「放課後等デイサービス, しんどかったこと辛かったこと教えます!,働くとわかる大変なこと7選」の文字

放課後等デイサービス

放課後等デイサービスで働くとわかる大変なこと7選|しんどかったこと辛かったこと教えます。

  • 放課後等デイサービスで働きたいけれど「大変なこと」や「イヤなこと」ってなんだろう?
  • 放課後等デイサービスのツライ仕事内容ってどんなことかな?
  • 放課後等デイサービスの仕事で辛かったことやしんどかったことの体験談が知りたい…。

今回はこのような悩みや疑問を解決します。

 

さっそく結論

放課後等デイサービスの仕事の大変さを知っても「大丈夫!」と思えれば、放課後等デイサービスはあなたの天職です。

 

放課後等デイサービスの仕事で「大変なこと」についてさっそく知りたい方はこちら。

「大変なこと7選」

 

付け足し

この記事を読んで「大変そう…。」と思ったとしても、あなたに合った放課後等デイサービスを見つけることができれば、「楽しさ」と「やりがい」を感じながら心に余裕をもって放課後等デイサービスで働くことができるようになります。あなたに合った放課後等デイサービスの見つけ方について今すぐ知りたい方はこちら。

「楽しさとやりがいをもって働ける職場の見つけ方」

 

今回の記事を読むことで、

  • 放課後等デイサービスの仕事で「大変」なことがわかる

さらに、放課後等デイサービスで働くときに苦労したり、しんどかったり、辛かったりする経験をしないように、事前の準備や対策ができるようになって、放課後等デイサービスで働くことが楽しくなったりやりがいを感じたりしながら働けるようになります。

 

私は放課後等デイサービス(児童発達支援も同時運営)で2年以上働いていました。

本記事の執筆者情報

profile-「kokou」

私は子どもにかかわる仕事を10年以上経験してきました。

  • 元放課後等デイサービス・児童発達支援勤務(未就学児から小学生までの発達障害の子どもの支援業務を2年以上経験)
  • 元小学校教師(通常学級担任、特別支援学級担任をそれぞれ2年以上経験)
  • 心理大学卒業のメンタルケア心理士(心理士資格取得のために発達障害の診断基準であるDSM-5を精神医科学基礎で学習。試験では満点。)

 

私が放課後等デイサービス(放デイ)で働きはじめたときは、

kokou
「知らない仕事内容がいっぱいだな…。」
kokou
「子どもの名前を覚えるだけでも大変…。」
kokou
「発達障害の特性がよくわらない…勉強しなきゃ…。」

と、初めての仕事内容に戸惑ったりこまったりしていました。

しかし、

kokou
「初めての仕事。わからないことがあってあたりまえ!頑張るぞ!」

という気持ちで働きはじめましたが、

kokou
「大変だ…。」
kokou
「こまった…。」
kokou
「むずかしい…。」
kokou
「イヤだ…。」
kokou
「疲れた…。」
kokou
「しんどい…。」

などと思うことがよくありました。

 

たとえば、

子どもの対応だけでも、

先輩A

「○○ちゃんはADHDだから、すぐに怒りだしてパニックになるから声かけは気をつけて。」

先輩B

「○○ちゃんはADHD傾向が強いから忘れ物をしないようにサポートしてあげて。」

先輩C

「○○ちゃんはLD傾向が強いから学習支援をするときは子どもの様子を見ながらわかりやすく教えてあげて。」

先輩D

「○○ちゃんは自閉症だから友達とトラブルにならないように気をつけて。」

などと言われることがあり、

kokou
「大変だ…。」

と思ったことを覚えています。

そして、

子ども対応以外でも、

  • 大変
  • 困った
  • しんどい
  • ツライ
  • イヤだ

と思うことが毎日のようにありました。

 

このような仕事の大変さの毎日で「放課後等デイサービスをやめたい」と考える人もいます。

 

そこで今回は、私が放課後等デイサービスで働いて「大変」だと感じたことを7つ紹介します。

 

今回紹介する「放課後等デイサービスの仕事の大変さ」を知ることで、気持ちに余裕ができたり、今後、困らないように対策をしたりすることできるようになって、放課後等デイサービスの仕事で苦労したりストレスを溜めたりすることなく楽しんで働けるようになります。

 

おすすめ!

子どもへの支援方法の引き出しをサクッと増やしてください♪そして、活動プログラムで「何をしよう?」と悩むムダな時間を減らしてください!失敗談付きで紹介しているので、働いている人は見ないと私と同じ失敗をする可能性があります。

≫【必読】放課後等デイサービスの活動プログラム。

「放課後等デイサービス,活動プログラム115選,失敗談付きで働いている人は見る価値あり!」の文字
放課後等デイサービスの活動プログラム115選。失敗談付きで働いている人は見る価値あり。

続きを見る

放課後等デイサービスの「大変さ」を知ることの良さ

「放課後等デイサービス,大変さを知ることの良さ」の文字

放課後等デイサービス(放デイ)では、さまざまな仕事内容があります。

放デイの主な仕事内容

  • 子どもたちへの支援
  • 保護者対応
  • 事務作業

もっと詳しく放課後等デイサービスの仕事内容について知りたい方はこちら→「放デイの仕事内容

 

上記の「放デイの仕事内容」を知っているだけでも、スムーズに放課後等デイサービスで働くことはできます。しかし、放課後等デイサービスで働くなら仕事内容だけではなく、

大変なこと

困ること

辛いこと

しんどいこと

イヤに思うこと

などがあることもいっしょに知っておくことで、働いているときに困ったり悩んだりすることがなくなります。さらに、ストレスを溜めたり失敗して後悔したりすることも避けられる可能性がグッと高まります。

 

なぜなら、放課後等デイサービスの仕事の大変さを知っているだけで、事前に、

  • 大変なことにならないように
  • 辛い経験をしないように
  • イヤな思いをしてストレスをためないように
  • ストレスのせいで体調をくずさないように

対策ができるようになって、放課後等デイサービスの仕事を楽しみながらやりがいをもって心に余裕をもちながら働くことができるようになるからです。

これが、放課後等デイサービスの仕事の大変さを知ることの良さです。

kokou
「つぎの項目では、私が放課後等デイサービスで働いて『大変だ』と感じたことを7つ紹介します。」

 

放課後等デイサービスで働くとわかる大変なこと7選【実体験】

「放課後等デイサービス【実体験】働くとわかる大変なこと7選」の文字

放課後等デイサービスで働くとわかる大変なこと7選がこちらです。

 

子ども対応

放課後等デイサービスで働いているときに私が「大変だ」と思ったことは子どもの対応です。

 

放課後等デイサービスは発達に障害をもっていたり同年代よりも発達に遅れがあったりして、支援が必要な子どもたちが利用する場所です。

もっと詳しく放課後等デイサービスについて知りたい方はこちら→厚生労働省「放課後等デイサービスガイドライン」

 

私が放課後等デイサービスで働きはじめたときは、

「○○ちゃん、いっしょに遊ぼう。」

と子どもに声をかけても無視される。

または、

「イヤ!」

大きな声を出して怒る男の子

と言って、ほかのスタッフのところへ行ってしまって、

kokou
「あそんでくれないなぁ…。」

いっしょに遊んでいても、急にちがう友達やスタッフと遊びはじめたり、急に怒りだしたりして、

kokou
「こまったな…。」

勉強を教えていても、

「うるさい!」

「この宿題はやりたくない!」

「もっと上手に教えてよ!」

イライラして怒っている男の子

と、急に大きな声で怒られて、

kokou
「どうやって教えたらいいの…。」

送迎のときも、

「○○先生に迎えに来て欲しかった!」

「車に乗りたくない!」

イライラして怒っている男の子

と言われたり、車の中では子どもが楽しめるように話しかけても無視をされたり、

「早く行ってよ!」

大きな声を出して怒る男の子

と暴言を吐かれたりして、

kokou
「子どもの対応…むずかしい…。」

などと、毎日のように困ったり悩んだりしていました。

 

放課後等デイサービスを利用する子どもたちは、ちょっとしたことで感情が不安定になって怒ったり暴れたりします。

 

苦手な課題(勉強や集団行動)などに対しても、子ども1人ひとり「声かけ」や「対応」に気をつけなければいけないので、

「○○ちゃんはすぐに勉強をイヤがるからどうやって声かけしよう…。」

「この活動は○○ちゃん苦手そうだな。どうやって参加させよう…。」

「またケンカが始まった…。」

「ぜんぜん言うことを聞いてくれない…。」

「あぶない!止めなきゃ!」

などと思う場面が毎日のように起こります。

そのため、

  • スムーズに仕事(療育活動など)ができるように
  • 子どもたちがトラブルにならないように
  • 子どもが危険な行動をしないように
  • みんなが楽しく過ごせるように

気をつけながら子どもたちの対応をしなければいけないことが、放課後等デイサービスで働いていて「大変だ」と感じたことです。

 

けれども、この大変さを経験することで私は、いろいろな発達障害の子どもへの対応にこまらなくなって、さらに、子どもへの支援方法の引き出しもふえました。

kokou
「失敗をくり返しながら、子ども1人ひとりの対応を考えながら支援することで、たくさんの経験を積めたので、今は『失敗してよかった』と思っています。」

 

参考

私が子ども対応を上手くできるようになるために実践してきたことから気付いた子ども対応がうまくなる方法について紹介した記事がこちらです。気になる方は見てください。

 

放課後等デイサービスで子どもに実践して手応えがあった活動プラグラムを紹介した記事がこちらです。私が子どもの対応で失敗したことも合わせて紹介していますので、気になる方は見てください。

 

合わせて読みたい

「子どもの対応が大変!」と感じて放課後等デイサービスの仕事を辞めた人へのインタビューが掲載されている記事がこちら。辞めたあとの行動も紹介されているので見ないと損です。

≫放デイを辞めた人の「辞める理由」や「きっかけ」とその後の行動。

「放課後等デイサービス, 【15人にインタビュー】あなたといっしょの悩みをもっている放デイを辞めた人はこの中にいますか?」の文字
【15人にインタビュー】放デイを辞めた人の「辞める理由」や「きっかけ」とその後の行動。

続きを見る

 

送迎

放課後等デイサービスで働いているときに私が「大変だ」と思ったことは送迎です。

 

放課後等デイサービスでは毎日のように子どもたちの送迎をします。

放デイの主な送迎内容

  • 子どもを自宅へ迎えに行く
  • 子どもを自宅へ送る
  • 学校へ子どもを迎えに行く
kokou
私が勤務していた放課後等デイサービスは児童発達支援もいっしょに運営していたので、幼稚園や保育園にも迎えに行っていました。

私が放課後等デイサービスで送迎をしていたときに大変だと思った内容がこちらです。

送迎の大変さ「5選」

  • 子ども対応
  • 時間厳守
  • 運転技術
  • 保護者対応
  • 疲れる

放課後等デイサービスの送迎は知らない土地を運転するだけでもドキドキするのに、さらに、子どもの対応にも気をつけながら、そして、送迎をスムーズにこなさなければいけないことはとっても大変でした。

kokou
「私が送迎をしているときに『大変だ…。』と思った体験談をちょっとだけ紹介します。」

知らない土地での運転。

kokou
「え?!ここどこ?」

子どもを迎えに行ったときに車の置き場所で悩む。

kokou
「どこに車を停車すればいいの?」

子どもを迎えに行ってもイヤがって車に乗ってくれない。

kokou
「なんで乗ってくれないの?」

車の中で会話をしないとヒマで怒り出す子がいる。

kokou
「運転に集中したいのに…。」

送迎が重なって、次の送迎が間に合うか不安…。

kokou
「渋滞している…。間に合うかな…。」

ちょっとでも遅れると、車に乗らずにまわりを気にせず大声を出して暴れる子がいる。

kokou
「1分だよ。1分、遅れただけなのに…。」

など、放課後等デイサービスで働き始めたときは送迎でたくさん苦労しました。しかし、私はさまざまな送迎でのトラブルやハプニングを経験して「送迎の大変さ」を知ることで、気づけば送迎がスムーズにできるようになっていました。

 

多いときは、1度に6人の子どもを車に乗せて送迎したこともありますが、そのときも、不安になったり戸惑ったりすることもなく送迎ができるようになりました。

kokou
「運転をしながらだと『子どもへの指示は声かけだけ』になるので、自然と子どもへの声かけもうまくなりました。」

 

参考

私が放課後等デイサービスで働いて思った「送迎の大変さ」について紹介した記事がこちらです。送迎の待ち時間を有意義に過ごす方法も合わせて紹介していますので気になる方は見てください。

 

合わせて読みたい

「送迎が大変!」と感じて放課後等デイサービスの仕事を辞めた人へのインタビューが掲載されている記事がこちら。辞めたあとの行動も紹介されているので見ないと損です。

≫放デイを辞めた人の「辞める理由」や「きっかけ」とその後の行動。

「放課後等デイサービス, 【15人にインタビュー】あなたといっしょの悩みをもっている放デイを辞めた人はこの中にいますか?」の文字
【15人にインタビュー】放デイを辞めた人の「辞める理由」や「きっかけ」とその後の行動。

続きを見る

 

保護者対応

放課後等デイサービスで働いているときに私が「大変だ」と思ったことは保護者対応です。

 

放課後等デイサービスで働いていると、子どもの対応だけではなく「保護者対応」もしなければいけません。私が放課後等デイサービスで働き始めたときは、すべての発達障害について詳しい知識があったわけではないので、保護者対応をしているときに悩みを相談されても的確なアドバイスができずに、

kokou
「うまく話せなかったな…。」
kokou
「保護者対応はむずかしい…。」
kokou
「せっかく悩みを相談されたのに上手くアドバイスができなかった…。」
kokou
「今から○○ちゃんの送迎か…。○○ちゃんのママは苦手だな…。」

などと、保護者対応に対して、大変さや、くやしさ、辛さ、ストレスなどを感じることがよくありました。しかし、保護者対応の経験を重ねたり、自分自身が発達障害についての知識を増やしたりすることで、保護者対応にも自信をもつことができるようになりました。

 

保護者対応の大変さを乗り越えることで、

保護者A

「相談してよかった。」

保護者B

「ありがとうございます。」

保護者C

「また来てください。」

などと、信頼されて感謝される言葉を保護者から言ってもらえるようになりました。さらに、

同僚A

「どうやったら保護者と上手くコミュニケーションがとれるの?」

と同僚のスタッフからも相談されるようになったときに、放課後等デイサービスで働くやりがいを感じたことを今でも覚えています。

 

参考

保護者対応で意識すべきポイントと上手くなる方法を知っていますか?気になる方はこちらの記事を見てください。

 

合わせて読みたい

「保護者対応が大変!」と感じて放課後等デイサービスの仕事を辞めた人へのインタビューが掲載されている記事がこちら。辞めたあとの行動も紹介されているので見ないと損です。

≫放デイを辞めた人の「辞める理由」や「きっかけ」とその後の行動。

「放課後等デイサービス, 【15人にインタビュー】あなたといっしょの悩みをもっている放デイを辞めた人はこの中にいますか?」の文字
【15人にインタビュー】放デイを辞めた人の「辞める理由」や「きっかけ」とその後の行動。

続きを見る

 

人間関係

放課後等デイサービスで働いているときに私が「大変だ」と思ったことは人間関係です。

 

放課後等デイサービスで働いていると子どもとの関係だけではなく、スタッフ同士の関係も良好なものにしなければいけません。なぜなら、放デイを利用する子どもたちは発達に障害をもっていたり同年代よりも発達に遅れがあったりするので、子どもへの支援をスムーズに行うためにはスタッフ同士の連携が必要になるからです。

 

たとえば、

スムーズに療育を行うための打ち合わせをする

どんな活動プログラムをするか話し合う

療育グッズをいっしょに作成する

子どもの様子を常に情報共有する

トラブルが起きたときにすぐ状況を判断して連携して対処する

など、いろいろなことをスタッフ同士で協力しなければいけません。

kokou
スタッフに協力してもらって私が助けられた体験談をちょっとだけ紹介します。
  • 子どもが言うこと聞いてくれなくて先輩に助けてもらう
  • 学習支援をしようとしても子どもがイヤがって勉強道具を出さず、イスにさえも座ってくれなくて、結局、同僚に助けてもらう
  • 送迎では送迎ルートを覚えられずに何度も聞いたり地図を書いてもらったりして助けてもらう
  • 保護者対応では、伝えなければいけないことを言い忘れて、あとで先輩にフォローしてもらう

 

放課後等デイサービスでは子ども対応を優先にしながらスタッフと連携しなければいけないので、仕事の忙しさに追われてうまくスタッフ同士で連携がとれなくなると職場での人間関係がギクシャクしてしまいます。

 

日頃からスタッフ同士の連携を意識することでコミュニケーション能力が上がり、さらには、職場で頼れる存在になることができます。

 

合わせて読みたい

「職場の人間関係が大変!」と感じて放課後等デイサービスの仕事を辞めた人へのインタビューが掲載されている記事がこちら。辞めたあとの行動も紹介されているので見ないと損です。

≫放デイを辞めた人の「辞める理由」や「きっかけ」とその後の行動。

「放課後等デイサービス, 【15人にインタビュー】あなたといっしょの悩みをもっている放デイを辞めた人はこの中にいますか?」の文字
【15人にインタビュー】放デイを辞めた人の「辞める理由」や「きっかけ」とその後の行動。

続きを見る

 

予定がすぐに変わる

放課後等デイサービスで働いているときに私が「大変だ」と思ったことは予定がすぐに変わることです。

 

放課後等デイサービスで働いていると、

予定していたことが、

できない

変わる

ことがよくあります。なぜなら、放課後等デイサービスを利用する子どもたちは、その日、その日で、態度や反応が変わるからです。

 

たとえば、

「○○ちゃんが来たらまずは宿題をさせよう。」

○○ちゃんが学校でイヤなことがあってイライラしながら来る。

予定変更

宿題ではなく気持ちを落ち着かせることからスタート。

 

「今日は集団療育だ。スタッフ全員の力を借りよう。」

送迎でトラブルがあってスタッフがいない。

集団プログラムをイヤがってやらない子がいてスタッフに協力してもらえない

予定変更

スタッフ全員の力を借りずにできる集団療育に変更

 

「おやつを食べたあとは公園にみんなを連れて行こう。」

食べたいおやつが無くて暴れる子がいて、おやつを全員が食べ終わる時間が遅くなる

予定変更

送迎の都合でみんなで公園へ行く時間がなくなって、公園へ行くグループと室内で遊ぶグループに分かれる。

このようなちょっとした予定変更が放課後等デイサービスでは毎日のようにおきます。

 

このイレギュラーに、日々、対応しながら、スムーズに、そして、子どもたちが楽しめるように考えなければいけないことが大変でした。しかし、この経験をすることで、急な予定変更にも柔軟に対応できるようになって子どもへの対応が上手になりました。

 

合わせて読みたい

「予定がすぐに変わることが大変!」と感じて放課後等デイサービスの仕事を辞めた人へのインタビューが掲載されている記事がこちら。辞めたあとの行動も紹介されているので見ないと損です。

≫放デイを辞めた人の「辞める理由」や「きっかけ」とその後の行動。

「放課後等デイサービス, 【15人にインタビュー】あなたといっしょの悩みをもっている放デイを辞めた人はこの中にいますか?」の文字
【15人にインタビュー】放デイを辞めた人の「辞める理由」や「きっかけ」とその後の行動。

続きを見る

 

仕事量が多い

放課後等デイサービスで働いているときに私が「大変だ」と思ったことは、仕事量が多いことです。

 

放課後等デイサービスの仕事内容がこちら。

子どもたちへの支援

保護者対応

事務作業

※それぞれの放課後等デイサービスによって力を入れている内容はちょっとずつちがいます。そのため、今回は、私が勤務していた放課後等デイサービスでの支援内容と、ほかの放デイで勤務していた人たちの情報を交えて「放デイの仕事内容」として紹介します。

 

子どもたちへの支援内容は、「活動プログラム」「学習支援」「遊び」がメインです。

保護者対応は、「送迎対応」「連絡帳対応」がメインです。

事務作業は放課後等デイサービスによってさまざまです。

イメージとしてはこちら。

放デイの事務作業

  • 子どもの学習プリント作成
  • 勉強に役立つ資料の印刷
  • 年間予定、月予定の作成
  • 活動プラグラムの内容決め
  • 療育や活動プログラムで使う道具の作成
  • おやつの買い出し
  • 備品チェック
  • 出席確認
  • 子ども1人ひとりの個別の支援計画作成
  • ミーティング資料、勉強会資料の作成
  • 掃除

もっと詳しく放課後等デイサービスの仕事内容について知りたい方はこちら。→「放課後等デイサービスの仕事内容」

 

上記の仕事内容をスムーズにこなすことで仕事量は調整できますが、放課後等デイサービスは子どもを中心とした仕事です。そして、放課後等デイサービスを利用する子どもたちは、発達に障害をもっていたり同年代よりも発達に遅れがあったりする子どもが利用しています。

 

子どもの特性によって行動が違ったりちょっとしたことで怒ったり、好きキライが激しく好き勝手に行動したり、トラブルが起こしたりすることで、私はスムーズに仕事ができずにやらなければいけない仕事が後回しになって「仕事が大変」と感じることがありました。

 

kokou
「私が放課後等デイサービスで働いているときに仕事量が多くて大変と感じた『1日』を紹介します。」

私は毎月の活動(療育)プログラムを考えて作成する仕事を任されていました。そして、その日は、プログラムの日程表を完成させる日だったので午前中に完成させるつもりでした。

 

私が勤務していた放課後等デイサービスは児童発達支援もいっしょに運営していたので、午前中から未就学児が数人利用していましたが、ほかのスタッフに任せられるので日程表を作れると安心していました。しかし、急遽、午後からの予定だった子どもが午前中利用になりスタッフの数が足りなくなって私も子ども対応にあたらなければいけなくなりました。この時点で、

kokou
「活動プログラムの日程表はいつ作ればいいの?!」

状態です。そして、学習支援や子ども対応をしているとちょっとしたトラブルが起きるのが放課後等デイサービスです。その対応に追われて連絡帳を書くタイミングがなくなってバタバタ。さらに、送迎では別のスタッフが迎えに行った学校の終わりの会が長引いて「次の子どもへの送迎に間に合わない」という連絡を受けました。

 

その日は大きな車を送迎できるスタッフが私しかいなくて、送迎予定のなかった私は、子どもたちが帰りの送迎でいなくなったあとに片づけ作業は他のスタッフに任せて午前中にやろうと思った活動プログラムの日程表を作成しようと思っていたのに、急遽、子どもたちをまとめて送迎しなければならず、送迎や保護者対応の連続。

 

そして、帰ってきたころにはすでに残業時間。そんな「仕事量が多くて大変と感じた1日」がありました。

kokou
「大変過ぎる…。」

と思いましたが達成感はとてもあった1日でした。

 

合わせて読みたい

「仕事量が多くて大変!」と感じて放課後等デイサービスの仕事を辞めた人へのインタビューが掲載されている記事がこちら。辞めたあとの行動も紹介されているので見ないと損です。

≫放デイを辞めた人の「辞める理由」や「きっかけ」とその後の行動。

「放課後等デイサービス, 【15人にインタビュー】あなたといっしょの悩みをもっている放デイを辞めた人はこの中にいますか?」の文字
【15人にインタビュー】放デイを辞めた人の「辞める理由」や「きっかけ」とその後の行動。

続きを見る

 

支援や療育に関わる知識が必要

放課後等デイサービスで働いているときに私が「大変だ」と思ったことは、支援や療育に関わる知識が必要なことです。

 

放課後等デイサービスの仕事のメインは子ども対応です。そして、子ども対応の種類にもさまざまな内容があります。

子ども対応の種類

学習支援

活動(療育)プログラムの実施

遊び対応

友達とのコミュニケーション活動

送迎時の対応

食事対応

etc.

放課後等デイサービスを利用する子どもたちはいろいろな特性や発達の遅れなどがあります。そのため、子ども1人ひとりにあった支援や対応をしなければいけないので、子どもの発達段階の特徴や、それぞれの発達障害について理解しなければいけません。そして、子ども1人ひとりにあった支援方法や療育活動などの知識が必要です。

 

kokou
私が放課後等デイサービスで働き始めたときに発達障害についての知識や放課後等デイサービスを利用する子どもたちの特性をあまり知らなかったときに困ったことをちょっとだけ紹介します。

複数の子どもの学習支援をするときに、小学校教師をしていたときは「集中して勉強しましょう。」と子どもたちに伝えれば、子どもは集中して静かに勉強をすることができて、私は学習の遅れがある子どもに対応することで学習支援ができていましたが、放課後等デイサービスでは、「集中して勉強しましょう。」と子どもたちに伝えると、

15秒で集中が切れてしゃべりだす子

「イヤだ!」と反抗してあばれる子

おもちゃで遊ぼうとする子

「わからない!」と言って勉強をしようとしない子

ばかりで、

kokou
「ぜんぜんダメだ…。」

 

療育活動をしているときも、「これで大丈夫だろう。」と思って集団療育を実施すると、ルールを理解してできる子どもとまったくルールを理解することができずに何もしない子どもに分かれて、集団療育のはずが気付けば個別療育になってしまって、

kokou
「ぜんぜんダメだ…。」

と思って自信をなくしたことがありました。そのため、このような状況になってもスムーズに支援や療育をするためにも、支援や療育に関わる知識が必要なことを感じました。

 

合わせて読みたい

「支援や療育に関わる知識が必要で大変!」と感じて放課後等デイサービスの仕事を辞めた人へのインタビューが掲載されている記事がこちら。辞めたあとの行動も紹介されているので見ないと損です。

≫放デイを辞めた人の「辞める理由」や「きっかけ」とその後の行動。

「放課後等デイサービス, 【15人にインタビュー】あなたといっしょの悩みをもっている放デイを辞めた人はこの中にいますか?」の文字
【15人にインタビュー】放デイを辞めた人の「辞める理由」や「きっかけ」とその後の行動。

続きを見る

 

放課後等デイサービスの仕事を「大変」だと思っても楽しくやりがいをもって働けるようになる3つの方法

「放課後等デイサービス,仕事を「大変」だと思っても楽しくやりがいをもって働けるようになる3つの方法」の文字

上記で紹介したように放課後等デイサービスの仕事には大変なことがあります。しかし、

放課後等デイサービスの仕事って大変だな…。

と思ったあなたが楽しくやりがいをもって放課後等デイサービスで働く方法がこちらです。

 

自分に合った職場を見つける

放課後等デイサービスの仕事が大変だと思ったあなたが楽しくやりがいをもって働くためには、あなたに合った職場(放課後等デイサービス)を見つけることです。

 

放課後等デイサービスは、

  • 対象としている子どもの年齢
  • 提供するサービス

など、それぞれの放課後等デイサービスによって違います。

 

例えば

  • 小学生以下を対象とした放課後等デイサービス
  • 学習支援に力を入れている放課後等デイサービス
  • 運動療育に力を入れている放課後等デイサービス
  • 活動プログラムを充実させている放課後等デイサービス
  • 個別療育に力を入れている放課後等デイサービス
  • 集団療育に力を入れている放課後等デイサービス
  • 「ピアノ」「ダンス」「英語」「サッカー」「プログラミング」「工作」などに特化した放課後等デイサービス
  • etc.

上記のように、放課後等デイサービスによって子どもたちへ提供するサービスがちがうので、あなたの好きなことや得意なことを発揮しやすい放課後等デイサービスを見つけることができれば、他のスタッフが大変だと感じている仕事内容でも、あなたは楽しくやりがいをもって、そして、ストレスを溜めずに余裕をもって働ける可能性がグッと高まります。また、職場での評価もかんたんに上がります。

kokou
「私の体験談をちょっとだけ。」

私は元小学校教師ということもあり学習支援は他のスタッフよりもかんたんにすることができました。また、保護者対応も小学校教師の経験からスムーズにできました。

kokou
「私がいっしょに働いていたスタッフの『例』がこちらです。」

音楽が得意なスタッフはリトミックを子どもに教えて子どもだけではなく保護者からも信頼されていました。

ボードゲームが得意なスタッフはボードゲームを活動プログラムに取り入れて楽しそうに働いていました。

料理が得意なスタッフはプログラムにクッキングを取り入れて自分の特技を最大限に活かしていました。

このように、放課後等デイサービスでは自分にあった職場を見つけることができれば、あなたはストレスを溜めることなく楽しくやりがいをもって働けるようになります。

 

あなたが得意なことや好きなことを実践できるような放課後等デイサービスを見つけましょう。そのためにも、まずはこちらの記事を見てあなたにあった放課後等デイサービスを今からすぐに見つけることをおすすめします。良い求人ほどすぐになります。今もなくなっているので後悔しないためにもこちらの記事をみて行動したほうがいいかと思います。

 

あなたの特技が放課後等デイサービスで活かせるのか調べたい方はこちらの記事が参考になります。

 

あなたにあった放課後等デイサービスの見つけ方について知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

知識をふやして心に余裕を持つ

放課後等デイサービスの仕事が大変だと思ったあなたが楽しくやりがいをもって働くためには、知識をふやして心に余裕を持つことです。

 

放課後等デイサービスの仕事が「大変だ」とはじめに感じることとしてはやっぱり子ども対応です。子ども対応にはそれぞれの子どもにあった支援方法や接し方をしなければ子どもに嫌われたり必要な支援ができなかったりすることがあります。そして、放課後等デイサービスを利用する子どもたちはさまざまな特性や障害をもっていることが多いので、子ども対応の方法や発達障害についての知識をしっかりと身につけることで、あなたは放課後等デイサービスで働くときに余裕ができて楽しくやりがいをもって働けるようになります。

 

参考

放課後等デイサービスで働くときに子ども対応でこまらないようにするための方法について知りたい方はこちらの記事をみてください。

 

放課後等デイサービスで働くなら読むべきおすすめの本を紹介した記事がこちらです。見て損はないかと思います。

 

働きながらレベルアップする

放課後等デイサービスの仕事が大変だと思ったあなたが楽しくやりがいをもって働くためには、働きながらレベルアップすることです。

 

こっそりレベルアップをして職場で信頼されるようになれば放課後等デイサービスで働きやすくなります。そして、子どもだけではなく同僚や先輩など職場のスタッフからも信頼されれば、仕事中に困ったときはサポートをしてもらったりちょっとしたミスでも許してもらえたりするようになります。そうすれば放課後等デイサービスで働いていていても「大変」だと感じる場面をグッと減らすことができるようになります。

 

参考

放課後等デイサービスで働きながらまわりよりもこっそりレベルアップする方法について紹介した記事がこちらです。気になる方は見てください。

 

まとめ:仕事の大変さを知っていれば、放課後等デイサービスで楽しく余裕をもって働けるようになる

「まとめ」の文字

今回は、放課後等デイサービスで働くとわかる大変なこと7選について紹介しました。

 

放課後等デイサービスの仕事にはさまざまな内容があり、そして、大変なこともたくさんあります。

 

放課後等デイサービスの仕事の大変さを知ることの良さは、事前に「放課後等デイサービスの仕事の大変さ」を知ることで準備や対策ができるようになって、放課後等デイサービスで働いているときにストレスを溜めずに仕事ができるようになることです。

 

放課後等デイサービスで働くとわかる大変なことがこちらです。

上記の、7つの「仕事の大変さ」を知っていれば、放課後等デイサービスで楽しく余裕をもって働けるようになります。そして、放デイの仕事の大変さを知っても、「大丈夫!」「働きたい!」と思えれば、放課後等デイサービスはあなたの天職です。

 

補足

今回の記事を読んで、

放課後等デイサービスの仕事って大変だな…。

と思ったあなたが楽しくやりがいをもって放課後等デイサービスで働く方法がこちらです。

上記の方法を実践することで「大変そう…。」と思っていた不安がなくなって、楽しくやりがいをもって放課後等デイサービスで働くことができるようになります。

 

今回の記事が少しでも参考になればうれしいです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

本日、紹介した記事リスト

「放課後等デイサービス, 【15人にインタビュー】あなたといっしょの悩みをもっている放デイを辞めた人はこの中にいますか?」の文字
【15人にインタビュー】放デイを辞めた人の「辞める理由」や「きっかけ」とその後の行動。

続きを見る

「放課後等デイサービス,児童発達支援,働くなら登録すべき転職サイト,おすすめ3選」の文字
放課後等デイサービスや児童発達支援で働くなら登録すべき転職サイト|おすすめ3選。

続きを見る

「放課後等デイサービス【保存版】こっそりレベルアップする3つのステップ」の文字
【保存版】放課後等デイサービスで働くあなたがこっそりレベルアップするためにやるべき3つのステップ。

続きを見る

「働きたい人は必読!,放課後等デイサービスでたいせつな仕事内容はこの3つ」の文字
放課後等デイサービスでたいせつな仕事内容はこの3つ。働きたい人は必読!

続きを見る

「放課後等デイサービス,働くなら使うべき!子ども対応がうまくなる5つの方法」の文字
放課後等デイサービスで子ども対応がうまくなる5つの方法|働くなら使うべき!

続きを見る

「放課後等デイサービス,活動プログラム115選,失敗談付きで働いている人は見る価値あり!」の文字
放課後等デイサービスの活動プログラム115選。失敗談付きで働いている人は見る価値あり。

続きを見る

「放課後等デイサービス, 働くなら知らないとマズイ,送迎の大変さ,送迎の「苦労」と「有意義に過ごす方法」,知っていますか?」の文字
放課後等デイサービスで働くなら送迎の大変さを知らないとマズイ|送迎時間を有意義に過ごす方法あり!

続きを見る

「放課後等デイサービス,保護者対応,~働くなら意識すべきポイントと上手くなる方法~」の文字
放課後等デイサービスで保護者対応は重要!働くなら意識すべき3つのポイントと上手くなる方法を紹介。

続きを見る

「放課後等デイサービス,働くときに役立つ!活躍できる特技15選」の文字
放課後等デイサービスで働くときに役立つ!活躍できる特技15選。

続きを見る

「放課後等デイサービス,自分にあった職場を見つける!5つの方法」の文字
放課後等デイサービスで働きたい!自分にあった職場を見つける5つの方法。

続きを見る

「放課後等デイサービス,おすすめ本,働くならこの3冊は読むべき」の文字
放課後等デイサービスで働くなら1度は読むべき本|おすすめはこの3冊。

続きを見る

  • この記事を書いた人
kokou

kokou

子どもが好きです。子育て、ADHD、発達障害についての専門家。 心理大学卒の元小学校教師、元障害児通所支援事業所勤務、そして、メンタルケア心理士。子ども「に」教えるのは得意にしてきたが、現在、子ども「を」育てる難しさをパパとして勉強&奮闘中。

-放課後等デイサービス

© 2024 てんブログ Powered by AFFINGER5