守が入れ変わって待ち時間が多いようなスポーツよりも常に動き回ることができて動き続けられる子どもの方が活躍できるサッカーのほうがおすすめです。ほかにも、自分の好きなことには誰よりも夢中になれるADHDの子どもの良さをサッカーならば活かすことができます。

 

なぜなら、野球やバスケット、ラグビーのように場所や練習相手が必要になることもなく、サッカーはボールがあればどこでも1人で練習(自主練習)ができるからです。ADHDの子どもがサッカーを好きになれば誰よりもコツコツと1人で努力ができて、そして、誰よりも上手くなれる可能性があります。

 

そのため、

  • 活発な運動をさせたい
  • 好きなことに夢中になってほしい
  • 集団行動ができるようになってほしい
  • 友達となかよくしてほしい

と考える方は、小学1年生という早い時期からサッカースクールを利用することをおすすめします。

 

参考

ADHDの子どもにおすすめのサッカースクールは「「リベルタ」サッカースクール」です。無料体験できます。ちょっとでもサッカーを子どもにさせようかなと思ったのならば損することはないので、今すぐ体験を申し込むことをおすすめします。

 

おすすめ理由

【「リベルタ」サッカースクール】子どもに通わせたいスポーツスクール「No.1」に選ばれているADHDの子どもにおすすめのサッカースクール!全国約1,500箇所。)

もっと詳しく「おすすめのサッカースクール」について知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

まとめ:4つの習い事を知ることで、小学1年生のADHDの子どもが毎日を楽しく笑顔で過ごすことができるようになる

「まとめ」の文字

今回は、ADHDの小学1年生の子どもにおすすめの習い事について紹介しました。

 

まず、小学1年生のADHDの子どもに習い事をさせるときの注意点が2つあります。

注意点がこちらです。

  • 「興味」「関心」があることを習わせる
  • 「無料体験」「無料の資料請求」ができる習い事を選ぶ

そして、 ADHDの小学1年生の子どもにおすすめの習い事がこちらです。

 

【小1専用】おすすめの習い事「一覧」

※スマホの方は横にスクロールして見てください→

習い事 おすすめ理由 詳細記事
通信教育 子どもがみんなと同じように勉強ができるようになって、「今後、子どもの勉強で悩みたくない」と考える人におすすめ。

記事を見る

英会話教室 子どもが成長するにつれて「重要度が増していく英語で苦労したくない」と考える人におすすめ。

記事を見る

プログラミング教室 プログラミング?プログラミングなんて子どもに教えられない」と考えた人におすすめ。

記事を見る

サッカースクール 人気のスポーツで子どもには「元気いっぱい体を動かしながら集団行動ができるようになってほしい」と考える人におすすめ。

記事を見る

上記の習い事からあなたの子どもにあった習い事を選ぶことで、小学1年生のADHDの子どもが失敗することなく習い事を始められて、毎日を楽しく笑顔で過ごすことができるようになります。

 

そして、子どもが習い事をしているときは久々にゆっくりとした自由な時間ができて、「今から何をしようかな?」と自分のための時間を楽しく考えられるようになります。

 

大事!

考えながら行動したほうが悩む時間をグッと減らせます。そして、今から行動することで、

「○○ちゃんは勉強ができてうらやましいわ…。」

「うちの子はどうして○○ちゃんみたいに得意なことがないのかしら…。」

「○○ちゃんみたいにうちの子も早くから習い事をさせればよかった…。」

などと、他の子のお母さんから声をかけられたときに、「あのとき行動しておいてよかった♪」と思えるようになります。

 

そのためにも今すぐ行動しましょう。何度も言いますが、たいせつなことは行動しながら考えることです。

今回、紹介した習い事の「詳細記事」リスト

「2つに分かれた道」の写真に書かれた記事タイトル
ADHDの子どもに「スマイルゼミ」と「進研ゼミ」どっちがいいのか『7つの比較』で判断!幼児から小学生まで対応。

続きを見る

「ADHDの子ども専用,3つの条件で厳選,おすすめ英会話教室3選」の文字
【3つの条件で厳選!】ADHDの子どもにおすすめの英会話教室「3選」。

続きを見る

「ADHDの子ども,これで失敗しない!プログラミング教室,ランキング!」文字
[ランキングあり!]ADHDの子どもに習わせるべきプログラミング教室。これで失敗しない。

続きを見る

子ども達がサッカーをする姿と「【元指導者が解説】ADHDの子どもにおすすめ!サッカースクール3選」の文字
ADHDの子どもにおすすめのサッカースクール「3選」。元指導者が解説。

続きを見る

  • この記事を書いた人
kokou

kokou

子どもが好きです。子育て、ADHD、発達障害についての専門家。 心理大学卒の元小学校教師、元障害児通所支援事業所勤務、そして、メンタルケア心理士。子ども「に」教えるのは得意にしてきたが、現在、子ども「を」育てる難しさをパパとして勉強&奮闘中。

-ADHD

© 2024 てんブログ Powered by AFFINGER5