「無口なADHDの子どもに3つの支援」の文字

ADHD

無口なADHDの子どもに今すぐやるべき3つの支援方法

うちの子はADHDです。

ADHD傾向です。

  • 子どもが無口でこのままでいいのか気になる…。
  • もっとみんなと同じように楽しく喋ってほしい…。
  • 子どもが楽しくしゃべる顔がもっとみたい…。

今回はこのような悩みを解決します。

 

子どもが無口で友達と仲良くしゃべらなかったり家でも自分のことをあまり話さなかったりして、

「どうしたらいいの…。」

「このままでいいのかしら…。」

困って悩む女性

と悩んで困ることってありますよね。

そこで今回は、無口なADHDの子どもにやるべき3つの支援方法について紹介します。

 

さっそく知りたい方はこちら。

「無口な子どもにやるべき3つの支援」

 

今回の記事を読むことで、

  • 無口なADHDの子どもが自分の話をしたり会話を楽しめたりするようになります。

さらに、友達と楽しそうに話したり自分の考えや気持ちを笑顔で話したりする子どもの姿を見ることで、今までのあなたの悩みやストレスがパッとなくなります。

 

保存版

【悩み解決】ADHDの子どもの「育て方の悩み」をまとめて解決したい方はこちら。

≫【必読・保存版】ADHDの子どもの子育てに悩んだらまず読む記事|幼児から小学生対象。

 

本記事の執筆者情報

私は子どもにかかわる仕事を10年以上経験してきました。

  • 元小学校教師(通常学級担任、特別支援学級担任をそれぞれ2年以上経験)
  • 元障害児通所支援事業所勤務(放課後等デイサービスで、未就学児から小学生までの発達障害の子どもの支援業務を2年以上経験)
  • 心理大学卒業のメンタルケア心理士(心理士資格取得のためにADHDの診断基準であるDSM-5を精神医科学基礎で学習。試験では満点。)

この経験を通して、たくさんの保護者に会いました。

しゃべらない子どもに悩む保護者

学校のことや友達のことを話してくれないことに困る保護者

無口な子どもの将来が不安になる保護者

そして、そのようなお母さんから、

「子どもの無口なことが気になります。将来を考えるとこのままでいいのか不安になります。どうしたらいいですか?」

白旗を上げて困っている女性

と相談を受けて、その子の個性や特徴を考えながらアドバイスをしてきました。

 

今回の支援方法は、無口なADHDの子どもにはどうやって支援したらいいのか考えて、なやむお母さんにアドバイスして、すぐにつかえて効果のあった方法を紹介します。

【厳選】Kokouの活動プログラム

見なきゃ損!

自宅ですぐできる療育活動プログラムを紹介!画像や動画は実際に私が息子に自宅で活動を実践している様子です。参考になると嬉しいです!

≫【厳選】Kokouの活動プログラム

 

無口なADHDの子どもに支援が必要になる場面

「無口なADHDの子どもに支援が必要になる場面」の文字

無口なADHDの子どもに支援が必要になる場面がこちらです。

支援が必要になる場面

  • 授業中に発表や発言をほとんどしない
  • 友達と話す場面がほとんど見られない
  • 特定の友達以外とはしゃべらない
  • グループの話し合いに参加しない
  • 自分の興味があることに夢中になって家族としゃべらない
  • 新しい場所や環境ではしゃべらない
  • わからないことがあっても質問しない
  • 自分の気持ちや考えをしゃべろうとしない
  • 自分の気持ちを言葉で伝えないのでいつもまわりに流される
  • 集団の中で孤立することがある
  • イヤなことがあっても話さず我慢する
  • ケガをして痛いところがあっても伝えられない
  • 困ったときに助けを求められない
  • 大勢の前で話すことに緊張してしゃべり出せない
  • etc.
kokou
「上記の内容を見て、子どもに当てはまる項目が1つでもあれば次の支援方法を実践してみてください。」

 

無口なADHDの子どもにやるべき3つの支援方法

「無口なADHDの子どもにやるべき3つの支援方法」の文字

無口なADHDの子どもにやるべき3つの支援方法がこちらです。

 

プレッシャーをかけない

無口なADHDの子どもが自分の話をしたり会話を楽しめたりするようになるためには、子どもにプレッシャーをかけないようにすることがたいせつです。

 

子どもがしゃべることをイヤがっているのか

喋りたくても喋れないのか

わからない状況の場合は、子どもにプレッシャーをかけることなく子どもがしゃべったときにしっかりと聞いてあげる姿勢を持つことがたいせつです。

  • 子どもがどうしても喋らない
  • もっと喋ってほしい

と思うのであれば、子どもが楽しく遊んでいるときや好きなことをしているときに声をかけて子どもが話しやすい雰囲気を作ってあげましょう。

 

子どもの好きなこと、興味のあることを通して会話をすることで子どもにプレッシャーをかけることなく会話ができるようになります。

 

話した内容を後日伝える

無口なADHDの子どもが自分の話をしたり会話を楽しめたりするようになるためには、子どもに話した内容を後日伝えることがたいせつです。

 

子どもと話した内容を後日伝えることはおすすめです。

「この前の話の続きを教えて。」

「○○が好きだったよね。」

「前に話してくれた○○とっても楽しかった。」

など、子どもと話した内容を後日伝えることで、

「話したことを覚えてくれている。」

「しっかりと話を聞いてくれていたんだ。」

「覚えてくれていて嬉しい。」

と子どもは思うようになります。そうすることで子どもが、

「もっと話したい!」

「しゃべりやすい!」

ガッツポーズの男の子

と思うようになっていろいろなことを話してくれるようになるので、無口だった子どもが徐々に話し始めるきっかけになります。

 

好きなことを中心に話をする

無口なADHDの子どもが自分の話をしたり会話を楽しめたりするようになるためには、子どもの好きなことを中心に話をすることがたいせつです。

 

ADHD の子どもは自分が興味のあることや好きなことに対しては誰よりも夢中になって楽しむことができます。これはADHDの子どもの良さです。

 

そのため、子どもが好きなことや楽しいと思っていることに対して質問すれば無口な子どもでも他の話題よりも抵抗なくしゃべってくれることがよくあります。

 

無口な子どもが抵抗なくスムーズに話始められるようにするためにも、子どもが好きなことや興味があることを中心に話をするようにしましょう。そうすることで、子どもが話すことに抵抗なくいろいろなことを話始めるきっかけになります。

 

まとめ:3つの支援方法を実践することで、無口なADHDの子どもが自分の話をしたり会話を楽しめたりするようになる

「まとめ」の文字

無口なADHDの子どもが自分の話をしたり会話を楽しめたりするようになるためには、まず、無口なADHDの子どもに支援が必要になる場面を知ることがたいせつです。

 

無口なADHDの子どもにやるべき3つの支援方法がこちらです。

この3つの方法を意識して実践することで、無口なADHDの子どもが自分の話をしたり会話を楽しめたりするようになります。

 

さらに、友達と楽しそうに話したり自分の考えや気持ちを笑顔で話したりする子どもの姿を見ることで、今までのあなたの悩みやストレスがパッとなくなり、日々のストレスがスーッと軽くなります。

 

いつも悩んで、いつも頑張っているあなたの少しでも役に立つ情報になったのなら嬉しいです。ありがとうございました。

 

子どもに合っていますか?

子どもは放課後等デイサービスや児童発達支援を利用していますか?利用しているならば、子どもに合った放課後等デイサービス(児童発達支援)ですか?ADHDの子どもに合った放課後等デイサービス(児童発達支援)には選び方があります。選び方が気になった方はこちらの記事を見てください。

  • この記事を書いた人
kokou

kokou

子どもが好きです。子育て、ADHD、発達障害についての専門家。 心理大学卒の元小学校教師、元障害児通所支援事業所勤務、そして、メンタルケア心理士。子ども「に」教えるのは得意にしてきたが、現在、子ども「を」育てる難しさをパパとして勉強&奮闘中。

-ADHD

© 2024 てんブログ Powered by AFFINGER5