「放課後等デイサービス, 働くなら知っておくべき!室内遊び,5つの注意点」の文字

放課後等デイサービス

放課後等デイサービスで室内遊びをするときの5つの注意点|働くなら知っておくべき!

  • 放課後等デイサービスで働いているけれど、室内遊びの子ども対応が苦手…。
  • 子どもたちとスムーズに室内遊びができるようになりたい…。
  • 放課後等デイサービスで働きたいけれど、うまく子どもたちと室内遊びができるか不安…。
  • 放課後等デイサービスで働き始めたけれど、いつも室内遊びをしているときにトラブルが起きて大変…。
  • 室内で子どもたちと遊ぶときに気をつけることが知りたい…。

今回はこのような悩みや疑問を解決します。

 

さっそく結論

室内遊びの注意点を知ることで、あなたは子どもの行動をうまくコントロールしながらストレスを溜めずに疲れることなく放課後等デイサービスで働けるようになります。さらに、現場で頼られる存在になれます。

 

室内遊びの注意点をさっそく知りたい方はこちら。

「室内遊びの注意点」

 

私は放課後等デイサービス(児童発達支援も同時運営)で2年以上働いていました。

本記事の執筆者情報

profile-「kokou」

私は子どもにかかわる仕事を10年以上経験してきました。

  • 元放課後等デイサービス・児童発達支援勤務(未就学児から小学生までの発達障害の子どもの支援業務を2年以上経験)
  • 元小学校教師(通常学級担任、特別支援学級担任をそれぞれ2年以上経験)
  • 心理大学卒業のメンタルケア心理士(心理士資格取得のために発達障害の診断基準であるDSM-5を精神医科学基礎で学習。試験では満点。)

 

私が放課後等デイサービスで働きはじめて、

kokou
「こまった…。」
kokou
「どうしよう…。」
kokou
「むずかしいな…。」

といつも思っていたことが室内遊びです。

 

室内で個別に遊んだり複数の子どもたちと遊んだりすると、いつもケンカになってトラブル…。

子どもたちが楽しめるように元気よくテンションを上げて遊ぶと、

「うるさい!静かにして!」

大きな声を出して怒る男の子

と、遊びに参加していない子から大声で注意される。

 

1人の子と楽しくおだやかに遊んでいると、

先輩

「○○ちゃんが1人で遊んでいるからいっしょに遊んであげて。」

と先輩に言われて、その子もいっしょに遊ぶと、ケンカがすぐに始まる。

 

このようなことが毎日のように起きて、

kokou
「どうやって遊べばいいんだろう…。」

と思いながら働いていました。

 

※室内遊びがうまくできないことに悩んで「放課後等デイサービスをやめたい」と考える人もいます。

 

私は室内遊びでトラブルが起きるたびに、

kokou
「どうしたらいいのかな…?」
kokou
「○○ちゃんは何がイヤだったのかな?」
kokou
「次は△△に気をつけよう。」

などと考えながら、室内遊びを何度もくり返していくことで、子どもたちと室内遊びをするときには注意しなければいけないポイントがあることに気づきました。そして、この注意点を意識するようになってから、スムーズに室内遊びができるようになって、子どもの楽しそうにする姿を見るだけではなく、職場のスタッフから頼られる存在になることができました。

 

そこで今回は、放課後等デイサービスで室内遊びをするときの5つの注意点について紹介します。

 

今回の記事を読むことで、

  • 放課後等デイサービスで室内遊びをするときの注意点がわかる

さらに、注意点がわかることでスムーズに子ども対応ができるようになって、悩んだり、疲れたり、ストレスを溜めたりすることなく働けるようになります。そして、職場で頼りになる必要な存在になれます。

 

おすすめ!

子どもへの支援方法の引き出しをサクッと増やしてください♪そして、活動プログラムで「何をしよう?」と悩むムダな時間を減らしてください!失敗談付きで紹介しているので、働いている人は見ないと私と同じ失敗をする可能性があります。

≫【必読】放課後等デイサービスの活動プログラム。

「放課後等デイサービス,活動プログラム115選,失敗談付きで働いている人は見る価値あり!」の文字
放課後等デイサービスの活動プログラム115選。失敗談付きで働いている人は見る価値あり。

続きを見る

放課後等デイサービスで室内遊びが必要な理由

「放課後等デイサービス,室内遊びが必要な理由」の文字

放課後等デイサービスは発達に障害をもっていたり同年代の子どもよりも成長に遅れがあったりする子どもたちが利用しています。

もっと詳しく放課後等デイサービスについて知りたい方はこちら→厚生労働省「放課後等デイサービスガイドライン」

 

そして、放課後等デイサービスでは、それぞれの子どもに対して室内遊びを毎日のように行います。放課後等デイサービスの室内遊びでは、

子どもたちに日頃のストレス発散の場をつくる

コミュニケーション能力を向上させる

まわりの状況に合わせた判断ができるようにする

自分の得意なことや苦手なことに気づかせる

ことを、遊びを通して学ばせることができます。

 

放課後等デイサービスを利用する子どもたちを外へ連れて行くと、いろいろなことに興味をもって好き勝手に行動したり、まわりの状況を判断できずに危険な行動をとったりしてしまう子どもがよくいるので、そのようなことを防ぐためにも、室内遊びを通して安全に楽しみながら子どもが成長できる機会を用意する必要があります。

 

さらに、室内遊びの良さは、子どもたちの特徴や個性を理解しているスタッフや友達がいるので、失敗したりイヤなことがあったりしたときにもすぐにサポートしてもらえるところです。子どもがイヤな思いをしたりカッとなって怒ったりあばれたりすることを事前に防ぐことができるようになります。

 

これが、放課後等デイサービスで室内遊びが必要な理由です。つぎの項目では、放課後等デイサービスで室内遊びを実施するときの注意点について紹介します。

 

放課後等デイサービスで室内遊びをするときの5つの注意点

「放課後等デイサービス,室内遊びをするときの5つの注意点」の文字

放課後等デイサービスで室内遊びをするときの5つの注意点がこちらです。

 

遊びの内容を決める

放課後等デイサービスで室内遊びをするときに注意しなければいけないことが、遊びの内容はしっかりと決めることです。

 

遊びの内容をしっかりと決めないと子どもたちは、

自分勝手に好きな遊びをする

まわりの状況など関係なく自由に遊ぶ

ようになるので、まわりに迷惑がかかったり危険な行動につながったりする可能性があります。そのため、室内遊びを実施するときは、その日の子どもの様子やまわりの環境を考えながら、子どもが楽しめる遊びの内容を事前に決めて実施するようにしましょう。

 

注意

「△△で遊ぼう。」

ガッツポーズの男の子

「今日は○○ちゃんの遊びたいことをするんだから、そのあとに△△で遊ぼうね。」

話す女性

などと、子どもと事前に約束をした遊びがあるならば、約束した子どもが放課後等デイサービスを利用するときは、約束した子どもの室内遊びを優先にするようにしましょう。

kokou
「まわりのスタッフにも、『室内遊びで△△を実施する』ことを忘れないように伝えましょう。」
kokou
「△△を実施する予定時間も決めておくと、よりスムーズに室内遊びができるようになります。」

 

補足

「室内遊びリスト」などを事前に作っておくこともおすすめです。「室内遊びリスト」があれば、何をして遊ぶのか困ったときに悩むことなく子どもたちが遊べるようになります。

室内遊びリストの例

  • おもちゃ遊び
  • 療育グッズを使った遊び
  • 過去に実施した活動プログラム
  • ボードゲーム
  • バランスボール
  • 塗り絵
  • etc.

 

安全性を考える

放課後等デイサービスで室内遊びをするときに注意しなければいけないことが、安全性を考えることです。

 

室内遊びをするときは、子どもたちが安全に、そして、楽しく遊べるように意識する必要があります。外遊びとはちがって室内遊びは遊べるスペースが限られます。そのため、放課後等デイサービスを利用する子どもの中には、

まわりの状況を見ずに自分勝手に遊ぶ子

遊びに夢中になりすぎて興奮してテンションが上がる子

遊び方がわからなくて怒りだす子

など、自分の気持ちを優先にしたり感情的になったりする子どもがいるので、室内遊びをしているときにトラブルが起きてしまうことがよくあります。さらに、トラブルが大きくなると危険な行動につながる可能性があります。

 

室内遊びがケンカやトラブルに発展しないようにするためにも、室内遊びを実施するときは、子どもたちの安全を考えながら実施するようにしましょう。

kokou
「室内遊びに参加していない子どもにも、危険はないか、迷惑がかからないかを確認することもたいせつです。」

 

子どものメンバー構成を考える

放課後等デイサービスで室内遊びをするときに注意しなければいけないことが、子どものメンバー構成を考えることです。

 

放課後等デイサービスで室内遊びをするときは、子どもが遊ぶことに夢中になりすぎて好き勝手に行動したりわがままを言ったりすることでまわりの友達とトラブルになることがよくあります。さらに、友達関係があまり良くない場合はちょっとしたことでトラブルに発展しやすくなります。

 

そのため、メンバー構成を考えずに室内遊びをはじめてしまうと、ケンカやトラブルが起きて、遊びを楽しむ時間ではなく、ケンカやトラブルを止めることに時間を使って、室内遊びをする時間がなくなってしまいます。さらに、トラブルを起こしていない子どもたちにとっては「楽しくないイヤな思い出」になってしまうので、

「○○ちゃんとは遊びたくない!」

「○○ちゃんはすぐに怒るから遊びたくない!」

「先生が○○ちゃんと遊ぶなら、ちがう先生と遊ぶ!」

などと言い出して、室内遊びがスムーズにできなくなったり、子どもたち同士のトラブルへの対処をしなければいけなくなったりして、放課後等デイサービスとして子どもたちへしなければいけない支援がやりにくくなってしまいます。

kokou
「何よりも『子どもが友達から避けられるようなきっかけ』を室内遊びで作らないようにしなければいけません。」

 

そのためにも、その日に利用している子どもたちの個性を考えて、メンバー構成を考えるようにしましょう。

 

放課後等デイサービスでは、幅広い年齢層の子どもたちが利用しています。そのため、年齢に差がある子どもたちといっしょに室内遊びをするときは、みんなができる遊びの内容にするためにも、年齢が低い子どもに合わせた遊びの内容を考えて実施するようにしましょう。

 

注意

年齢が低い子どものレベルに遊びを合わせすぎると、年上の子どもたちからすると、

「楽しくない。」

ほっぺを膨らませて怒る女の子

と思う可能性があります。そのため、年齢が低い子どもに合わせて遊んだあとに、

  • ちょっとだけレベルを上げた内容で年上の子どもにやらせる
  • 年上の子どもが活躍できる場面をつくる

などの工夫をして、すべての子どもが楽しめたり活躍できたりするようなきっかけを作るようにしましょう。

 

補足

トラブルを起こしたりすぐに手を出したりしてしまうような子どもが複数いるときに室内遊びを実施するときは、スタッフ1人では対応できないことがあるので、ほかのスタッフにも協力してもらって室内遊びを実施するようにしましょう。

 

遊び方のルールを徹底する

放課後等デイサービスで室内遊びをするときに注意しなければいけないことが、遊び方のルールを徹底することです。

 

放課後等デイサービスでは、遊びのルールを理解することが苦手な子どもがたくさん利用しています。そのため、室内遊びを始めるまえに、「遊び方」を時間をかけてでも子どもたちみんなが理解できるようにルール説明をしっかりとするようにしましょう。なぜなら、ルールを理解していない子どもがいると、遊んでいるときに、

「それはちがうよ!」

「なんで?!ちがう!」

「順番を守ってよ!」

「ちがう!まだ!」

「勝手にやらないで!」

などの言葉が飛び交うようになってトラブルに発展してしまう可能性があるからです。そうならないためにも、室内遊びを実施するときはしっかりとルール説明をするようにしましょう。

kokou
「ルール説明をするときに、大きな紙や黒板、ホワイトボードなどに書いて、子どもたちがルールを視覚的に理解できるように工夫することもたいせつです。」

 

得意ジャンルの遊びを優先に実施する

放課後等デイサービスで室内遊びをするときに注意しなければいけないことが、得意ジャンルの遊びを優先に実施することです。

 

室内遊びをするときは、子どもと事前に約束をした遊びが決まっていない場合は、あなたの得意なジャンルで室内遊びを実施することをおすすめします。得意なジャンルの室内遊びを実施すれば、子どもたちは、

「すごい!」

「たのしい!」

「もっと教えてほしい!」

とても嬉しそうな女の子

と思ったり、

「ルールを守れば同じようにできる!」

「もっと上手になれる!」

ガッツポーズの男の子

と考えたりするようになるので、ほかの室内遊びを実施するときよりも、子どもが興味をもったり説明を聞いたりしてくれるようになるのでスムーズに室内遊びができるようになります。

 

さらに、特技を室内遊びで子どもたちに見せることで、子どもたちから信頼されるようになって、遊びのときだけではなく、学習支援や、療育、活動プログラムなどを実施するときにも、スムーズに子どもたちに教えたり支援したりすることができるようになります。そして、子どもからもスタッフからも頼られる存在になって、今よりも働きやすくなります。

 

あなたの特技は役立ちますか?

放課後等デイサービスで活躍できる特技を知っていますか?こちらの記事では放課後等デイサービスで活躍できる特技について紹介しています。気になる方は見てください。

「放課後等デイサービス,働くときに役立つ!活躍できる特技15選」の文字
放課後等デイサービスで活躍できる特技15選

続きを見る

 

まとめ:室内遊びをするときの注意すべき5つのポイントを意識することで、放課後等デイサービスでストレスなく働けるようになる

「まとめ」の文字

今回は、放課後等デイサービスで室内遊びをするときの5つの注意点について紹介しました。

 

放課後等デイサービスでは室内遊びが必要です。そして、室内遊びを実施するときの注意点がこちらです。

この5つの注意点を意識することで、子どもの行動をうまくコントロールしながら室内遊びを実施することができるようなって、ストレスを溜めずに放課後等デイサービスで働けるようになります。

 

さらに、子どもが楽しそうに遊んでいる姿を見ることで仕事へのやりがいを実感することができるようになります。そして、職場でも頼りになる必要な存在になれます。

 

今回の記事が少しでも参考になればうれしいです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

本日、紹介した記事リスト

「放課後等デイサービス,児童発達支援,働くなら登録すべき転職サイト,おすすめ3選」の文字
放課後等デイサービスや児童発達支援で働くなら登録すべき転職サイト|おすすめ3選。

続きを見る

「放課後等デイサービス【保存版】こっそりレベルアップする3つのステップ」の文字
【保存版】放課後等デイサービスで働くあなたがこっそりレベルアップするためにやるべき3つのステップ。

続きを見る

「放課後等デイサービス, 【15人にインタビュー】あなたといっしょの悩みをもっている放デイを辞めた人はこの中にいますか?」の文字
【15人にインタビュー】放デイを辞めた人の「辞める理由」や「きっかけ」とその後の行動。

続きを見る

「放課後等デイサービス,働くときに役立つ!どれか1つ持っていれば十分活躍できる!おすすめの資格11選」の文字
放課後等デイサービスで働くときに役立つ!おすすめの資格11選。

続きを見る

「放課後等デイサービス,働くときに役立つ!活躍できる特技15選」の文字
放課後等デイサービスで働くときに役立つ!活躍できる特技15選。

続きを見る

  • この記事を書いた人
kokou

kokou

子どもが好きです。子育て、ADHD、発達障害についての専門家。 心理大学卒の元小学校教師、元障害児通所支援事業所勤務、そして、メンタルケア心理士。子ども「に」教えるのは得意にしてきたが、現在、子ども「を」育てる難しさをパパとして勉強&奮闘中。

-放課後等デイサービス

© 2024 てんブログ Powered by AFFINGER5