「放課後等デイサービス, 体験談あり!採用面接,失敗しない5つの対策」文字

放課後等デイサービス

放課後等デイサービスの採用面接で失敗しない5つの対策|働きたいなら必読の体験談あり!

  • 放課後等デイサービスで働きたいけれど「採用面接」が不安…。
  • 面接に合格するための対策方法が知りたい…。
  • すぐに採用されて放課後等デイサービスで働きたい…。

今回はこのような悩みを解決します。

 

さっそく結論

面接対策がしっかりとできれば、あなたが「働きたい!」と思う第1志望の放課後等デイサービスで採用されるようになります。そして、不安になることなく余裕をもって楽しい気持ちで新生活をスタートすることができます。

 

面接対策をさっそく知りたい方はこちら。

「面接対策5選」

 

採用面接で筆者が受けた質問内容が知りたい方はこちら。

「面接で受けた質問内容」

 

 

本記事の執筆者情報

profile-「kokou」

私は子どもにかかわる仕事を10年以上経験してきました。

  • 元放課後等デイサービス・児童発達支援勤務(未就学児から小学生までの発達障害の子どもの支援業務を2年以上経験)
  • 元小学校教師(通常学級担任、特別支援学級担任をそれぞれ2年以上経験)
  • 心理大学卒業のメンタルケア心理士(心理士資格取得のために発達障害の診断基準であるDSM-5を精神医科学基礎で学習。試験では満点。)

 

私は第1志望の放課後等デイサービスに一発合格しました。

kokou
「放課後等デイサービス(放デイ)で働きたい!」

と思った私は、求人サイトから魅力的で興味のある放課後等デイサービスの求人募集に応募しました。

 

返事はすぐにきて、

採用担当者

「○月○日に面接をしたいのですが来てもらえますか?午後からは利用者(子ども)が増えるので午前中に来てほしいのですが…。」

と、急に面接の日時が決定しました。そこからは、

kokou
「面接どうしよう…。」
kokou
「どんなことを聞かれるのかな…。」
kokou
「どんな準備をしたらいいのかな…。」
kokou
「なんとか合格したい…。けど、合格できるかな…。」
kokou
「どうしよう…どうしよう…どうしよう…。」

と、いざ、面接の日程が決まると、緊張したり不安になったりあせったり、いろいろな感情がグルグルと回りました。それでも私は第1志望の「放課後等デイサービスで働きたい」と思っていたので、

kokou
「採用面接の対策をしっかりとするぞ!」

と決めて、

  • 放課後等デイサービスの仕事内容
  • 放課後等デイサービスを利用する子どもたちについて
  • 面接を受ける放課後等デイサービスの特徴
  • 仕事に活かせるアピールポイント
  • 志望動機
  • 身だしなみ

などを、ネットで調べたり、知り合いに聞いたり、転職サイトの担当者に相談したりして、面接当日までにしっかりと対策をしました。そして、私は第1志望の放課後等デイサービスに一発合格しました。

 

そこで今回は、放課後等デイサービスの採用面接で失敗しない5つの対策方法について紹介します。

kokou
「私が採用面接を受けたときの質問内容と、放デイで働きはじめて採用面接に関わるようになって意識していたポイントなども合わせて紹介します。」

 

今回の記事を読むことで、放課後等デイサービスの、

  • 採用面接で失敗しない
  • 面接対策ができる
  • 採用面接で質問される内容がわかる

さらに、採用面接で事前に準備するべき対策ポイントがわかることで、不安になることなく自信をもって面接を受けられるようになります。

 

それでは、放課後等デイサービスで働きたいなら知っておくべき採用面接の対策方法について紹介します。

kokou
「この記事は、私の放デイ勤務の経験と、ほかの放デイで勤務している方の情報で重なる部分を紹介しています。」

 

行動しないと後悔します!

放課後等デイサービスの採用面接を受けるためには求人募集に応募しなければいけません。そして、魅力的な職場ほどすぐになくなります。今もなくなっています。ライバルに取られる前に、そして、後悔しないためにもこちらの記事を見て行動したほうがいいかと思います。

≫放課後等デイサービスで働くなら登録すべき転職サイト|おすすめ3選。

「放課後等デイサービス,児童発達支援,働くなら登録すべき転職サイト,おすすめ3選」の文字
放課後等デイサービスや児童発達支援で働くなら登録すべき転職サイト|おすすめ3選。

続きを見る

放課後等デイサービスで働きたいなら面接対策は重要

「放課後等デイサービス,面接対策は重要」の文字

放課後等デイサービスで働きたいなら、採用面接での受け答えや振る舞い、そして、面接での第一印象を良くしなければいけません。

 

放課後等デイサービスの採用担当者は、履歴書ではなく面接での様子を見て、

子どもが好きそう

子どもへの対応が上手くできそう

子どもから信頼されそう

などの「人間性」や「人柄」を採用の判断基準にすることがよくあります。なぜなら、放課後等デイサービスの仕事は子どもへの対応がメインになる仕事だからです。

kokou
「私が面接の採用担当に関わったときも、人柄や第一印象を優先にしていました。」

 

放課後等デイサービスでは、発達に障害をもっていたり同年代よりも発達に遅れがあったりする子どもたちが利用しています。

もっと詳しく知りたい方はこちら→厚生労働省「放課後等デイサービスガイドライン」

 

放課後等デイサービスで働きたいならば、面接で戸惑とまどうことなく質問に答えられるように、放課後等デイサービスについての知識をふやして対策をすることがとても重要です。つぎの項目では、面接への具体的な対策方法について紹介します。

 

放課後等デイサービスの採用面接で失敗しない5つの対策

「放課後等デイサービス,採用面接で失敗しない5つの対策」の文字

放課後等デイサービスの採用面接で失敗しないために実践すべき5つの対策方法がこちらです。

 

仕事内容を理解する

放課後等デイサービスの採用面接で失敗しないためには、放課後等デイサービスの仕事内容を理解することです。

 

放課後等デイサービスの仕事は、子どもたちへの、

  • 支援
  • 療育
  • 活動

などが中心です。そして、放課後等デイサービスは発達に障害をもっていたり、同年代よりも発達に遅れがあったりする子どもたちが利用する場です。さらに、放課後等デイサービスの仕事には、

保護者対応

送迎

雑務

など、子ども対応以外にもいろいろな仕事内容があります。放課後等デイサービスの仕事内容について幅広く知っていることで、採用面接で質問をされたときに、

kokou
「何を答えよう…」

と困ることなく質問に答えられるようになるので、採用担当者に好印象を与えることができます。

 

参考

放課後等デイサービスの仕事内容にはいろいろあります。しかし、放課後等デイサービスの現場を知らないあなたがすべての仕事内容を理解することはむずかしいと思います。

kokou
「私なら覚えられません。」

そのため、

  • 放課後等デイサービスで働きたい
  • 面接で戸惑いたくない
  • 採用担当者に好印象を与えたい

と思うなら、放課後等デイサービスの仕事でこれだけは知っておいた方が良い「3つの仕事内容」について、こちらの記事で詳しく紹介しているので気になる方は見てください。

 

希望する「放デイの特色」を理解する

放課後等デイサービスの採用面接で失敗しないためには、採用希望を考えている放課後等デイサービスでアピールしている「独自の特色」をしっかりと理解することです。

 

放課後等デイサービスは基本的に子どもたちへの「支援」「療育」「雑務」以外にも、それぞれの放課後等デイサービス独自の特色をもっています。

たとえば、

  • 小学生以下を対象とした放課後等デイサービス
  • 学習支援に力を入れている放課後等デイサービス
  • 運動療育に力を入れている放課後等デイサービス
  • 活動プログラムを充実させている放課後等デイサービス
  • 個別療育に力を入れている放課後等デイサービス
  • 集団療育に力を入れている放課後等デイサービス
  • 「ピアノ」「ダンス」「英語」「サッカー」「プログラミング」「工作」などに特化した放課後等デイサービス
  • etc.

上記のように、それぞれの放課後等デイサービスで子どもたちへの支援に力を入れている内容がちがいます。そのため、面接では「ほかの放課後等デイサービスよりも力を入れているサービス」に関わる質問をされることがよくあります。そのようなときに、しっかりと質問に答えられるように対策しましょう。

 

かんたんに見つかる!

面接を受ける放課後等デイサービスが、どのようなサービスを提供しているのか、または、力を入れているのかを調べるためには、求人募集の詳細説明を読むことで簡単に調べることができます。そして、あなたが働きたいと思える職場の情報を集めるためには、求人(転職)サイトへの登録が必要です。まだ登録していないならこちらの記事を見てライバルに取られるまえにすぐ行動してください。

 

 

参考

採用面接を希望する放課後等デイサービスの力を入れているサービス内容がわかったら、1度は見ておいて損のない記事を紹介します。

kokou
「あなたが働きたいと思った放課後等デイサービスが意識して取り組んでいるサービス内容に近い記事を選んで対策として見てください。」

 

【学習支援】に力を入れている放デイへの面接対策記事

 

【活動(療育)】に力を入れている放デイへの面接対策記事

 

【遊び】に力を入れている放デイへの面接対策記事

 

【保護者対応】に力を入れている放デイへの面接対策記事

 

アピールポイントを用意する

放課後等デイサービスの採用面接で失敗しないためには、自分のアピールポイントを用意することです。

 

採用面接では「採用したらどんな場面で活躍してくれるのか」を面接を通して判断します。そのため、しっかりとあなたのアピールポイントを言葉で表現できるように対策しましょう。

kokou
「私が採用に関わったときも、自分のアピールポイントをしっかりと言えない人には『採用して大丈夫かな…続けられるかな…。』と不安になって採用を見送ることを提案したことがあります。」

 

おすすめアピールポイント

放課後等デイサービスの採用面接で、アピールポイントとして評価が高くなるのは、

子どもが好きで子ども対応に自信がある

発達障害への知識がある

学習支援の経験がある

運転に自信がある

得意分野がある

などです。

kokou
「得意分野は「子どもが喜びそう」と思えるようなものが1つあればOKです。」
kokou
「球技、ダンス、英語、音楽、運動など、子どもが『すごい』と思える可能性があるならアピールポイントになります。」

 

今すぐ対策すべき!

アピールポイントとしての得意分野がないあなたは、資格を取ることをオススメします。資格を取れば履歴書に書くことができて、面接のときにもアピールできるようになります。また、「現在、資格取得のために勉強中です!」と面接官に伝えるだけでも好印象になります。放課後等デイサービスで働くときに役立つ資格について知りたいあなたは、こちらの記事を見てください。

 

「働きたい理由」をハッキリさせる

放課後等デイサービスの採用面接で失敗しないためには、「働きたい理由」をハッキリさせることです。

 

  • 「どうして求人募集に応募したのですか?」
  • 「ここ(採用希望の放課後等デイサービス)で働きたいと思った理由はなんですか?」
  • 「子ども相手の仕事はたくさんあります。なぜ、放課後等デイサービスを選んだのですか?」

など、「なぜ、ここ(放デイ)で働きたいのか?」を、ほとんどの放課後等デイサービスの採用面接では聞かれます。

※放デイによって質問内容は異なります。

 

そのため、「放課後等デイサービスで働きたい理由」をしっかりと用意して、面接で質問されたときにハッキリとした理由が言えるように準備しましょう。

たとえば、

放課後等デイサービスで働きたい理由は何ですか?

例「1」

子どもが好き。そして、発達障害についての知識を増やして悩みを抱えている保護者や子どもを助けたいからです。

例「2」

家族の中に発達障害の診断を受けている者がいます。私の経験を放課後等デイサービスで役立てたいからです。

例「3」

前職で子どもに関わる仕事をしてきました。とくに学習支援には自信があります。放課後等デイサービスを利用する子どもたち1人ひとりにあった学習支援の方法を考えて実践したいからです。

など、「放課後等デイサービスで働きたい理由」をハッキリと言えるように対策するだけで、

  • 「子どもが好きだから。」
  • 「興味があるから。」
  • 「放課後等デイサービスの仕事を経験したいから。」

などの薄い志望動機を言うライバルよりも、採用担当者に好印象を与えられるようになって採用されやすくなります。

 

身だしなみのチェックをする

放課後等デイサービスの採用面接で失敗しないためには、身だしなみのチェックをすることです。

 

放課後等デイサービスの知識や情報を調べるだけではなく、「第一印象」の見た目もたいせつです。第一印象を良くするためにも、身だしなみをしっかりとチェックするようにしましょう。

 

身だしなみチェックリスト

  • 髪型
  • 服装
  • ひげのそり残し
  • 化粧の濃さ
  • 持ち物
  • 靴下(放デイは靴を脱いで面接をする可能性があります)

などをチェックしながら、身だしなみを整えて第一印象を良くしましょう。

※もっと詳しく「身だしなみ」について学びたい方はこちらのサイトが参考になります→【転職活動の身だしなみ】

 

放課後等デイサービスは子どもを相手にするお仕事です。そして、放課後等デイサービスでは、発達に障害を持った子どもやグレーゾーンの子どもたちが利用しています。そのため、初対面で子どもに「イヤ!」と思われると、今後の仕事が大変になります。そうならないためにも、放課後等デイサービスでは、子どもに好かれるような「見た目の良い人(最低限の身だしなみができている人)」を採用します。

 

そのため、採用面接の対策として、第一印象が良くなるように面接当日はしっかりと身だしなみのチェックをするようにしましょう。

kokou
「ここまで読んだあなたは放課後等デイサービスの採用面接の対策はバッチリです!あとは自信をもって面接当日を迎えてください。」

せっかくここまで読んだのに、

  • まだ転職サイトに登録していない
  • 働きたい放課後等デイサービスが見つかっていない

あなたは、今すぐ自分の将来を変えるためにもこちらの記事を見て行動してください。

 

【実体験】放課後等デイサービスの採用面接で受けた質問内容

「放課後等デイサービス,【実体験】採用面接で受けた質問内容」の文字

kokou
「私が放課後等デイサービスの採用面接で受けた質問内容を紹介します。参考になればうれしいです。」

質問内容

  • どうして放課後等デイサービスで働きたいと思ったのですか?
  • 放課後等デイサービスの仕事はどのようにして知りましたか?
  • 発達障害の子どもと関わったことはありますか?
  • 車の運転はできますか?得意ですか?
  • 子どもだけではなく保護者とも話をする機会があります。大丈夫ですか?
  • 特技はなんですか?
  • 子どもとたくさん遊んだり活動したりする時間がありますが体力に自信はありますか?
  • 前職はどのような仕事内容を担当していましたか?
  • 採用になった場合はいつから働くことができますか?
  • 放課後等デイサービスは子どもたちとの関わりとして、学習支援、個別療育、集団療育、活動プログラム、遊びなど、さまざまな支援内容があります。まだハッキリとはイメージができないと思いますが、どの支援内容に取り組みたいですか?または、自信がありますか?
  • 何か気になることはありますか?
kokou
「以上が、私が放課後等デイサービスの採用面接を受けたときに質問された内容です。」

 

放課後等デイサービスの採用面接に受かるために「前職」や「特技」をアピールする方法

「放課後等デイサービス,採用面接に受かるために「前職」や「特技」をアピールする方法」の文字

放課後等デイサービスの採用面接に受かるためには、あなたが前職で学んだ知識や技術、そして、あなたの趣味や特技を面接でアピールすることがたいせつです。

 

面接であなたの「前職」や「特技」をうまくアピールすることができればライバルに差をつけられるので、あなたの理想とする職場で採用されて楽しく働けるようになります。

 

私が採用面接の手伝いをしていたときや、実際にいっしょに働いていたスタッフの「前職」や「特技」を聞いたり見たりして、

「放課後等デイサービスで活躍できそう。」

「○○の仕事経験があるなら即戦力として採用したい。」

「いっしょに働きたい。」

「こんな特技があってうらやましい。」

などと思った内容について紹介します。これから紹介する「前職」や「特技」で、あなたといっしょのアピールポイントがあるならば、ぜひ、採用面接でアピールすることをオススメします。

kokou
「放課後等デイサービスの採用面接でアピールすべき『前職』や『特技』がこちらです。」
  • 小学校教師
  • 保育士
  • 英会話講師
  • 発達障害の子どもを育てている保護者
  • ボードゲームが好き
  • 料理が好き
  • 音楽が好き
  • 運動やスポーツが好き
  • 手先が器用
  • 本の読み聞かせや読書が好き

上記の中に、あなたが「いっしょかも。」「アピールできそうかも。」とちょっとでも思った内容があるならば、ぜひ、採用面接のときにアピールすることをオススメします。

 

ポイント

採用面接で「前職」や「特技」をアピールするときに、「これは言わないと損」な内容について紹介します。放課後等デイサービスの採用面接のときや履歴書のアピールポイントとして活用してください。

小学校教師

  • 子どもに関わることが好き
  • 子どもへの学習指導ができる
  • 保護者対応の経験がたくさんある
  • 小学校現場で得た知識を活かせる
  • 子ども対応の引き出しがたくさんある

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

保育士

  • 子どもに関わることが好き
  • 「できない」「わからない」「初めての経験をする」子どもへの対応技術
  • 集団の子どもを複数のスタッフで面倒を見た経験
  • 保護者対応ができる
  • 保育園の現場で得た知識を活かせる
  • 子どもにとって理解しやすい支援グッズの作成

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

英会話講師

  • 子どもに関わることが好き
  • 子どもに教えた経験を活かせる
  • 子どもに英語力を身につけさせられる
  • 英語を教えられる環境を用意できるので保護者にアピールできる
  • 今後、需要が高まる英語を教えることができる

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

発達障害の子どもを育てている保護者

  • 子育て経験を活かせる
  • 親の気持ちがわかる
  • 発達障害についての知識がある
  • 「資格」を持っている
  • 今までの仕事経験で子育てに活かすことができた内容

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

ボードゲームが好き

  • たくさんの子どもを同時に見ることができる
  • ルールの大切さを教えられる
  • おすすめのボードゲームをすぐに答えられる
  • 片付けや管理方法のコツを教えられる
  • ボードゲームの良さや楽しさを子どもに教えられる

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

料理が好き

  • 料理の良さや楽しさを子どもに教えられる
  • たくさんの子どもを同時に見ることができる
  • クッキングを通して楽しい思い出を子どもにつくることができる
  • 保護者に子どもとのコミュニケーションを上手くとれるようにするきっかけを提供できる
  • 料理のレシピを見ながらクッキングを子どもに教えることで、子どもにルールや手順を守るたいせつさを教えられる
  • 子どもに新しい体験や経験をたのしく提供できる

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

音楽が好き

  • 音楽の良さや楽しさを子どもに教えられる
  • たくさんの子どもを同時に見ることができる
  • 楽器の使い方を教えることで子どもの得意を増やすことができる
  • 音楽を使って子どもの行動をコントロールすることができる
  • 学校の音楽が好きになるきっかけを提供できるので保護者から感謝される
  • 行事のときに音楽を演奏できる
  • 子どもに新しい体験や経験をたのしく提供できる

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

運動やスポーツが好き

  • 運動の良さや楽しさを子どもに教えられる
  • 子どもと全力で遊べる
  • 子どもに適度な運動量を提供できる
  • スポーツの楽しさを教えられる
  • 子どもにストレス発散の機会をつくれる
  • 体力に自信があるので1日通して元気に働ける
  • 子どもたちを集団で見ながら楽しい時間を提供できる
  • 学校の体育の授業が好きになるきっかけを作れるので保護者から感謝される
  • 子どもに新しい体験や経験をたのしく提供できる

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

手先が器用

  • 工作や療育などで子どもを楽しませられる
  • 子ども1人ひとりに合った療育グッズを作れる
  • 細かい作業は得意なので任せてほしい
  • 要望があった物を上手に作ることができる
  • 子どもが細かい作業でイライラしてもすぐにサポートする自信がある
  • 学校の図工の授業が好きになるきっかけを作れるので保護者から感謝される
  • 子どもに新しい体験や経験をたのしく提供できる

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

本の読み聞かせや読書が好き

  • 本の良さや楽しさを子どもに教えられる
  • たくさんの絵本を知っている
  • 読み聞かせができる
  • 読み聞かせで集団の子どもたちをまとめて対応できる
  • 落ち着いた環境を提供できる
  • 学習支援(特に国語)がスムーズにできる

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事を見てください。

 

まとめ:5つの対策を実践することで、自信をもって堂々と放課後等デイサービスの採用面接を受けられるようになる

「まとめ」文字

今回は、放課後等デイサービスの採用面接で失敗しない5つの対策について紹介しました。

 

「放課後等デイサービスで働きたい」と考えるならば、採用面接の重要性をしっかりと理解しなければいけません。そして、あなたが放課後等デイサービスの採用面接で合格するために実践すべき対策方法がこちらです。

この5つの対策を実践することで、放課後等デイサービスの採用面接で失敗しなくなります。

 

さらに、事前に準備するべき対策ポイントがわかることで、不安になることなく自信をもって採用面接を受けられるようになって、あなたが「働きたい!」と思う第1志望の放課後等デイサービスで採用されるようになります。そして、不安になることなく楽しい気持ちで新生活をスタートさせることができるようになります。

 

今回の記事が少しでも参考になればうれしいです。最後まで読んで頂きありがとうございました。

今回、紹介した記事リスト

「放課後等デイサービス,児童発達支援,働くなら登録すべき転職サイト,おすすめ3選」の文字
放課後等デイサービスや児童発達支援で働くなら登録すべき転職サイト|おすすめ3選。

続きを見る

「働きたい人は必読!,放課後等デイサービスでたいせつな仕事内容はこの3つ」の文字
放課後等デイサービスでたいせつな仕事内容はこの3つ。働きたい人は必読!

続きを見る

「働くなら知っておくべき!放課後等デイサービス,学習支援,気をつけること7選」の文字
放課後等デイサービスで学習支援をするときに気をつけること7選|働くなら知っておくべき。

続きを見る

「放課後等デイサービス,活動プログラム115選,失敗談付きで働いている人は見る価値あり!」の文字
放課後等デイサービスの活動プログラム115選。失敗談付きで働いている人は見る価値あり。

続きを見る

「放課後等デイサービス,働くなら必読!子どもと遊ぶ,注意すべき5つのこと」の文字
放課後等デイサービスで子どもと遊ぶときに注意すべき5つのこと|働くなら必読!

続きを見る

「放課後等デイサービス,保護者対応,~働くなら意識すべきポイントと上手くなる方法~」の文字
放課後等デイサービスで保護者対応は重要!働くなら意識すべき3つのポイントと上手くなる方法を紹介。

続きを見る

「放課後等デイサービス,働くときに役立つ!どれか1つ持っていれば十分活躍できる!おすすめの資格11選」の文字
放課後等デイサービスで働くときに役立つ!おすすめの資格11選。

続きを見る

「放課後等デイサービス,小学校教師を辞めても子どもに関わる仕事がしたい!と考えていませんか?」の文字
小学校教師を辞めても子どもに関わる仕事がしたいなら放課後等デイサービスへ転職することがおすすめ。

続きを見る

「放課後等デイサービス,保育士を辞めても子どもに関わる仕事がしたい!と思っていませんか?」の文字
保育士を辞めても子どもに関わる仕事がしたいなら放課後等デイサービスへ転職することがおすすめ。

続きを見る

「放課後等デイサービス,英会話講師を辞めても子どもに関わる仕事がしたい!と思っていませんか?」の文字
英会話講師を辞めても子どもに関わる仕事がしたいなら放課後等デイサービスへ転職することがおすすめ。

続きを見る

「放課後等デイサービス,発達障害の子どもを育てるあなたへ,子どもに関わる仕事がしたいと思っていませんか?」の文字
発達障害の子どもを育てる親が子どもに関わる仕事がしたいなら放課後等デイサービスへ転職することがおすすめ。

続きを見る

「放課後等デイサービス,ボードゲーム好きのあなたは子どもに関わる仕事がしたい!と思っていませんか?」の文字
ボードゲーム好きのあなたが子どもに関わる仕事がしたいなら放課後等デイサービスへ転職することがおすすめ。

続きを見る

「放課後等デイサービス,料理好きのあなたは子どもに関わる仕事がしたい!と思っていませんか?」の文字
料理好きのあなたが子どもに関わる仕事がしたいなら放課後等デイサービスへ転職することがおすすめ。

続きを見る

「放課後等デイサービス,音楽好きのあなたは子どもに関わる仕事がしたい!と思っていませんか?」の文字
音楽好きのあなたが子どもに関わる仕事がしたいなら放課後等デイサービスへ転職することがおすすめ。

続きを見る

「放課後等デイサービス,運動好き,スポーツ好きのあなたは子どもに関わる仕事がしたい!と思っていませんか?」の文字
運動好きでスポーツが好きなあなたが子どもに関わる仕事がしたいなら放課後等デイサービスへ転職することがおすすめ。

続きを見る

「放課後等デイサービス,手先が器用で細かい作業が得意なあなたは子どもに関わる仕事がしたい!と思っていませんか?」の文字
手先が器用で細かい作業が得意なあなたが子どもに関わる仕事がしたいなら放課後等デイサービスへ転職することがおすすめ。

続きを見る

「放課後等デイサービス,本の読み聞かせや読書が好きなあなたは子どもに関わる仕事がしたい!と思っていませんか?」の文字
本の読み聞かせや読書が好きなあなたが子どもに関わる仕事がしたいなら放課後等デイサービスへ転職することがおすすめ。

続きを見る

  • この記事を書いた人
kokou

kokou

子どもが好きです。子育て、ADHD、発達障害についての専門家。 心理大学卒の元小学校教師、元障害児通所支援事業所勤務、そして、メンタルケア心理士。子ども「に」教えるのは得意にしてきたが、現在、子ども「を」育てる難しさをパパとして勉強&奮闘中。

-放課後等デイサービス

© 2024 てんブログ Powered by AFFINGER5