「ADHDの小学2年生,将来につながる習い事3選」の文字

ADHD

ADHDの小学2年生にとって将来につながる習い事「3選!」【注意点あり】

当ページはプロモーションが含まれています。

うちの子はADHDです。

ADHD傾向です。

小学校2年生です。

  • 習い事を始めたいけれど何がいいのかわからない…。
  • 習い事をさせるときの注意点が知りたい…。
  • 子どもの将来につながる習い事が知りたい…。

今回はこのような悩みを解決します。

 

子どもが小学2年生になったことをきっかけに「習い事をさせたい」と考えたり、「新しい習い事をさせよう」と思ったりしたときに、ADHDの子どもに合っていて、さらに、将来に役立つような習い事が何かわからずに、

「何を習わせればいいの…。」

困って悩む女性

と困ることってありますよね。

 

そこで今回は、ADHDの小学2年生の子どもにとって将来につながる習い事「3選」について紹介します。

※紹介している習い事はすべて無料体験ができる習い事を厳選して紹介しています。損することも後悔することもないので安心です。

 

【小2専用】おすすめの習い事「一覧」

※スマホの方は横にスクロールして見てください→

習い事 おすすめ理由 詳細記事
英会話教室 子どもが成長するにつれて「重要度が増していく英語で苦労したくない」と考える人におすすめ。

記事を見る

プログラミング教室 プログラミング?プログラミングなんて子どもに教えられない」と考えた人におすすめ。

記事を見る

サッカースクール 元気いっぱい体を動かしながら集団行動ができるようになってほしい」と考える人におすすめ。

記事を見る

 

かんたん結論

たいせつなことは行動しながら考えることです。小学2年生のADHDの子どもにおすすめの習い事は3つ。子どもの将来を考えるなら「英会話教室」と「プログラミング教室」。そして、運動系なら「サッカースクール」です。

 

さっそくそれぞれの習い事について詳しく知りたい方はこちら。

「【小学2年生専用】おすすめの習い事3選」

 

今回の記事を読むことで、

  • 小学2年生のADHDの子どもの将来につながるオススメの習い事がわかる

さらに、小学2年生の子どもに習い事をさせるときの注意点がわかることで、楽しそうに習い事を始めて、そして、できることが増えて自信をもって行動する子どもの姿を見ることや、

「○○ちゃんは△△が得意だね。」

「うちの子も何か習い事をさせたくなったわ。」

「子どもには早く習い事をさせるべきだったわ。」

などとママ友から声をかけられるようになります。そして、子どもが習い事をしているときは久々にゆっくりとした自由な時間ができて、「今から何をしようかな?」と自分のための時間を楽しく考えられるようになります。

 

本記事の執筆者情報

私は子どもにかかわる仕事を10年以上経験してきました。

※小学2年生の担任経験あり。

  • 元小学校教師(通常学級担任、特別支援学級担任をそれぞれ2年以上経験)
  • 元障害児通所支援事業所勤務(放課後等デイサービスで、未就学児から小学生までの発達障害の子どもの支援業務を2年以上経験)
  • 心理大学卒業のメンタルケア心理士(心理士資格取得のためにADHDの診断基準であるDSM-5を精神医科学基礎で学習。試験では満点。)

この経験を通して、たくさんの子どもを見てきました。

 

小学2年生になったことをきっかけに習い事を始める子

2年生になってから「習い事をしたい!」と言いだした子

好きな習い事が見つからない子

習い事が続かない子

習い事を始めてもすぐに「やめたい!」と言いだす子

そして、そのような子どものお母さんから、

「子どもが小学2年生になったので習い事をさせようと考えたけれど、何がいいのかわかりません。どうしたらいいですか?」

白旗を上げて困っている女性

と相談を受けて、その子の個性や特徴を考えながらアドバイスをしてきました。

 

それでは、ADHDの小学2年生の子どもにとって将来につながるおすすめの習い事について詳しく紹介します。

 

大丈夫ですか?

【学習系の習い事紹介】子どもは授業でみんなについていけていますか?ちょっとでも心配なら後悔する前にこちらの記事を見たほうがいいかと思います。

≫ADHDの小学生が授業でみんなについていけるようになる習い事5選!

「ADHDの子ども,小学生限定!授業でみんなについていけるようになる習い事5選 」の文字
ADHDの小学生が授業でみんなについていけるようになる習い事5選!

続きを見る

ADHDの小学2年生の子どもに習い事をさせるときに注意すること

付箋と「注意すること」の文字

ADHDの小学2年生の子どもに習い事をさせるときに注意しなければいけないことがこちらです。

注意すること

  • 習い事をさせる目的をきめる
  • すぐにやめても怒らない

 

習い事をさせる目的をきめる

ADHDの小学2年生の子どもに習い事をさせるときは、まず、子どもに習い事をさせる目的を決めるようにしましょう。

 

たとえば、

好きなことを見つける

得意になることを見つける

努力できることを見つける

友達をつくる

コミュニケーション能力を上げる

新しいことに挑戦させる

など、どんなことでもいいので子どもに習い事をさせる目的を決めるようにしましょう。

「どれも目的として大事だと思うけど…。」

悩む顔のママ

どの目的もADHDの小学2年生の子どもの将来を考えるとたいせつなことです。しかし、目標を1つに決めずに、すべてを目標にして子どもに習い事をさせると、

「あれもこれも頑張らせたい!」

モヤモヤしている女性

と子どもに思うようになってしまいます。

 

たとえば、

子どもが「自分のすきなこと」を習い事で見つけることができたのに、「努力できていない」ことが気になって

「頑張りなさい!」

上から目線で注意する女性

と子どもに声かけをする。

 

新しいことにがんばって挑戦しているのに、友達と仲良くしていないことが気になって

「もっと友達と仲良くしなさい!」

上から目線で注意する女性

と怒る。

 

できるようになるためにコツコツと努力しているのに、みんなとコミュニケーションをとらないことが気になって

「もっとみんなと話しなさい!」

上から目線で注意する女性

と注意する。

 

上記のように、子どもに習い事をさせるときの目標を1つに決めていないことで、いろいろと子どもの行動が気になってしまうようになります。そして、子どもに対して怒ったり注意したりイライラしたりしてしまうので、子どもだけではなくママもストレスを溜めるようになってしまいます。そうならないためにも、習い事を始めるときは目標を1つに決めることで、友達ができなくても、

「好きなことを頑張れているからいいわ。」

飲み物を飲んで安心する女性

まわりよりもコツコツと努力することができていなくても、

「友達ができて楽しそうにしているからいいわ。」

飲み物を飲んで安心する女性

などと思えるようになります。そして、

習い事をする

習い事をさせる

ということに対して子どもにとってもあなたにとってもストレスを溜めずにすむようになります。

「なるほど。」

にっこり笑うママ

そのためにも、ADHDの小学2年生の子どもに習い事をさせるときは「目標を1つだけ決める」ようにしましょう。

 

すぐにやめても怒らない

ADHDの小学2年生の子どもに習い事をさせるときに注意することとして、子どもが習い事をはじめたときに、

「イヤだ!」

「やりたくない!」

「やめたい!」

大きな声を出して怒る男の子

と言い出すことがあります。このようなときは、

「がんばりなさい!」

「やるって決めたでしょ!」

上から目線で注意する女性

と怒るのではなく、できるだけ子どもの気持ちをたいせつにしてあげるようにしましょう。なぜなら、ADHDの子どもはキライなことや苦手なことを頑張りつづけることが苦手です。そのため、「イヤだ」と思った習い事を続けることは子どもがストレスをどんどん溜めてしまうことになってしまうからです。

 

ADHDの子どもは、

「すき!」

「たのしい♪」

「もっとやりたい!」

と思ったことはずっと続けられます。そして、ほかの子よりも夢中になって努力できるので、誰よりも上手になる可能性があります。

 

好きなことには誰よりも夢中になれるところがADHDの子どもの良さです。

 

そのため、小学2年生という早い時期から子どもに習い事をさせるならば、子どもが将来ずっと努力できて、誰よりもできるようになる可能性のある習い事を見つけてあげるようにしましょう。

 

参考

「習い事をやめたい!」とADHDの子どもが言ったときには、習い事をやめさせるときの対応として注意しなければいけないことがあります。気になる方はこちらの記事を見てください。

 

ADHDの小学2年生の子どもにオススメの将来につながる習い事「3選」

便せんの写真と「将来につながる習い事3選」の文字

ADHDの小学2年生の子どもにオススメの将来につながる習い事がこちらです。

※気になる項目をクリックすればすぐに見ることができます。

 

【小2専用】おすすめの習い事「一覧」

※スマホの方は横にスクロールして見てください→

習い事 おすすめ理由 詳細記事
英会話教室 子どもが成長するにつれて「重要度が増していく英語で苦労したくない」と考える人におすすめ。

記事を見る

プログラミング教室 プログラミング?プログラミングなんて子どもに教えられない」と考えた人におすすめ。

記事を見る

サッカースクール 元気いっぱい体を動かしながら集団行動ができるようになってほしい」と考える人におすすめ。

記事を見る

 

英会話教室

ADHDの小学2年生の子どもにおすすめの習い事の1つ目が「英会話教室」です。

kokou
「子どもが成長するにつれて『重要度が増していく英語で苦労したくない』と考えるあなたにおすすめです。」

 

英会話教室はADHDの小学2年生の子どもの将来につながる習い事です。理由がこちらです。

  • 小学校において英語が3年生から必修化、5年生からは教科化
  • 小学校→中学校→高校と進学するにつれて重要度が増す
  • はやめに対策することで授業やテストで困らなくなる
  • 子どもに勉強を教える負担が減る
  • 将来の選択肢がひろがる
  • しゃべることが好きな子どもには特におすすめ
  • コミュニケーション能力を養える

 

英語は2020年の教育改革により、英語が小学3年生から必修化、小学5年生からは教科化されました。そのため、小学生から本格的に英語の勉強をするようになりました。

ココがポイント

  • 小学校3年生、4年生からは「外国語活動」として、週1~2コマ程度
  • 小学校5年生からは「教科」として英語を週3コマ程度

授業で勉強することになりました。

kokou
「週3コマということは、『音楽や図工よりも多く授業をする』ということです。」

もっと詳しく知りたい方はこちら→文部科学省「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」について

 

上記からも、これからもっと英語の学習の重要度は増していくことになります。そのため、小学2年生の子どもたちは、次の学年(3年生)から本格的に英語の勉強が始まって、5年生からは「英語」の授業のほうが「音楽」や「体育」よりもたくさん勉強することになります。

 

さらに、中学校に進学すればますます英語を勉強するようになるので、小学2年生の子どもにとって英語はこれからどんどん重要度が増していきます。

 

やりたくないことやキライなことに対して頑張ったり努力し続けたりすることが苦手なADHDの子どもにとって、

「英語はキライ。」

「英語はむずかしい。」

勉強がわからなくて困る男の子

と子どもが1度でも思ってしまうと、今後、どんどん難しくなる英語の勉強に子どもはついていけなくなるだけではなく、

勉強をすること

授業を受けること

学校へ行くこと

をイヤがるようになる可能性があります。そうならないためにも、はやめに英会話教室を利用して、子どもが将来、英語の勉強でこまらないように今すぐ対策しましょう。

 

イヤがる英語の勉強を自宅で子どもに教えたり、学習内容がどんどん難しくなる英語を子どもに何とかして教えたりしなければいけないという将来の負担や苦労も英会話教室を利用することでなくなります。

 

さらに、英会話教室ならコミュニケーション能力を養うこともできるので、友達とトラブルになることが多かったり、しゃべることがすきだったりする子どもにとっては、楽しんで英語を学びながら、コミュニケーション能力を高めることができるきっかけにもなるのでおすすめです。

 

まだ間に合います!

子どもが英語の勉強が苦手だったりイヤがってやらなかったりすることで苦労しているママのほとんどが、

「もっと早くから英語を習わせればよかった…。」

「うちの子も○○ちゃんみたいに英語ができればこんなに宿題をさせることに苦労しなかったのに…。」

などと後悔していました。子どもが小学2年生のあなたは、こんな悩みを持たないように今から対策することができます。そのためにも、今、行動することです。今後、苦労しないためにも行動しながら考えるようにしましょう。

 

注意

英会話教室を利用するときは、すぐに英会話教室を決めて入会するのでなく、まずは子どもに合っているのか判断するためにも無料体験を受けるようにしましょう。ADHDの子どもにおすすめの英会話教室が「ペッピーキッズクラブ」「ECCジュニア」「NovaKid」です。

 

おすすめ理由

≫【ペッピーキッズクラブ】ADHDの子どもにおすすめ!全国1400教室。カリキュラムは教育改革に対応。外国人講師と日本人講師の両方から直接教えてもらえる。

≫【ECCジュニア】(信頼度抜群!子ども英会話教室数「No.1」。保護者へのサポートも充実で安心。)

≫【NovaKid】7万人以上が利用するオンライン英会話教室。録画機能で子どもが簡単に復習できる。)

 

もっと詳しく「おすすめの英会話教室」について知りたい方はこちらの記事を見てください。

「ADHDの子ども専用,3つの条件で厳選,おすすめ英会話教室3選」の文字
【3つの条件で厳選!】ADHDの子どもにおすすめの英会話教室「3選」。

続きを見る

 

プログラミング教室

ADHDの小学2年生の子どもにおすすめの習い事の2つ目が「プログラミング教室」です。

kokou
「『プログラミング?プログラミングなんて子どもに教えられない』と考えたあなたにおすすめです。」

 

プログラミング教室はADHDの小学2年生の子どもの将来につながる習い事です。理由がこちらです。

  • 小学校においてプログラミングは必修科目
  • 今後、学習する機会がふえていく
  • プログラミングができるだけで他の子よりも有利になる
  • これからの時代に必要
  • 将来の選択肢がひろがる
  • ゲームが好きなら遊びを学びに変えられる
  • 遊び感覚で楽しみながら始められる
  • 自宅でプログラミングを子どもに教えなくてすむ

 

小学2年生の子どもは、これからプログラミングを習う機会がどんどん増えていきます。

 

2020年度より小学校でプログラミングが必修科目になったことで、学校の授業でプログラミングを勉強するようになりました。さらに、小学6年生の「令和4年度全国学力・学習状況調査」では、プログラミングが出題されるようになりました。それだけプログラミングの重要度は増しているので、今後、子どもにとってプログラミングができるようになることは、今以上に必要な能力です。

※小学校でのプログラミングが必修科目なった経緯について詳しく知りたい方はこちら→文部科学省「プログラミング教育」

 

小学校でもプログラミングが必修科目になったことで、小学2年生の子どもは、これからプログラミングを勉強しなければいけなくなります。そして、今以上にデジタル化が進む子どもの将来にとって、プログラミングは今後ますます必要な能力になります。

「知らなかった…。」

驚いた顔のママ

 

小学2年生という早い時期から対策をすることで、ADHDの小学2年生の子どもが、将来、プログラミングの授業でこまることがなくなります。さらに、はやい時期からプログラミング学習に触れさせることで、さまざまなことがデジタル化していく社会の変化に子どもが取り残されずに生きていくことや、プログラミングができることで将来の選択肢が広がる可能性があります。

 

重要

今では1人ひとりにタブレットやノートパソコンを配布している学校が増えています。そして、さまざまな授業でタブレットやノートパソコンを利用して勉強をしています。そのため、今後、さらにプログラミングの理解や技術が必要になるので、今以上にプログラミングは重要度が増していきます。

kokou
「現役で小学校2年生担任をしている先生にも聞きましたが、タブレットやノートパソコンが使えるか使えないかで授業の理解度にも差が出るようになってきているようです。」

 

ADHDの子どもにとってプログラミング教室は遊び感覚で始めることができます。そして、「おもちゃ」や「ゲーム」が好きな子どもは、遊び感覚で始められるプログラミングをとても楽しんで、夢中になって取り組むことができるので、子どもの遊びを学びに変えることができます。

 

習い事を利用するには費用がかかるというデメリットはありますが、プログラミングを子どもに習わせることの最大のメリットは「自宅で子どもにプログラミングを教えなくて済む」ことです。

 

必修科目となったプログラミングは、今後、国語や算数などと同じように、

「プログラミングがわからない…。」

どんより沈んだ表情の男の子

と子どもが言い出したときに自宅で教えなければいけなくなります。プログラミング教室を利用していれば、

「プログラミングなんてどうやって教えればいいの!?」

ストレスが溜まっている女性

と悩む必要がなくなります。さらに、

「プログラミングなんて教えられない!」

「どうしよう…。」

「今さら習わせてみんなに追いつけるかしら…。」

などと、まわりのママ友が早めに対策しなかったことを後悔しているときに、あなたは小学2年生という早い時期からプログラミング教室に子どもを通わせることで、このような後悔をしなくてすむようになります。

 

参考

ADHDの子どもにおすすめのプログラミング教室を紹介します。すべて無料体験ができます。(※無料体験ができるのですべてに申し込んで子どもにあっているか判断するママもたくさんいます。失敗しないかしこい方法です。)

おすすめのプログラミング教室が「LITALICOワンダー」「自考力キッズ」「D-SCHOOLオンライン」です。

 

おすすめ理由

【LITALICOワンダー】ADHDの子どもにおすすめ!ADHDの子どもの特性を考えた教え方。無料体験の満足度は90%以上。

【自考力キッズ】小学2年生以下の子どもが利用を1番に考えるべき教室。)

【D-SCHOOLオンライン】ゲームが好きなADHDの子どもにおすすめ。)

 

もっと詳しく「おすすめのプログラミング教室」について知りたい方はこちらの記事を見てください。ADHDの子どもにおすすめのプログラミング教室をランキング形式で紹介しています。

「ADHDの子ども,これで失敗しない!プログラミング教室,ランキング!」文字
[ランキングあり!]ADHDの子どもに習わせるべきプログラミング教室。これで失敗しない。

続きを見る

 

サッカースクール

ADHDの小学2年生の子どもにおすすめの習い事の3つ目が「サッカースクール」です。

kokou
「『元気いっぱい体を動かしながら集団行動ができるようになってほしい』と考えるあなたにおすすめです。」

 

サッカースクールはADHDの小学2年生の子どもの将来につながる習い事です。理由がこちらです。

  • 常に動き回るスポーツなのでADHDの子どもに合っている
  • コミュニケーション能力を養える
  • 協調性を学べる
  • 人気のスポーツ
  • 授業で活躍できる
  • 適度に疲れて夜に寝てくれる
  • 子どもの活躍する姿を見ることができる

 

サッカーは常に動き回るスポーツなので落ち着きなくいつも動き回っているようなADHDの小学2年生の子どもに合っています。ADHDの子どもはいろいろなことに興味関心が向いてしまうので、いつも落ち着きなく動き回ります。

「はい…。」

悩む顔のママ

そのため、待ち時間やヒマな時間があるとキョロキョロとまわりを気にしたり、集中が切れてほかのことをしたりしてしまいます。

「はい…。」

悩む顔のママ

小学2年生のADHDの子どもの場合は、特にこのような落ち着きなく常に動き続ける行動が目立ちます。

サッカーは他の競技と比べて常に動き回るスポーツです。そのため、常に動き続けられる子どものほうが活躍できるスポーツです。また、サッカーは団体競技なのでコミュニケーションが苦手なADHDの子どもでも、小学2年生という早い時期からサッカー教室に通わせることで友達とのコミュニケーションが上手にとれるようになります。さらに、集団で行動することも多いので、まわりに合わせて行動する協調性を自然と養うことができるようになります。

 

サッカーは人気のスポーツです。そして、生涯スポーツでもあるので、子どもがサッカーを得意になれば、子どもが大人になっても趣味として楽しめるようになります。

 

学校の体育でもサッカーはあるので、子どもが自信をもって授業に参加ができるようになって学校が楽しくなるきっかけにもなります。そして、サッカー教室に通えば、子どもは適度に疲れて家に帰ってくるので、家で体力が有り余ってあばれたり、夜にテンションが高くなって寝かせることに苦労したりすることもなくなります。

kokou
「サッカーを習わせた保護者に話を聞いたときに、『子どもが夜スムーズに寝てくれる』『適度にストレスを発散してくれる』ことを喜ぶ保護者はたくさんいました。」

 

サッカースクールに通わせれば、子どもが活躍する姿を実際に見ることができるので、子どもの成長を感じたり小学2年生という早い時期から習わせることで、まわりの子以上に上手になった子どもの姿を見たり、ママ友から

「○○ちゃんはサッカーがとっても上手だね。」

「うちの子も早くから始めれば良かったわ。」

などと声をかけられたりするようになります。体を動かす習い事をADHDの小学2年生の子どもにさせたい場合はサッカースクールを利用することをおすすめします。

 

参考

ADHDの子どもにおすすめのサッカースクールは「「リベルタ」サッカースクール」です。無料体験できます。ちょっとでもサッカーを子どもにさせようかなと思ったのならば損することはないので、今すぐ体験を申し込むことをおすすめします。

 

おすすめ理由

【「リベルタ」サッカースクール】子どもに通わせたいスポーツスクール「No.1」に選ばれているADHDの子どもにおすすめのサッカースクール!全国約1,500箇所。)

もっと詳しく「おすすめのサッカースクール」について知りたい方はこちらの記事を見てください。

子ども達がサッカーをする姿と「【元指導者が解説】ADHDの子どもにおすすめ!サッカースクール3選」の文字
ADHDの子どもにおすすめのサッカースクール「3選」。元指導者が解説。

続きを見る

 

まとめ:ADHDの小学2年生の子どもにとって将来につながる習い事は「英会話教室」「プログラミング教室」「サッカースクール」

白い紙と複数の色鉛筆と「まとめ」の文字

今回は、ADHDの小学2年生の子どもにとって将来につながる習い事「3選」について紹介しました。まず、ADHDの小学2年生の子どもに習い事をさせるときの注意点が2つあります。

注意点がこちらです。

  • 習い事をさせる目的をきめる
  • すぐにやめても怒らない

そして、 ADHDの小学2年生の子どもにオススメの将来につながる習い事がこちらです。

【小2専用】おすすめの習い事「一覧」

※スマホの方は横にスクロールして見てください→

習い事 おすすめ理由 詳細記事
英会話教室 子どもが成長するにつれて「重要度が増していく英語で苦労したくない」と考える人におすすめ。

記事を見る

プログラミング教室 プログラミング?プログラミングなんて子どもに教えられない」と考えた人におすすめ。

記事を見る

サッカースクール 元気いっぱい体を動かしながら集団行動ができるようになってほしい」と考える人におすすめ。

記事を見る

 

上記の習い事からあなたの子どもにあった習い事を選ぶことで、小学2年生のADHDの子どもが将来につながる習い事を始められて、毎日を楽しく笑顔で過ごすことができるようになります。

 

さらに、小学2年生の子どもに習い事をさせるときの注意点がわかることで、楽しそうに習い事を始めて、できることが増えて自信をもって行動する子どもの姿を見ることや、

「○○ちゃんは△△が得意だね。」

「うちの子も何か習い事をさせたくなったわ。」

「子どもには早く習い事をさせるべきだったわ。」

などとママ友から声をかけられるようになります。そして、子どもが習い事をしているときは久々にゆっくりとした自由な時間ができて、「今から何をしようかな?」と自分のための時間を楽しく考えられるようになります。

 

大事!

考えながら行動したほうが悩む時間をグッと減らせます。そして、今から行動することで、

「うちの子はどうして○○ちゃんみたいに得意なことがないのかしら…。」

「○○ちゃんみたいにうちの子も早くから習い事をさせればよかった…。」

などと、ほかの子のお母さんから声をかけられたときに、「あのとき行動しておいてよかった♪」と思えるようになります。そのためにも今すぐ行動しましょう。何度も言いますが、たいせつなことは行動しながら考えることです。

 

今回、紹介した習い事の「詳細記事」リスト

「ADHDの子ども専用,3つの条件で厳選,おすすめ英会話教室3選」の文字
【3つの条件で厳選!】ADHDの子どもにおすすめの英会話教室「3選」。

続きを見る

「ADHDの子ども,これで失敗しない!プログラミング教室,ランキング!」文字
[ランキングあり!]ADHDの子どもに習わせるべきプログラミング教室。これで失敗しない。

続きを見る

子ども達がサッカーをする姿と「【元指導者が解説】ADHDの子どもにおすすめ!サッカースクール3選」の文字
ADHDの子どもにおすすめのサッカースクール「3選」。元指導者が解説。

続きを見る

「ADHDの子ども,小学生限定!授業でみんなについていけるようになる習い事5選 」の文字
ADHDの小学生が授業でみんなについていけるようになる習い事5選!

続きを見る

  • この記事を書いた人
kokou

kokou

子どもが好きです。子育て、ADHD、発達障害についての専門家。 心理大学卒の元小学校教師、元障害児通所支援事業所勤務、そして、メンタルケア心理士。子ども「に」教えるのは得意にしてきたが、現在、子ども「を」育てる難しさをパパとして勉強&奮闘中。

-ADHD

© 2024 てんブログ Powered by AFFINGER5