「ADHDの小学4年生,まだ間に合う!オススメの習い事5選」の文字

ADHD

【まだ間に合う!】ADHDの小学4年生にオススメの習い事5選。

当ページはプロモーションが含まれています。

うちの子はADHDです。

ADHD傾向です。

小学校4年生です。

  • 子どもに合った習い事を知りたい…。
  • ADHDの子どもにオススメの習い事が知りたい…。
  • 小学4年生からでも始められる習い事が知りたい…。
  • 習い事を利用して子育てをちょっとでもいいから楽にしたい…。

今回はこのような悩みを解決します。

 

子どもが小学4年生になったことをきっかけに習い事をはじめようとしたり、新しい習い事をさせようと考えたりしたときに、

「何を習わせればいいの…。」

困って悩む女性

と困ることってありますよね。

 

そこで今回は、ADHDの小学4年生の子どもにオススメの習い事について紹介します。

※紹介している習い事はすべて無料体験や無料の資料請求ができる習い事を厳選しています。損することも後悔することもないので安心です。

 

【小4専用】おすすめの習い事「一覧」

※スマホの方は横にスクロールして見てください→

習い事 おすすめ理由 詳細記事
オンライン家庭学習教材 すでに子どもが勉強をイヤがっていて「今すぐなんとかしたい!」と考える人におすすめ。 記事をみる
家庭教師  子どもの学習時間を利用して「自分の時間をふやしたい」と考える人におすすめ。 記事をみる
英会話教室 子どもが成長するにつれて「重要度が増していく英語で苦労したくない」と考える人におすすめ。 記事をみる
プログラミング教室 プログラミング?プログラミングなんて子どもに教えられない」と考えた人におすすめ。 記事をみる
サッカースクール 元気いっぱい体を動かしながら集団行動ができるようになってほしい」と考える人におすすめ。 記事をみる

 

かんたん結論

たいせつなことは行動しながら考えることです。小学4年生のADHDの子どもにオススメの習い事は5つ。学習系なら「オンライン家庭学習教材」「家庭教師」。子どもの将来を考えるなら「英会話教室」と「プログラミング教室」。そして、運動系なら「サッカースクール」です。

 

さっそくそれぞれの習い事について詳しく知りたい方はこちら。

「【小学4年生専用】オススメの習い事5選」

 

今回の記事を読むことで、

  • 小学4年生のADHDの子どもにオススメの習い事がわかる

さらに、習い事を利用することで「得意なこと」「夢中になれること」が見つかって、元気に自信をもって毎日を過ごす子どもの姿を見ることや、

「○○ちゃんは△△が得意だね。」

「うちの子も何か習い事をさせたくなったわ。」

「子どもには早く習い事をさせるべきだったわ…。」

などとママ友から声をかけられるようになります。そして、子どもが習い事をしているときは久々にゆっくりとした自由な時間ができて、のんびりしながら「今から何をしようかな?」と自分のための時間を楽しく考えられるようになって、今までの悩みがパッとなくなります。

 

本記事の執筆者情報

私は子どもにかかわる仕事を10年以上経験してきました。

※小学4年生の担任経験あり。

  • 元小学校教師(通常学級担任、特別支援学級担任をそれぞれ2年以上経験)
  • 元障害児通所支援事業所勤務(放課後等デイサービスで、未就学児から小学生までの発達障害の子どもの支援業務を2年以上経験)
  • 心理大学卒業のメンタルケア心理士(心理士資格取得のためにADHDの診断基準であるDSM-5を精神医科学基礎で学習。試験では満点。)

この経験を通して、たくさんの子どもを見てきました。

 

小学4年生になったことをきっかけに習い事をはじめる子

習い事へ通うようになって気持ちが安定した子

習い事をすぐに「やめたい!」と言って続かない子

そして、そのような子どものお母さんから、

「小学4年生の子どもに習い事をさせたいけれど、どんな習い事がいいのかわからなくて困っています。どうしたらいいですか?」

白旗を上げて困っている女性

と相談を受けて、その子の個性や特徴を考えながらアドバイスをしてきました。

 

それでは、ADHDの小学4年生の子どもに今からでも始めるべきオススメの習い事について紹介します。さっそくそれぞれの習い事について詳しく知りたい方はこちら。

「【小学4年生専用】オススメの習い事5選」

 

小学4年生のADHDの子どもに習い事をさせるときの注意点

「ADHDの小学4年生,習い事をさせるときの注意点」の文字

小学4年生のADHDの子どもに習い事をさせるときの注意点がこちらです。

ココに注意

  • 子どもの気持ちを優先にする
  • 「やめたい」と言ったときの対応方法を知る

 

子どもの気持ちを優先にする

小学4年生のADHDの子どもに習い事をさせるときは、

やってみたい

できるようになりたい

たのしそう

がんばるぞ

などの、子どもの気持ちを優先にすることがたいせつです。なぜなら、ADHDの子どもは自分が興味のないことや、「やりたくない」と思ったことに対しては努力し続けることが苦手だからです。

 

ADHDの子どもにムリやりイヤがっていることを頑張らせるとストレスを溜めてしまいます。そして、ちょっとしたことやささいなことをきっかけにすぐ怒ったり興奮したり暴れだしたりしてしまいます。そうなると、子どもだけではなく、あなたも苦労したり悩んだりすることになるので注意が必要です。

 

そうならないためにも、

  • 子どもにやらせたいから
  • ほかの子がしているから
  • 人気の習い事だから

などの考えだけで子どもの習い事を決めないようにしましょう。

 

「たのしそう♪」

「やってみたい♪」

「できるようになりたい!」

という子どもの気持ちを優先に習い事を考えることがたいせつです。

 

「やめたい」と言ったときの対応方法を知る

小学4年生のADHDの子どもに習い事をさせるときは、「子どもが習い事をやめたい」と言い出したときの対応について事前に準備をしておくことがたいせつです。

 

小学4年生になると、

  • 好きな先生
  • キライな先生
  • 苦手な先生

などが子どもの中でわかれるようになります。「習い事」も同じように、教えてくれる先生に対して「好き」「キライ」がハッキリします。そのため、子どもが、

「頑張るぞ!」

ガッツポーズの男の子

と思って始めた習い事でも、

  • キライ
  • 苦手

と思うような先生だった場合、ADHDの子どもは習い事を続けることができずに、

「やめたい…。」

どんより沈んだ表情の男の子

と言い出してしまう可能性があるので気をつけましょう。ほかにも、小学4年生になると「自分」と「ほかの子」を比較して考えられるようになります。そのため、

「ぼくはだめだ…。」

「私にはできない…。」

「○○ちゃんみたいにできない…。」

「はずかしい…。」

などと子どもが考えてしまうと、自分に自信がもてずに習い事が楽しくなくなって、

「もうやりたくない。」

どんより沈んだ表情の男の子

と言い出してしまうこともあります。

 

上記のような内容で、小学4年生のADHDの子どもが「習い事をやめたい」と言い出したときには、習い事をムリやり頑張らせるのではなく、子どもがストレスを溜めないように対応しましょう。子どもが習い事を通して、できるようになることが増えるのではなくストレスが溜まるだけならば、子どもにとって良くないことです。

 

そうならないためにも、

ムリやり頑張らせない

子どもに合った他の習い事を見つける

など、「子どもが習い事をやめたい」と言い出したときの対応方法について事前に準備して困らないようにしましょう。

 

もっと詳しくADHDの子どもが「習い事をやめたい」と言い出したときの対応方法について知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

ADHDの小学4年生の子どもにオススメの習い事「5選」

「ADHDの小学4年生,オススメの習い事5選」の文字

ADHDの小学4年生の子どもにオススメの習い事がこちらです。

※気になる項目をクリックすればすぐに見ることができます。

 

【小4専用】おすすめの習い事「一覧」

※スマホの方は横にスクロールして見てください→

習い事 おすすめ理由 詳細記事
オンライン家庭学習教材 すでに子どもが勉強をイヤがっていて「今すぐなんとかしたい!」と考える人におすすめ。 記事をみる
家庭教師  子どもの学習時間を利用して「自分の時間をふやしたい」と考える人におすすめ。 記事をみる
英会話教室 子どもが成長するにつれて「重要度が増していく英語で苦労したくない」と考える人におすすめ。 記事をみる
プログラミング教室 プログラミング?プログラミングなんて子どもに教えられない」と考えた人におすすめ。 記事をみる
サッカースクール 元気いっぱい体を動かしながら集団行動ができるようになってほしい」と考える人におすすめ。 記事をみる

1つずつ説明します。

 

オンライン家庭学習教材

オンライン家庭学習教材はパソコンとネット環境があれば自宅で勉強ができる学習教材で、すでに勉強をイヤがっている子どもには特におすすめです。ADHDの子どもにオンライン家庭学習教材を利用するなら【すらら】がオススメです。

 

なぜなら、すららは「無学年式家庭学習教材」というおすすめポイントがあるからです。無学年式なので、子どもがつまずいた学年の学習から、もう1度勉強することができます。さらに、子どもの苦手をAIが判断して子ども専用の問題や対策を用意してくれるのでとても助かります。

 

無学年式オンライン教材【すらら】は、専門機関である「子どもの発達科学研究所」と共同開発をして、ADHDの子どもや発達障害の子どもが、

勉強を好きになる

勉強ができるようになる

勉強が得意になる

ように考えられた学習教材です。そのため、子どもがすでに「自宅で勉強をする習慣がくずれている」ならば、子どもが今までの学習でつまずいた学習内容からやりなおすことで、もう1度、勉強をする習慣を子どもに身につけさせることができるようになります。そして、学習習慣をもう1度、取り戻すことで、子どもが集中して勉強ができるようになって、

「勉強をイヤがらずにやりなさい!」

「はやく宿題をしなさい!」

などと注意する時間がなくなります。さらに、子どもが集中して勉強ができるようになるので、子どもが【すらら】を利用しているときは、まとまった自由な時間をひさしぶりに使えるようになって、自分のペースでゆっくり家事をしたり、のんびり休憩しながら「今から何をしようかな?」と考えたりすることができるようになります。

 

【すらら】は学校へ行くことをイヤがっている子どもにもおすすめです。なぜなら、【すらら】を利用して条件さえクリアすれば学校の出席扱いにできるようになるので、子どもが今、学校をちょっとでもイヤがっているならば使って損のない学習教材です。

 

小学4年生になってから勉強をイヤがるようになった子どもにはすぐに対策する必要があります。なぜなら、高学年になるともっと学習内容がむずかしくなって今以上に授業についていけなくなってしまうからです。

 

小学4年生の子どもは、

勉強がむずかしくてわからない

みんなについていけない

授業がつまらない

と思うことをきっかけに勉強をイヤがるようになります。

 

とくに小学4年生になると1年生から3年生までに学んできた学習内容の応用問題がたくさん出るので、今までの学習内容につまずきがある場合は、そのちょっとした学習のつまずきが原因で子どもは勉強をイヤがるようになります。そして、ちょっとした学習のつまずきが、気付けばどこまで学年を戻って勉強をやりなおさなければいけないのかわからなくなって、まわりの子と大きな差になって後悔することになります。

 

小学4年生ならまだ間に合います。

 

  • 子どもが今までの学習でつまずいている
  • 学校へ行くことをイヤがっている
  • このままで子どもが授業についていけるか不安

上記の3つの中であなたの子どもにちょっとでも当てはまる項目があるならば、今後、苦労しないためにも【すらら】の利用を考えたほうがいいかと思います。資料の請求は無料なので悩むぐらいなら今すぐ行動して後悔しないようにしましょう。

 

公式サイトを見る

≫【すらら】ADHDの子どもに合った学習教材。無学年方式の学習スタイル。「学習塾」「学校」「特別支援学級」「放課後等デイサービス」でも導入されている。条件を満たせば不登校の子どもを出席扱いにできる。)

 

もっと詳しく【すらら】について知りたい方はこちらの記事を読んでください。

「ADHDの子ども, 元小学校教諭の体験レビューあり!すららを利用する5つのメリット2つのデメリット」の文字
すららをADHDの子どもが利用する5つのメリット2つのデメリット|元小学校教諭の体験レビューあり!

続きを見る

 

家庭教師

小学4年生のADHDの子どもにオススメの習い事の2つ目が「家庭教師」「オンライン家庭教師」です。

 

小学4年生になると、好きな教科やキライな教科がハッキリとわかれます。そして、「どうしても好きになれない教科」が出てくるのも小学4年生の時期です。

 

「どうしても好きになれない教科」が体育・図工・音楽などの副教科ならまだいいですが、

  • 国語
  • 算数
  • 理科
  • 社会

などの教科の場合はすぐに対策を考える必要があります。なぜなら、ADHDの子どもはキライなことや、やりたくないことを続けたり頑張ったりすることが苦手だからです。キライな教科があると子どもにとって授業がとてもイヤな時間になってしまいます。

 

授業を「楽しくない」と思うと、ADHDの子どもは集中できずにまわりをキョロキョロ見たり、ほかの友達にちょっかいをかけたりして先生に怒られることが増えます。そして、ますます勉強をイヤがるきっかけになってしまいます。さらに、授業の学習内容が理解できないと、

宿題ができない

宿題をイヤがってやらない

テストの点数が下がる

成績がわるくなる

ようになるので、あなたの悩みがどんどん増えるようになってしまいます。そうならないためにも、小学4年生のADHDの子どもが勉強をイヤがったり困ったりしているならば、家庭教師を利用して今すぐ対策するようにしましょう。家庭教師をすぐに利用することで、高学年になる前に子どもの「勉強の悩み」をなくすことができます。

 

そして、今後の子育ての悩みをグッと減らすきっかけになります。後悔しないためにも悩むぐらいなら今すぐに行動しましょう。家庭教師なら1対1で子どもの勉強を子どものペースで教えてくれるので、苦手な教科でも最後までやる気をもって勉強ができるようになるのでオススメです。

 

参考

ADHDの子どもにおすすめの「家庭教師」と「オンライン家庭教師」について知りたい方は、こちらの記事が参考になります。

※無料体験ができる教室のみを厳選しています。

通常の家庭教師はこちら

Article-cover-children-with-adhd-recommended-tutors
[簡単5分!]失敗しないADHDの子どもに合ったおすすめ家庭教師。2つの方法で見つかります。

続きを見る

 

オンライン家庭教師はこちら

パソコンと「比較表あり!おすすめ,オンライン家庭教師」の文字
[比較表あり!]ADHDの子どもにおすすめのオンライン家庭教師。

続きを見る

 

英会話教室

小学4年生のADHDの子どもにオススメの習い事の3つ目が「英会話教室」です。

 

英語は2020年の教育改革により、

  • 小学3年生から必修化
  • 小学5年生からは教科化

されて、小学生から本格的に英語の勉強をするようになりました。

詳しく知りたい方はコチラ→文部科学省「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」について

ココがポイント

  • 小学校3年生、4年生からは「外国語活動」として週1~2コマ程度
  • 小学校5年生からは「教科」として、英語を週3コマ程度

単純に「週3コマ」ということは「音楽」や「図工」などよりも授業が多くなるということです。

※もっと詳しく知りたい方はこちら→文部科学省「標準授業時数の在り方について」

 

小学4年生の今の時期から英会話教室を利用すれば、子どもが5年生になってから本格的に「教科」として学ばなければいけない「英語への対策」ができるようになります。そして、このまま何も対策をせずに子どもが英語をキライになったりわからなくて困ったりすることになれば、

学校をキライになる

授業に参加しなくなる

宿題をしなくなる

きっかけになってあなたが苦労します。そうならないためにも、小学4年生という今ならまだ間に合う時期から英会話教室を利用して後悔しないように対策をしたほうがいいかと思います。

 

さらに、英会話教室では英語の勉強だけではなく「コミュニケーション能力」も養えます。子どもが友達とのトラブルが多くて悩んでいるあなたは今すぐに英会話教室の利用をオススメします。

 

参考

ADHDの子どもにおすすめの英会話教室は「ペッピーキッズクラブ」「ECCジュニア」「NovaKid」です。

 

おすすめ理由

≫【ペッピーキッズクラブ】ADHDの子どもにおすすめ!全国1400教室。カリキュラムは教育改革に対応。外国人講師と日本人講師の両方から直接教えてもらえる。

≫【ECCジュニア】(信頼度抜群!子ども英会話教室数「No.1」。保護者へのサポートも充実で安心。)

≫【NovaKid】7万人以上が利用するオンライン英会話教室。録画機能で子どもが簡単に復習できる。)

 

もっと詳しくADHDの子どもにおすすめの英会話教室を知りたい方はこちらの記事が参考になります。

無料体験ができる教室のみを厳選しています。

「ADHDの子ども専用,3つの条件で厳選,おすすめ英会話教室3選」の文字
【3つの条件で厳選!】ADHDの子どもにおすすめの英会話教室「3選」。

続きを見る

 

プログラミング教室

小学4年生のADHDの子どもにオススメの習い事の4つ目が「プログラミング教室」です。

 

プログラミングは2020年度より小学校において必修科目になりました。

詳しく知りたい方はこちら→文部科学省「プログラミング教育」

 

小学校でもプログラミングが必修科目になったことで、子どもはこれからプログラミングの勉強をしなければいけなくなります。そして、今以上にデジタル化が進む子どもの将来にとっては、今後ますます必要な能力になります。

 

今では1人ひとりにタブレットやノートパソコンを配布している学校が増えています。そして、さまざまな授業でタブレットやノートパソコンを利用して勉強をしています。そのため、今後、さらにプログラミングの理解や技術が必要になるので、今以上にプログラミングは重要度が増していきます。

kokou
「現役の小学校の先生にも聞きましたが、タブレットやノートパソコンが使えるか使えないかで授業の理解度にも差が出るようになってきているようです。」

 

ADHDの子どもは自分の興味関心があることや好きなことには誰よりも夢中になれます。これはADHDの子どもの良さです。そして、小学4年生にもなれば自分の好きなことや得意なことがある程度わかってくるようになります。

 

子どもはこんな感じではありませんか?

いつもゲームばかりしている

物を作ることが好き

1つのことに夢中になるとやめられない

スマホや動画、アプリなどをずっと見ている

このような小学4年生のADHDの子どもは、プログラミングを好きになる可能性があります。そして、今からプログラミングができるようになれば、子どもが将来、大人になったときに職業の選択肢がふえるきっかけになります。

 

「プログラミングなんて家で教えられないわ…。」

困って悩む女性

と思うあなたは、今後、苦労しないためにも、今すぐ子どもに体験だけでさせてみることをおすすめします。体験は無料なので利用しないと損です。

 

参考

ADHDの子どもにおすすめのプログラミング教室を紹介します。すべて無料体験ができます。(※無料体験ができるのですべてに申し込んで子どもにあっているか判断するママもたくさんいます。失敗しない「かしこい方法」です。)

 

おすすめのプログラミング教室は「LITALICOワンダー」「自考力キッズ」「D-SCHOOLオンライン」です。

 

おすすめ理由

【LITALICOワンダー】ADHDの子どもにおすすめ!ADHDの子どもの特性を考えた教え方。無料体験の満足度は90%以上。

【自考力キッズ】小学2年生以下の子どもが利用を1番に考えるべき教室。)

【D-SCHOOLオンライン】ゲームが好きなADHDの子どもにおすすめ。)

 

もっと詳しく「おすすめのプログラミング教室」について知りたい方はこちらの記事を見てください。ADHDの子どもにおすすめのプログラミング教室をランキング形式で紹介しています。

「ADHDの子ども,これで失敗しない!プログラミング教室,ランキング!」文字
[ランキングあり!]ADHDの子どもに習わせるべきプログラミング教室。これで失敗しない。

続きを見る

 

サッカースクール

小学4年生のADHDの子どもにオススメの習い事の5つ目が「サッカースクール」です。

 

ADHDの子どもは基本的に集団競技よりも個人競技の方があっています。なぜなら、ADHDの子どもは集団行動が苦手で、好きなことは自分のペースで、

やりたい

努力したい

頑張りたい

続けたい

と考える子どもが多くいるからです。しかし、

  • 子どもには集団競技をさせたい
  • コミュニケーション能力をもっと身につけてほしい
  • 元気に体を動かすスポーツをしてほしい

と考えるママはたくさんいます。そんなあなたにはサッカースクールをおすすめします。

 

なぜなら、団体競技の習い事のなかでもサッカーはADHDの子どもに合っているからです。サッカーは常に動き回るスポーツなので落ち着きなくいつも動き回っているようなADHDの子どもにおすすめです。

kokou
「サッカーは他の競技と比べて常に動き回るスポーツです。そのため、常に動き続けられる子どものほうが活躍できるスポーツです。」

 

また、サッカーは団体競技なのでコミュニケーションが苦手なADHDの子どもでも、サッカー教室に通わせることで友達とのコミュニケーションが上手にとれるようになります。さらに、集団で行動することも多いので、まわりに合わせて行動する協調性を自然と養うことができるようになります。そして、サッカー教室に通えば、子どもは適度に疲れて家に帰ってくるので、家で体力が有り余ってあばれたり、夜にテンションが高くなって寝かせることに苦労したりすることもなくなります。

kokou
「サッカーを習わせた保護者に話を聞いたときに、『子どもが夜スムーズに寝てくれる』『適度にストレスを発散してくれる』ことを喜ぶ保護者はたくさんいました。」

 

「サッカーを習わせたいけれど、4年生からって遅くないかしら…。」

悩む顔のママ

私がサッカースクールで指導者をしていたときは、小学4年生からサッカーを始める子どももたくさんいました。そして、小学4年生から子どもにサッカースクールを利用させる保護者は、

サッカーを上手くなってほしいから

子どもが「やりたい」と言うから

もっと集団行動が上手になってほしいから

友達とのトラブルが増えたから

仕事が忙しくなったので習い事をさせて時間を確保したいから

など、いろいろな理由で小学4年生からサッカーを始める子どもがたくさんいました。そのため、小学4年生からサッカーを始めることは珍しいことではありません。

「それなら安心だわ。」

にっこり笑うママ

 

参考

ADHDの子どもにおすすめのサッカースクールは「「リベルタ」サッカースクール」です。

※無料体験ができます。「子どもにサッカーをさせようかな」とちょっとでも思ったのならば損することはないので、今すぐ体験を申し込むことをおすすめします。

 

公式サイトを見る

【「リベルタ」サッカースクール】子どもに通わせたいスポーツスクール「No.1」に選ばれているADHDの子どもにおすすめのサッカースクール!全国約1,500箇所。)

 

もっと詳しく「おすすめのサッカースクール」について知りたい方はこちらの記事を見てください。

子ども達がサッカーをする姿と「【元指導者が解説】ADHDの子どもにおすすめ!サッカースクール3選」の文字
ADHDの子どもにおすすめのサッカースクール「3選」。元指導者が解説。

続きを見る

 

まとめ:ADHDの小学4年生の子どもにとって将来につながる習い事は「オンライン家庭学習教材」「家庭教師」「英会話教室」「プログラミング教室」「サッカースクール」

ジャンプする姿と「まとめ」の文字

今回は、ADHDの小学4年生の子どもにオススメの習い事について紹介しました。まず、小学4年生のADHDの子どもに習い事をさせるときの注意点が2つです。

「注意点」がこちらです。

注意ポイント

  • 子どもの気持ちを優先にする
  • 「やめたい」と言ったときの対応方法を知る

そして、小学4年生のADHDの子どもにオススメの習い事がこちらです。

 

【小4専用】おすすめの習い事「一覧」

※スマホの方は横にスクロールして見てください→

習い事 おすすめ理由 詳細記事
オンライン家庭学習教材 すでに子どもが勉強をイヤがっていて「今すぐなんとかしたい!」と考える人におすすめ。 記事をみる
家庭教師  子どもの学習時間を利用して「自分の時間をふやしたい」と考える人におすすめ。 記事をみる
英会話教室 子どもが成長するにつれて「重要度が増していく英語で苦労したくない」と考える人におすすめ。 記事をみる
プログラミング教室 プログラミング?プログラミングなんて子どもに教えられない」と考えた人におすすめ。 記事をみる
サッカースクール 元気いっぱい体を動かしながら集団行動ができるようになってほしい」と考える人におすすめ。 記事をみる

 

上記の習い事からあなたの子どもに合った習い事を選ぶことで、小学4年生のADHDの子どもが自分に合った習い事を見つけて毎日を楽しそうに笑顔で過ごしながら習い事を始められるようになります。

 

さらに、習い事を利用することで「得意なこと」「夢中になれること」が見つかって、元気に自信をもって毎日を過ごす子どもの姿を見ることや、

「○○ちゃんは△△が得意だね。」

「うちの子も何か習い事をさせたくなったわ。」

「子どもには早く習い事をさせるべきだったわ…。」

などとママ友から声をかけられるようになります。そして、子どもが習い事をしているときは久々にゆっくりとした自由な時間ができて、のんびりしながら「今から何をしようかな?」と自分のための時間を楽しく考えられるようになって、今までの悩みがパッとなくなります。

 

大事!

考えながら行動したほうが悩む時間をグッと減らせます。そして、今から行動することで、

「うちの子はどうして○○ちゃんみたいに得意なことがないのかしら…。」

「○○ちゃんみたいにうちの子も早くから習い事をさせればよかった…。」

などと、ほかの子のお母さんから声をかけられたときに、「あのとき行動しておいてよかった♪」と思えるようになります。

 

そのためにも今すぐ行動しましょう。何度も言いますが、たいせつなことは行動しながら考えることです。

今回、紹介した習い事の「詳細記事」リスト

「ADHDの子ども, 元小学校教諭の体験レビューあり!すららを利用する5つのメリット2つのデメリット」の文字
すららをADHDの子どもが利用する5つのメリット2つのデメリット|元小学校教諭の体験レビューあり!

続きを見る

Article-cover-children-with-adhd-recommended-tutors
[簡単5分!]失敗しないADHDの子どもに合ったおすすめ家庭教師。2つの方法で見つかります。

続きを見る

パソコンと「比較表あり!おすすめ,オンライン家庭教師」の文字
[比較表あり!]ADHDの子どもにおすすめのオンライン家庭教師。

続きを見る

「ADHDの子ども専用,3つの条件で厳選,おすすめ英会話教室3選」の文字
【3つの条件で厳選!】ADHDの子どもにおすすめの英会話教室「3選」。

続きを見る

「ADHDの子ども,これで失敗しない!プログラミング教室,ランキング!」文字
[ランキングあり!]ADHDの子どもに習わせるべきプログラミング教室。これで失敗しない。

続きを見る

子ども達がサッカーをする姿と「【元指導者が解説】ADHDの子どもにおすすめ!サッカースクール3選」の文字
ADHDの子どもにおすすめのサッカースクール「3選」。元指導者が解説。

続きを見る

  • この記事を書いた人
kokou

kokou

子どもが好きです。子育て、ADHD、発達障害についての専門家。 心理大学卒の元小学校教師、元障害児通所支援事業所勤務、そして、メンタルケア心理士。子ども「に」教えるのは得意にしてきたが、現在、子ども「を」育てる難しさをパパとして勉強&奮闘中。

-ADHD

© 2024 てんブログ Powered by AFFINGER5