「【注意点あり】個別指導塾スタンダード,ADHDの小学生にオススメな理由8選」の文字

ADHD

個別指導塾スタンダードがADHDの小学生にオススメな理由8選。【注意点あり】

当ページはプロモーションが含まれています。

うちの子はADHDです。

ADHD傾向です。

  • 勉強をイヤがってこまる…。
  • ADHDの子どもに塾は合っているのかな…。
  • 塾に通わせようと思うけど「個別指導塾スタンダード」はどうなのかな…。
  • イヤがらずに塾に行ってくれるか心配…。

今回はこのような悩みを解決します。

 

子どもが勉強をイヤがったり勉強をやっても集中しなかったりして、

「塾とか行かせた方がいいのかしら…。」

困って悩む女性

と悩むことってありますよね。そもそも、ADHDの子どもに「個別指導塾」は合っているのかわからなくて困りますよね。

 

そこで今回は、個別指導塾スタンダードがADHDの小学生の子どもにオススメな理由を8コ紹介します。

かんたん「一覧表」

「個別指導塾スタンダード」おすすめの理由

  • 指導方法がADHDの子どもに合っている
  • 学習習慣が身につく
  • 個別カリキュラムを作ってくれる
  • 無料体験ができる
  • 全教室が直営で約500教室ある
  • 全国5万人の講師から選ばれている
  • 振替授業の回数に制限がない
  • 子どもの安全管理が徹底している

上記のオススメ理由を見て、1つでも気になったものがあるならば、公式サイトをチェックしましょう。

 

無料体験もあります。

 

失敗せずに子どもに合っているか判断」ができるので、無料体験を申し込むことをおすすめします。

 

\個別指導塾スタンダード公式サイトはこちら/

無料体験を申し込む

 

今回の記事を見ることで、

  • 個別指導塾スタンダードがADHDの小学生の子どもにオススメな理由と注意点がわかる

さらに、個別指導塾スタンダードを利用しようか悩んでいたママの悩みがパッとなくなり、子どもを安心して塾に通わせられるようになって、子どもがどんどん勉強ができるようになります。

 

なぜなら、私は子どもにかかわる仕事を10年以上経験してきました。

  • 元小学校教師(通常学級担任、特別支援学級担任をそれぞれ2年以上経験)
  • 元障害児通所支援事業所勤務(放課後等デイサービスで、未就学児から小学生までの発達障害の子どもの支援業務を2年以上経験)
  • 心理大学卒業のメンタルケア心理士(心理士資格取得のためにADHDの診断基準であるDSM-5を精神医科学基礎で学習。試験では満点。)

この経験を通して、たくさんの子どもを見てきました。

勉強がきらいな子

集中がすぐに切れて勉強ができなくなる子

勉強がみんなについていけなくて悩む子

そして、そのような子どものお母さんから、

「うちの子は勉強をいつもイヤがります。家で教えようにも教えられません。個別指導塾を利用するか悩んでいます。どうしたらいいですか?」

白旗を上げて困っている女性

と相談を受けて、その子の個性や特徴を考えながらなやむお母さんにアドバイスをしてきたからです。

今回はADHDの小学生の子どもに、注意すべき点さえ守れば「個別指導塾スタンダード」がおすすめの理由について紹介します。

 

選択肢はまだあります!

塾だけではなく、家庭教師を利用することもADHDの子どもにはオススメです。「家庭教師については考えていなかった!」と思ったあなたは、こちらの記事も合わせて読むことをオススメします。

Article-cover-children-with-adhd-recommended-tutors
[簡単5分!]失敗しないADHDの子どもに合ったおすすめ家庭教師。2つの方法で見つかります。

続きを見る

 

「個別指導塾スタンダード」がADHDの小学生にオススメな理由「8選」

ADHDの小学生の子どもに「個別指導塾スタンダード」がおすすめの理由はこちらです。

おすすめ理由

  • 指導方法がADHDの子どもに合っている
  • 学習習慣が身につく
  • 個別カリキュラムを作ってくれる
  • 無料体験ができる
  • 全教室が直営で約500教室ある
  • 全国5万人の講師から選ばれる
  • 振替授業の回数に制限がない
  • 子どもの安全管理が徹底している

1つずつ説明します。

指導方法がADHDの子どもに合っている

個別指導塾スタンダードは、心理学を活用した「ほめて伸ばす指導方法」をつかって、子どもの個性をみとめながら学習をおしえてくれます。

 

そして、

勉強中は「ほめる」ことを意識して教えてくれるので、

「ぼくの気持ちをわかってくれる。」

にっこり笑う男の子

「たくさんほめてくれる。」

とても嬉しそうな女の子

と子どもは思えるようになるので、イヤがらずに楽しんで勉強に取りくめるようになります。

 

指導方法も、

ポイント

「問題をする」→「教えてもらう」

という流れを、細かいサイクルでくり返されるので、子どもの集中が切れることなく最後まで勉強ができるようになります。

 

 

さらに、子どもに合わせた目標を決めてくれる「スモールステップ方式」なので、

「できた!」

ガッツポーズの男の子

と思う回数と、先生にほめてもらえる回数が増えることも、子どものやる気につながります。

 

学習習慣が身につく

ADHDの子どもにとって学習習慣が身につくことはとてもたいせつです。

 

毎日の宿題も、はじめる時間がバラバラだったり、宿題にかかる時間もバラバラだったりすることは、ADHDの子どもにとっては良くないことです。

 

個別指導塾スタンダードに通うことで、

  • 決まった曜日
  • 決まった時間

に勉強することが定着するので、「勉強するときは集中してがんばる」という学習習慣が身につきます。

 

個別カリキュラムを作ってくれる

ADHDの子どもは、「教科」や「単元」などの、どこの、何の学習がキライで、勉強が苦手でイヤなのかをうまく説明できない子が多くいます。

 

 

個別指導塾スタンダードでは、面談と無料体験授業でしっかりと子どもの苦手な教科や単元を見つけてくれます。

※「単元」とは、かんたんに説明すると「教科の中の勉強内容」です。

「教科」→「算数」

「単元」→「かけ算・わり算」など。

 

無料体験ができる

個別指導塾スタンダードは無料体験が利用できます。

 

無料体験ができることはADHDの子どもにとって「とても重要」なことです。

 

無料体験を利用することで、「個別指導塾スタンダード」が子どもに合っているのかを判断できます。

 

すこしでも気になることがあれば、その場で聞くことができて、

そして、

ママが納得できなければ「入会をしない」と決めることができます。

 

 

これが、

無料体験のない塾の場合は、

  • 子どもはイヤイヤ通わなければいけない
  • ママはお金を払っているからがんばらせたい

という気持ちになってしまうので、子どもにとってもママにとっても良いことはありません。

 

そのようなことがないように、無料体験はADHDの子どもには必要です。

 

そして、

個別指導塾スタンダードは無料で体験ができて、さらに、入会費用も無料です。

無料体験を申し込む方はこちら。

無料体験を申し込む

 

 

全教室が直営で約500教室ある

個別指導塾スタンダードは、フランチャイズではなく「全教室が直営」です。

 

全教室が直営なので、子どもによりそった指導とカリキュラム設定を柔軟にしてくれます。

 

そして、

直営なので料金を他よりも安く設定できるというポイントもあります。

 

そのため、教室によって授業料がちがいます。

 

それは、お住まいの地域や場所によって「最適な値段設定にされている」ということです。

 

そして、

初回月謝も割引されます。

(こちらもお住まいの地域で異なる可能性があります。50%OFFもあるようです。)

 

\住んでいる地域の「料金」について知りたい方はこちら/

個別指導塾スタンダードの公式サイトを見る

 

 

全国5万人の講師から選ばれる

個別指導塾スタンダードは、たくさんの講師の中から子どもに合った先生を選んでくれます。

 

ADHDの子どもにとって、教えてもらう先生はとてもたいせつなので、多くの先生がいることは安心につながります。

 

振替授業の回数に制限がない

個別指導塾スタンダードでは「振替授業の回数」に制限がありません。

 

ADHDの子どもは、気分や体調がくずれやすい傾向があります。

 

そんなときに

「はやく塾に行きなさい!」

ぷんぷん怒っている女性

と言われて行ったとしても、集中できないまま塾での勉強がおわってしまいます。

 

それでは、1回分の授業料がもったいないです。

 

個別指導塾スタンダードでは振替の回数が制限されていないので、ママが子どもの様子を見て、塾に行かせるかどうかを判断することができるようになるので、1回分の授業を損することを防げます。

 

子どもの安全管理が徹底している

個別指導塾スタンダードは「子どもの安全管理」が徹底されています。

 

これはADHDの子どもにはとても重要です。

 

個別指導塾スタンダードでは、子どもが塾に着いたら、ママにメールが届きます。

 

そして、塾から出たときもメールが届きます。

 

入退室がリアルタイムでメールされるので、

安心して

「行ってらっしゃい。」

にっこり笑う女性

と子どもに伝えることができるようになります。

 

おすすめの理由「まとめ」

上記の内容が、個別指導塾スタンダードがADHDの子どもにおすすめの理由です。

 

どれか1つでも「良いかも」と思えたのならば、

まずは、

  • 無料体験を受ける
  • 資料を請求する(無料

どちらかの行動を選びましょう。

 

\「個別指導塾スタンダード」公式サイトはこちら/

無料体験(資料請求)を申し込む

 

 

ADHDの子どもが「個別指導塾スタンダード」を利用するときの注意点

ADHDの小学生の子どもが個別指導塾スタンダードを利用するときに注意することがこちらです。

注意点

  • 子どもの特性を伝える
  • 毎日の合格ラインを設定してもらう
  • 帰るときに次の約束を伝えてもらう
  • 授業料の確認
  • 苦手な先生のタイプを伝える
  • 自習スペースの利用は気をつける
  • 「お友達紹介特典」は注意する

1つずつ説明します。

 

子どもの特性を伝える

ADHDの子どもが個別指導塾スタンダードを利用するときは、先生に子どものことをしっかりと理解してもらわなければいけません。

 

「教えながら子どものことを理解します。」

めがねの先生(男性)

という塾の先生がいますが、

ADHDの子どもは、

1回目で

「先生がイヤ!」

「授業がわかりにくい。」

「もう行きたくない!」

ほっぺを膨らませて怒る女の子

と思えば、勉強をがんばることができなくなってしまいます。

 

せっかく「勉強をがんばろう。」と思った子どもの気持ちもなくなります。

 

そうならないためにも、

はじめの無料体験のときに、子どもの「苦手なこと」や「イヤなこと」をしっかりと伝えるようにしましょう。

 

「でも、たくさんあるわ。」

悩む顔のママ

 

そのようなママは、

  1. ほかの子よりも発達が遅れていることは何か
  2. どんなときに怒り出すのか
  3. 子どもが好きなことはなにか

この3つを塾の先生に伝えるようにしましょう。

 

この3つを先生が理解してくれれば、子どものことを考えた対応をしてくれるので、個別指導塾スタンダードが子どもにとって「楽しい場所」になるはずです。

 

毎日の合格ラインを設定してもらう

個別指導塾スタンダードを利用するときには「子どもの合格ライン」を毎日きめてもらうようにしましょう。

 

ADHDの子どもは、見通しを持つことが苦手です。

 

そのため、

はじめに「今日はここまでがんばろう。」と教えてもらう方が、子どもは「今日のゴール」をイメージできるようになるので、最後まで勉強に集中できるようになります。

 

もし、

事前に「今日の合格ライン」教えてもらえるようだったら、

子どもを送り出すときに、

「今日は○○までがんばってきてね。」

にっこり笑う女性

と伝えられるので、ADHDの子どもは「今日の合格ライン」をしっかりとイメージできるようになって頑張れるようになります。

 

帰るときに次の約束を伝えてもらう

個別指導塾スタンダードを利用するときは、子どもが帰るときには「次の約束を伝えてもらう」ようにしましょう。

 

ADHDの子どもは、塾に到着すれば頑張れるけれど、家を出るまでの時間で「イヤ」になって行けなくなることがあります。

 

これを防ぐためにも、

塾の先生に子どもが家に帰るときは、

  • 次、来たときにすること
  • また会うの楽しみに待っていること

などを、子どもに伝えてもらうようにしましょう。

 

そうすることで、

ADHDの子どもは、次に塾へ行くときの「見通し」や「楽しみ」がもてるようになるので、イヤがらずに行けるようになります。

 

授業料の確認

個別指導塾スタンダードの授業料は、お住まいの地域や教室によってちがうので、無料体験を利用したときに忘れずに確認しましょう。

 

苦手な先生のタイプを伝える

個別指導塾スタンダードを利用するときには、子どもの苦手なタイプをしっかりと伝えるようにしましょう。

 

ADHDの子どもは、

「先生がにがて…。」

汗を2つ流す男の子

と思ってしまうと、

 

その先生がきらいになるだけではなく、その塾さえもキライになります。

 

さらに、

勉強をもっとキライになってしまいます。

 

そうならないためにも、

無料体験のときに、子どもの苦手なタイプの先生についてしっかりと伝えるようにしましょう。

「それはちょっと言いにくいから、好きな先生のタイプを伝えるわ。」

困って悩む女性

と考えるのはダメです。

 

好きなタイプを伝える場合は、考え方を変えれば誰でも良くなります。

たとえば、

「やさしい先生が好きです。」

「やさしい」は人によってちがいます。

 

「勉強の教え方が上手な先生がいいです。」

「教え方が上手」は人によってちがいます。

 

このように、

好きな先生のタイプを伝えると、ママが思う「子どもが好きな先生」が担当になるかどうかわかりません。

 

そうならないようにするためにも、子どもの苦手な先生のタイプをハッキリと伝えるようにしましょう。

 

たとえば、

「怒る先生は苦手です。」

怒る先生は子どもの担当にはなりません。やさしい先生が担当になってくれます。

 

「話を聞いてくれない先生は苦手です。」

教え方は上手でも、淡々としていて勉強以外の話はせずに、柔軟に子どもの対応をしてくれないような先生は担当になりません。

 

このように、ママが考える子どもの苦手なタイプさえ伝えておけば、子どもは楽しんで塾に通えるようになります。

 

自習スペースの利用は気をつける

個別指導塾スタンダードでは「自習スペース」がしっかりと用意されています。

しかし、

ADHDの子どもには利用することをおすすめしません。

 

ADHDの子どもに集中して勉強させるためには、

  • 決まった曜日
  • 決まった時間

だけ、勉強させる方が集中できます。

 

できるだけ塾は学習を教えてもらうときだけ利用するようにしましょう。

 

しかし、

子どもが自習スペースを

「使いたい!」

ガッツポーズの男の子

と自分から言うのであればおすすめします。

 

勉強へのがんばる気持ちをほめてあげましょう。

 

このときは、自習室で勉強する時間を決めてあげれば、ADHDの子どもでも集中してがんばれると思います。

 

「お友達紹介特典」は注意する

個別指導塾スタンダードでは、「お友達紹介特典」というものがあります。

 

とてもうれしい特典ではありますが、ADHDの子どもが「友だちと一緒に塾で勉強する」ということは注意が必要です。

 

子どもによっては「集中できなくなる環境」になるかもしれないので、利用する場合は注意しましょう。

 

注意点の「まとめ」

以上が、個別指導塾スタンダードを利用するときの「注意点」です。

 

この注意点を個別指導塾スタンダードの無料体験授業を申し込むとき、

または、

受けたときに守るようにすれば、子どもにとって「楽しい場所」になり「勉強がわかる場所」になります。

 

「注意点」について紹介しましたが、まずは無料なので、失敗することのない体験授業から申し込んでみましょう。

 

\「個別指導塾スタンダード」公式サイトはこちら/

無料体験を申し込む

 

 

ADHDの小学生で「個別指導塾」が合っている子どもの特徴

個別指導塾が合っているADHDの子どもの特徴がこの3つです。

個別指導塾が合っている子どもの特徴

  • 家だと勉強に集中できない
  • 勉強のやり方がわかればスラスラできるようになる
  • 学校に行くのはイヤがるけど、習い事は行く

このような子どもは、個別指導塾を利用することを子どものためにも考えてあげることをオススメします。

その理由を1つずつ説明します。

 

家だと勉強に集中できない

ADHDの小学生の子どもで、家で宿題や勉強をしようとすると、どうしても集中がすぐに切れて、

  • TVを見る
  • ゲームをする
  • 動画を見る
  • SNSを見る
  • おもちゃで遊ぶ

などの行動をしてしまったり、学習習慣が身についていなくて、

  • 宿題や勉強をはじめる時間
  • 学習が終わるまでにかかる時間

がバラバラになったりしてしまう子どもは「個別指導塾」に通うことをおすすめします。

 

 

まずは、

決まった曜日

決まった時間

は「集中して勉強をする」という学習習慣を身につけることがたいせつです。

 

そのため、家だと勉強に集中できないADHDの子どもには、家以外の場所で、そして、個別にていねいに勉強を教えてくれる個別指導塾が合っています。

 

勉強のやり方がわかればスラスラできるようになる

ADHDの子どもで「勉強のやり方」さえわかれば、すぐにできるようになる子もたくさんいます。

 

子どもに合った勉強方法で教えてもらうことで、すぐに学習内容を理解できるようになります。

 

そして、かんたんに学習内容が理解できれば、

「かんたんにわかった♪」

「勉強がたのしい♪」

「もっと勉強ができるようになりたい♪」

にっこり笑う男の子

と子どもは思うようになって、勉強をイヤがらなくなります。

 

 

子どもに合った勉強方法を見つけるためには、じっくりと子どものことを理解できるように一緒に勉強ができるような環境が必要です。

 

 

そのため、

個別でじっくりと子どもに勉強を教えることができる個別指導塾はADHDの子どもに合っています。

 

学校に行くのはイヤがるけど、習い事は行く

ADHDの子どもで、学校へ行くことはイヤがるけれど「習い事」にはイヤがらずに行ける子がいます。

 

それは、学校の授業は「わからない」ことが多くあるからです。

 

そして、

たくさんの子どもの中の1人であり、担任の先生にはじっくりと教えてもらったり話を聞いてもらったりする時間がないからです。

 

しかし、

習い事なら、自分のことを理解して教えてくれたり話を聞いてくれたりしてくれるので、行くことに対して抵抗がないADHDの子どもは多くいます。

 

そのような子どもが、

勉強を好きになって「勉強ができる」ようになるきっかけを作れる場所が「個別指導塾」です。

 

個別指導塾が合っている子どもの特徴「まとめ」

上記の内容が、

ADHDの小学生の子どもで、個別指導塾が合っている子どもの特徴3つです。

  1. 家だと勉強に集中できない
  2. 勉強のやり方がわかればスラスラできるようになる
  3. 学校に行くのはイヤがるけど、習い事は行く

この3つの特徴のどれかに当てはまっているのであれば、

まずは

  • 「無料体験の申し込み」
  • 「資料請求」

のどちらかの行動を今すぐにすることをオススメします。

\「個別指導塾スタンダード」公式サイトはこちら/

無料体験を申し込む

 

 

まとめ

今回は「個別指導塾スタンダード」についての、

  • ADHDの子どもにおすすめの理由
  • 利用するときの注意点
  • 個別指導塾が合っている子どもの特徴

について紹介しました。

 

おすすめの理由

  1. 指導方法がADHDの子どもに合っている
  2. 学習習慣が身につく
  3. 個別カリキュラムを作ってくれる
  4. 無料体験ができる
  5. 全教室が直営で約500教室ある
  6. 全国5万人の講師から選ばれる
  7. 振替授業の回数に制限がない
  8. 子どもの安全管理が徹底している

 

利用するときの注意点

  1. 子どもの特性を伝える
  2. 毎日の合格ラインを設定してもらう
  3. 帰るときに次の約束を伝えてもらう
  4. 授業料の確認
  5. 苦手な先生のタイプを伝える
  6. 自習スペースの利用は気をつける
  7. 「お友達紹介特典」は注意する

 

個別指導塾が合っている子の特徴

  1. 家だと勉強に集中できない
  2. 勉強のやり方がわかればスラスラできるようになる
  3. 学校に行くのはイヤがるけど、習い事は行く

ここまで読んで頂いた方は、

  • 子どもが勉強ができるように
  • 子どもの勉強で心配しなくてすむように

まずは、1つでもいいので行動してみましょう。

 

個別指導塾スタンダードを

  • 利用する
  • 利用しない

ということを今、決めることも行動です。

 

そして、「利用する」と決めた方で、失敗をしたくないと考えるあなたは、すぐに利用を開始するのではなく、まずは、「無料体験」や「資料請求」から始めることで失敗することがなくなります。

個別指導塾スタンダードの公式サイトはこちら

今すぐ申し込む

※無料体験・資料請求の申し込みは簡単

 

  • この記事を書いた人
kokou

kokou

子どもが好きです。子育て、ADHD、発達障害についての専門家。 心理大学卒の元小学校教師、元障害児通所支援事業所勤務、そして、メンタルケア心理士。子ども「に」教えるのは得意にしてきたが、現在、子ども「を」育てる難しさをパパとして勉強&奮闘中。

-ADHD

© 2024 てんブログ Powered by AFFINGER5